千葉県

亥鼻城(千葉城)の解説~千葉胤直が最後の千葉氏宗家

亥鼻城(千葉城)




亥鼻城(千葉城)とは

亥鼻城 (いのはな-じょう) は、千葉県千葉市中央区にある平山城で、標高は21m、比高18mです。
別名は、猪鼻城とも書きますが、一般的には千葉城が使われることも多いです。
最初の築城としては、平安時代末期の大治元年(1126年)に、千葉常重が築城したとされます。

亥鼻城

千葉氏は、桓武天皇の血を引く関東の名族で、藤沢にある相模・村岡城の平良文(たいら の よしふみ)から、千葉氏・秩父氏・中村氏(→土肥氏・小早川氏)へと分かれて行きました。
千葉の最初の領地としては、下総・大友城が拠点だったようです。
千葉常重(ちば-つねしげ)は、後三年の役にて戦功があり、下総・大友城主である平常兼の3男となります。





兄に白井常親(臼井常親)がおり、佐倉の下総・白井荘を領して、千葉氏の一族「白井氏」の租となりました。
弟に臼井常康がおり、印旛沼近くの下総・臼井庄(臼井城)を領して、千葉氏の一族「臼井氏」の租となりました。
千葉常重は、1124年に、叔父の相馬常晴(平常晴)より、下総・相馬郡の郡司を譲られ、大椎城(大椎館)に入ったようです。
しかし、2年後の1126年に、千葉介となった父・平常兼が死去したため、千葉郡も、追加で受け継ぎ、亥鼻城(千葉城)に本拠を移し「千葉氏」の租となりました。

亥鼻城

ただし、平安時代に、小高い山の上に、屋敷を構えたとは考えにくく、生活の場は、井戸もある、麓の都川沿いにあったものと考えられ、現在の千葉地方裁判所付近(都川のほとり)が、千葉氏館跡(千葉館)と推定されているようです。

千葉氏館(千葉館)

明治15年くらいまでは、土塁も残っていたようですが、御承知の通り、県庁も近い官公庁街でもあり開発が繰り返され、遺構を確認するのは、もはや困難と言え、亥鼻城は、詰の城と考えてよいでしょう。
なお、海岸線は、亥鼻城に迫っていたと推測できます。

亥鼻城

千葉常重の妻は、石毛政幹の娘(鹿島政幹の娘)で、1118年に嫡男・千葉常胤(ちば-つねたね)が生まれていました。
下記は、千葉常胤の騎馬像です。

千葉常胤

石橋山の戦いに敗れた源頼朝が房総に渡ると、千葉常胤は、同族の上総広常と共に、再起を図る源頼朝を助けたことで、鎌倉幕府樹立に大きく尽力しました。
北上してきた源頼朝を千葉氏館にて出迎えた際に「井戸」の水を沸かしてお茶を出したとされ、下記の井戸は「お茶の水」と呼ばれています。

お茶の水

こうして、千葉氏の歴代当主が下総の守護と権介を兼ねるようになり、特別な敬意を込めて「千葉介」(ちばのすけ)、すなわち、千葉郡を領する介(権)と呼ばれました。

亥鼻城

室町時代の後期に、山内上杉家・扇谷上杉家が推した鎌倉公方(堀越公方)足利政知と、古河公方になった足利成氏が、関東で争った享徳の乱(きょうとくのらん)になると、下総国の守護である千葉家は、室町幕府に味方する者と、古河公方に味方する者で「内紛」となりました。
何百年も続き、一族・庶子が多い名門は、だいたい、内紛となることが多いです。

亥鼻城

千葉胤直

この時の千葉宗家である16代・千葉胤直は、鎌倉公方・足利持氏に仕えていた千葉兼胤と、母・上杉禅秀の娘の子として、1419年に生まれました。
千葉胤直(ちば-たねなお)は、室町幕府将軍の座を狙った足利持氏を、関東管領・上杉憲実と共に諌めるなどします。

亥鼻城

このように、幕府に反抗的な行動をとっていた鎌倉公方・足利持氏は、将軍・足利義教から討伐を受け、鎌倉・永安寺にて自刃しました。
その後、遺児で生き残っていた足利成氏が鎌倉公方に就任しますが、山内上杉家・扇谷上杉家と対立し、北関東へ逃れて、古河公方を称することになったのです。

亥鼻城

千葉胤直は、母が上杉禅秀の娘であることからも、上杉氏に味方しており、重臣の円城寺尚任らと足利成氏の討伐に乗り出しました。
しかし、不満を抱いていた、馬加城主で叔父の馬加康胤と、重臣で小弓城主の原胤房が、1455年8月12日、円城寺尚任を殺害します。





また、亥鼻城も攻撃を受けた陥落したため、千葉胤直と、弟・千葉胤賢は下総・志摩城や多古城に逃れました。
しかし、8月15日には、千葉胤直も討たれ、更に、下総・小提城へ逃れた千葉胤賢も、9月7日に討たれて、千葉氏宗家は滅亡しました。

亥鼻城

ただし、千葉胤賢の遺児である千葉実胤・千葉自胤の兄弟は、 室町幕府8代将軍・足利義政が派遣した、千葉氏庶流で室町幕府奉公衆の東常縁の支援を受けて、馬加康胤・馬加胤持や小弓城主の原胤房を討取りました。
しかし、足利成氏が派遣した、水海道城主である簗田持助に敗れ、1456年1月19日には、下総・市河城も陥落しています。

亥鼻城

そして、千葉実胤・千葉自胤の兄弟は、国府台城にて籠城します。
しかし、古河公方足利成氏の勢力に破れると、隅田川を渡って、武蔵・石浜城、武蔵・赤塚城へと逃れ、江戸城主である扇谷上杉家の重臣・太田道灌に保護されました。

亥鼻城

古河公方・足利成氏は、馬加康胤の子(異説あり)とされる千葉輔胤を押しており、千葉輔胤は、下総国を平定すると千葉宗家の地位へ就きました。
千葉輔胤(ちば-すけたね) に関しては、よくわかっていない武将なのですが、本佐倉城を拠点にしたようで、子の千葉孝胤は勢力を拡大しています。

亥鼻城

その後、大規模な改修が行われたような形跡がないようで、この千葉氏混乱の中、亥鼻城は廃城になったものて推定されています。
千葉城と言う名称が出てくるのは、江戸時代になってからの古地図によるものです。





現在、千葉城跡は亥鼻公園として整備されており、模擬天守になっているのは「千葉市立郷土博物館」ですが、当然、千葉氏の宗家が滅んだ頃に、天守はありませんでした。
1967年(昭和42年)に、1億7000万円かけて建てた、鉄骨鉄筋コンクリート造の模擬天守となりますが、このような建物が無いよりは、あった方が断然良いので、支持したいところです。

千葉城

また、無料の博物館(昔は60円)では、千葉氏を中心にした展示になっており、見ごたえもあるようです。(閉館中につき入れませんでしたが・・。)
4月には、桜が満開となり「千葉城さくら祭り」で、1年で1番賑わうようです。





交通アクセス

千葉城(亥鼻城)への交通アクセス・行き方ですが、千葉都市モノレール「県庁前駅」から徒歩約6分、またはJR東日本「本千葉駅」から徒歩約10分と近いです。
また、千葉駅の東口から京成バス・ちばシティバスに乗車して、郷土博物館・千葉県文化会館バス停にて下車すると、徒歩2分程度に短縮できます。
駐車場は、千葉市立郷土博物館などが開館している際には、無料駐車場を利用できるようです。
私の場合、西の麓にあるコインパーキングに止めて訪問させて頂きました。

千葉常胤の解説【千葉氏中興の祖】鎌倉幕府有力御家人に
臼井城の解説【臼井城の戦い】臼井景胤・白井胤治の奮闘
上総広常の解説~源頼朝に最大勢力として味方した上総介広常
馬加城(まくわりじょう) 千葉氏宗家を滅ぼした一族の馬加康胤
小弓城 (小弓館)の解説 古い館跡の可能性もある千葉の原氏居城
生実城の解説(北小弓城) 原胤清・原胤貞・原胤栄【足利義明の小弓御所】
本佐倉城の解説【続日本100名城】見事な天然の要害で遺構状態も良い
日本全国のお城がある場所が分かる地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 杣山城
  2. 大槌城
  3. 十河城
  4. 石見・温泉城
  5. 但馬・朝倉城
  6. 犬居城
  7. 出羽・六郷城
  8. 二本松城
  9. 羽黒山城
  10. 上宮津城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP