千葉県

本佐倉城の解説【続日本100名城】見事な天然の要害で遺構状態も良い

本佐倉城




本佐倉城とは

佐倉城(もとさくらじょう)は千葉県印旛郡酒々井町と佐倉市にまたがる、標高33mの将門山に築かれた連郭式平山城で、国指定史跡になっています。
比高は24mで、別名は将門山城とも言い、続日本100名城にもなりました。

本佐倉城

最初の築城は文明年間(1469年~1486年)とされますが、江戸城を築いた太田道灌の圧迫を受けた、千葉城(亥鼻城)の千葉輔胤が築城して新たな本拠地にしたとされます。





1479年、太田道灌が千葉氏を攻めましたが、このとき、千葉輔胤(ちば-すけたね)は、下総・臼井城にて籠城しているため、まだ、本佐倉城は完成していたなかったとみられています。
当サイトの記事中写真は、パソコンなど大きな画面でクリックすると、拡大表示・スライド表示もできますので、よければ、お楽しみ頂けますと幸いです。

本佐倉城

その後、本佐倉城は整備されて、戦国時代も千葉氏本家の居城となりました。

本佐倉城

三方を湿地帯や田んぼで囲まれた要害であり、城域は東西約700m、南北約800mと広大だったようです。
城内や麓には、一族や家臣らの屋敷もあったと考えられます。
下記は本丸からの展望です。

本佐倉城

また、土塁や空堀などの遺構が非常に良い状態で残っているのは、千葉県の城跡で 国の史跡はココだけですして、ほんと、あちこち見たくなる城跡です。

本佐倉城

城山郭が本丸とされ、大型の掘立柱建物跡、櫓跡、門跡、塀跡、庭園跡などが発掘されています。
庭園があると言う事は、城主は、本丸にて生活していたものと考えられます。

本佐倉城

千葉氏の衰退

1557年、北条氏康の意向もあり、千葉胤富に家督を譲渡させられた千葉親胤が、幽閉されていた城内の妙見宮で暗殺され、下総・森山城主の千葉胤冨(ちば-たねとみ)が家督を継いでいます。
千葉親胤は、享年17であったと伝わります。

本佐倉城の案内図

千葉家は弱体化し、1561年、里見氏の家臣・正木信茂の侵攻を受けて、臼井城や小弓城を奪われています。
そのため、千葉氏は小田原城の北条家を頼るようになり、臼井城や小弓城を奪還しました。





千葉胤富が1579年に死去すると、子の千葉良胤(ちば-よしたね)が継ぎますが、北条氏ではなく織田信長と誼を通じるなどします。
それに危機感を抱いた、臼井城の原胤栄(はら-たねひで)が、千葉良胤を下総・公津城に幽閉しました。
そのため、弟の千葉邦胤(ちば-くにたね)が家督を継ぎました。

本佐倉城

ところが、1585年、千葉邦胤も本佐倉城内にて、就寝中に短刀で刺されて、暗殺されました。享年29。
近習に恨まれたと言う事ですが、本丸あたりで殺害されたのでしょうかね?
千葉氏はほんと怖いです。

本佐倉城

家臣に殺害された千葉邦胤の子・千葉重胤(ちば-しげたね)は、小田原城に人質として出されていました。
そのため、千葉家の筆頭重臣である原胤栄は、北条氏政の子・千葉直重を、千葉邦胤の娘と結婚させて、家督を継がせると言う北条家に協力しました。

本佐倉城

このように、北条家に事実上、乗っ取られても、収まらないのが千葉氏です。
下総・森山城主になっていた原親幹(はら-ちかみき) が反乱を起こそうとしたため、北条氏直自ら出陣して、本佐倉城の守備を固めています。





下記の丘は、本佐倉城の南側にある出丸「根古谷の館跡」(向根古谷城)となります。

本佐倉城・根古谷館跡

1590年、豊臣秀吉小田原攻めの際には、徳川勢が攻め寄せ、守備していた原邦房が降伏しています。
そして、千葉氏は、北条家とは独立した勢力とは認めらられず、北条家の家臣であったとされたため、千葉氏の所領も改易(所領没収)になると、江戸城に入った徳川家康が領有しました。
このとき、下総・本佐倉城は破却され、麓に陣屋が置かれたとも考えられています。

本佐倉城

武田家からはたくさん家臣を迎えた徳川家でしたが、平安時代からの名門・千葉氏に、徳川家からは仕官などの話はなく、千葉氏は没落しました。
そして、1602年には40日間だけ松平忠輝が5万石で佐倉藩主になっています。





1606年には小笠原吉次が入りましたが、1610年、小見川城1万石から3万2000石で土井利勝が佐倉藩主になると、防御力の関係から下総・佐倉城の工事が進められて佐倉陣屋も廃止されました。

本佐倉城

本佐倉城の城下町は、酒々井宿に移転したようで、成田街道の宿場町として栄えたようです。

本佐倉城

現在、本佐倉城は、歩きやすいように、整備されておりますので、今後は「城門」や「塀」など、簡易的なモノでも良いので、雰囲気を高める何かが、どんどんできることを期待したいと存じます。

本佐倉城

本佐倉城の見学所要時間ですが、くまなく探索しますと、2時間以上は必要です。

新しいトイレも完備された駐車場から、本丸への往復でしたら、30分程度で戻って来れます。(本丸への行き方がちょっとわかりにくい戦国の城跡ですが・・。)

本佐倉城の駐車場

本佐倉城への交通アクセス

本佐倉城への交通アクセス・行き方ですが、京成大佐倉駅より徒歩10分、京成酒々井駅より徒歩20分、JR酒々井駅より徒歩25分になります。
無料の駐車場ですが、道が狭いです。
場所も分かりにくいため、当方のオリジナル関東地図でわかるようにしておきます。
地図はスマホで表示してカーナビ代わりにも使えます。





日本100名城のスタンプは、大佐倉駅と酒々井町中央公民館にあるそうですが、新しいトイレのところにもありました。
シールタイプが置いてあるのかも知れませんが・・。

本佐倉城のスタンプ

私は、スタンプはやっていませんが・・。

臼井城の解説【臼井城の戦い】臼井景胤・白井胤治の奮闘
土井利勝とは 大老にまで出世した徳川家康の隠し子?
亥鼻城(千葉城)の解説~千葉胤直が最後の千葉氏宗家
生実城の解説(北小弓城) 原胤清・原胤貞・原胤栄【足利義明の小弓御所】 
佐倉城の解説【日本100名城】歴代の老中・大老の所領になった広大な千葉の城
日本全国のお城がある場所が分かる地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 肥後・内牧城
  2. 鮫ヶ尾城
  3. 沼田城
  4. 河崎庄司郎館(妹尾氏館)
  5. 篠山城
  6. 柿岡城
  7. 大村純忠終焉の館
  8. 近江・山崎山城
  9. 横田山城
  10. 岩櫃城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP