茨城県

大宝城・大宝八幡宮の解説~下妻長政・下妻政泰の居城

大宝城




大宝城

大宝城(だいほうじょう)は、茨城県下妻市大宝にある平城(丘城)で、国史跡に指定されています。

大宝城

現在、大宝八幡宮がありますが、その最奥部・最先端が、大宝城の本丸とされ、かつては鳥羽の淡海(大宝沼)で囲まれていたようです。
大宝城の城域には、大宝八幡宮(だいほうはちまんぐう)は、関東でも最古と考えられる八幡宮です。
そのため、大宝城の敷地内に、大宝八幡宮があると言う感じになっています。





大宝元年(701年)に、藤原時忠が、常陸国河内郡(龍ケ崎市)へ下向の際に、筑紫の宇佐八幡宮(宇佐神宮)を勧請・創建したとされます。
701年と申しますと、飛鳥時代・文武天皇のときであり、ヤマト政権にて大宝律令が完成した頃になります。
その頃の藤原氏と言えば、中臣鎌足が669年の臨終の際に、天智天皇から「藤原性」を与えられたのが、藤原氏の始まりでして、藤原鎌足の次男・藤原不比等(ふじわら の ふひと)が、藤原氏始祖となります。
中臣鎌足(藤原鎌足)じたい、常陸国鹿島(茨城県鹿嶋市)の出身であるともされますが、当時は、まだ、藤原不比等の子孫のみが藤原姓を名乗ることを、許されていたと考えられます。
しかし、藤原時忠なる藤原氏は不明です。

大宝城

藤原不比等の藤原房前(ふじわら の ふささき)が、確かに、巡察使となって東海道下ったようなのですが、大宝律令が年に公布されて、そして、703年に巡察使になった模様でして、僅かに年代が合いません。
藤原不比等は、天皇の側近であり、701年に大納言となっていますので、藤原京にずっといたと考えられ、関東に下向するような事は、考えられません。
と言う事で、大宝八幡宮を創建したと言う、藤原時忠が、屋敷も構えた可能性を考えていたのですが、存在すら、裏付けできるような材料は見つかりませんでした。
本当に、藤原時忠が創建したと言う事であれば、大宰府に関係した人物だったのかも知れません。





平安時代には、平将門も戦勝祈願で何度か訪れているようですが、935年頃の頃と考えられます。
そして、940年に宣言した、平将門・新皇の位は、大宝八幡宮の巫女より授けられたと伝わります。
平将門と敵対していた、源護が大串の陣営を儲けていましたので、もしかしたら、大宝城の場所だったのかも知れませんし、それより前から、大宝城が、館として使われていたように感じるのは、前述したとおりです。

大宝八幡宮

とにかく、筑波国あたりの舘跡は、結構、古くから使われていことが多いです。
実際に、大宝八幡宮の社務所の案内板によると、平安時代の1086年の大宝城主として、下津間盛幹の名があります。
4代・下津間弘幹のとき、下津間氏は滅亡したようです。
しかし、このサイトでも、日本全国の城跡をご紹介しておりますが、1086年が最初の築城ですと、古代山城を除けば、平地部にある最古の部類の城跡(館跡)と言えるかも知れません。

大宝八幡宮

1051年からの前九年の役では、安部貞任を討伐した、源頼義が、凱旋した際に、自ら詣でて、田を寄進したとあります。
その後、文治5年(1189年)には、奥州の藤原康衡を討伐した源頼朝が、鎮守府の八幡宮を勧請し、摂社・若宮八幡社を建てました。





そして、鎌倉時代の1232年、下妻長政が、大宝城を築いたとされますが、改修した、本格的な城にしたと言うのが正しいような気が致します。

下妻長政

下妻長政(小山長政)は、下野・小山城主である小山朝長(1188年~1229年)の次男として生まれました。
小山長村の弟と言う事になります。

下妻長政(下妻修理権亮氏長政)は、祖父・小山朝政のあとをうけて、1230年頃、常陸・下妻郷の地頭となりました。





それから、下妻氏は続いたようですが、6代・下妻政泰の代には、南北朝時代となります。

下妻政泰

下妻政泰(しもつま-まさやす)の時ですが、1341年11月、常陸国司・春日顕時が、若き興良親王を奉じて常陸・小田城から、大宝城に移り、北畠親房は関城へ移りました。
そして、南朝方の関東六城(常陸・関城・常陸・真壁城・常陸・大宝城・常陸・伊佐城・常陸・中郡城・下野・西明寺城)として、東国における南朝方の拠点となりました。
しかし、足利尊氏が派遣した高師冬から攻撃受け、関城・大宝城の戦いとなり、常陸・関城の関宗祐・関宗政の父子ともに、兵糧不足と寒気のため落城したとあります。

下妻政泰

北畠親房・春日顕国は辛うじて脱出しましたが、小笠原貞宗の攻撃により、大宝城主・下妻政泰は討死したとされます。
4ヶ月後の1344年3月、春日顕国が、大宝城を奪還していますが、翌日には足利勢に奪い返され、捕まった、春日中将顕国は京の 六条河原で梟首となっています。
現在、大宝八幡宮の一番奥、本丸とされる場所には、下妻政泰の大きな石碑(贈正四位下妻政泰忠死之地の碑)が建立されています。

下妻政泰忠死之地の碑

その後も、大宝城が使われていたのかは、不明でして、廃城年は不詳となります。

大宝城

大宝八幡宮の本殿は、戦国時代の1575年に焼失しましたが、1577年に、下妻城主・多賀谷尊経が再建しました。
この本殿は、国の重要文化財に指定されています。

大宝八幡宮

江戸時代には、徳川家からは社領115石が寄進されていますが、115石は、結構、すごいです。
ちなみに、筑波山・中禅寺(護持院)は、1500石ですので、かなりスゴイですが・・。





なお、大宝城の遺構は、大宝八幡宮から南の方向、大宝小学校の南側にも、巨大な土塁が残っております。
かなり大きな城跡でも、大部分が失われている城跡が多いのですが、大宝城の場合、南北朝時代の城跡として、うかがい知ることができます。

大宝城の土塁

大宝城の見学所要時間ですが、八幡宮裏手にあるアジサイ園、土塁・切岸・船着場など、全部、歩きで周りますと約1時間。
大宝八幡宮の部分だけでしたら、約20分となります。

交通アクセス

関東鉄道・常総線の大宝駅から徒歩約5分で近いですが、鉄道の本数は少ないのでご注意を。
駐車場は、山門のところにある、だんご屋「ゑびすや」の無料駐車場を、遠慮なく使えます。





ランチ・昼食も取れますし、他にも保育園前など、無料駐車場が、何箇所もありますので、車でも訪問しやすいです。
当方のオリジナル地図にて、ポイントております。
北にある、常陸・関城とセットでどうぞ。

下妻城(多賀谷城)の解説~多賀谷氏家から始まった広大な下妻城
常陸・関城の解説  関城・大宝城の戦い
真壁城 真壁久幹と真壁氏幹の鬼真壁
高師直 ~非凡な才と苛烈さで恐れられた南北朝の武将~
護良親王 興良親王【足利尊氏に対抗した生涯】
北畠親房 神皇正統記を遺した南朝の重鎮
史跡めぐりにも便利なオリジナル関東地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP