茨城県

常陸・羽黒山城の解説 春日顕国

羽黒山城




常陸・羽黒山城は、茨城県笠間市福原の標高363m、比高170mほどの羽黒山に築かれた山城で、城域は6つの主要郭にて構成されており巨大なようです。
羽黒山二所神社があるのですが、そこが本丸ともされています。
最初の築城は不明でして、一説によると、1055年頃の前九年の役の際に、源義家が築いたとも言われています。

南北朝時代には、常陸国司となった春日顕国が羽黒山城に入りました。
春日顕国(かすが-あきくに)は、南北朝時代の公家で、南朝方の武将として北畠親房北畠顕家の下で活躍しました。





陸奥守鎮守大将軍・北畠顕家に従って関東に下向すると、1335年、北朝方の下野・小山城を多田貞綱と共に攻撃しています。
また、茂木城の茂木知貞とも攻防を繰り返しましたので、その頃に、羽黒山城を拠点としていたのかも知れません。

その頃、南朝は瓜連城に大掾高幹・長岡宣政ら、那珂通辰ら、川野辺氏を従えた楠木正成の代官・楠木正家、公卿の広橋経泰らが、北朝方の佐竹氏らと争いっており、春日顕国は下野・宇都宮城の宇都宮氏と対峙していたようです。

北畠顕家が石津の戦いにて若くして亡くなると、その父・北畠親房の幕僚となって、小田治久の常陸・小田城に入りました。

延元4年/暦応2年(1339年)2月には、矢木岡城、益子古城、上三川城、下野・箕輪城を攻略しています。
そして、一時、常陸・中郡城(常陸・橋本城?)を落とすと滞在しましたが、足利尊氏の重臣・高師冬が反撃に出ました。

小田城の小田治久が北朝に寝返ると、北畠親房は関宗祐・関宗政親子が籠城する関城に入ります。
このとき、春日顕国は興良親王を奉じて下妻政泰の常陸・大宝城に移っています。





しかし興国4年/康永2年(1343年)、大宝城と常陸・関城は落城し、北畠親房は吉野に帰還しました。
春日顕国は関東に残って再び挙兵すると、竜ケ崎の馴馬城(馴馬沼田城)を占拠して籠城します。
しかし、北朝方の宍戸朝里の攻撃を受けて落城し、春日顕国は甥ら一族とと共に捕縛・処刑されました。
首級は京都に送られたとされています。

戦国時代に入り、1505年には、佐竹義舜に叛いて、白河小峰城の結城政朝・結城顕頼と結んだ大塚綱久(大塚掃部助綱久)が、羽黒山城にいたとされます。

羽黒山城

大塚綱久のあと三代に渡って大塚氏が羽黒山城を治めました。
しかし、永禄7年(1564年)、大塚為久のとき、佐竹氏に攻められ落城したようです。
その後、大塚為久は小峰義親のもとに逃れたようで、1578年、陸奥石川氏の一族である浅川城を攻攻撃した陣にて、弓で射られ、討死したとあります。

1579年、佐竹義重の次男・佐竹義広を養子に迎えた、小峰義親は小峰義広(蘆名義広)の後見人となり、常陸・羽黒山城も佐竹氏に掌握された模様です。

その後、笠間城主・笠間幹綱の甥が羽黒に住んで根小屋殿と呼ばれているため、この羽黒山城の城主であったと言われています。





羽黒山城で色々と調べますと、会津の蘆名盛氏が築いた「向羽黒山城」(続日本100名城)がたくさん出てきて、どうもいけません。
それだけでなく、福島にも陸奥・羽黒山城があるので、ややっこしいです。

羽黒山城への交通アクセス・行き方ですが、西側の麓にある未舗装の農道の先に、駐車スペースがあるようです。

常陸・橋本城 (常陸・中郡城か?)
常陸・関城の解説  関城・大宝城の戦い
北畠親房 神皇正統記を遺した南朝の重鎮
笠間城 天守に石垣も残る続日本100名城 笠間綱家も
蘆名義広の解説 当主不在の蘆名家の当主に抜擢
下館城 水谷正村と水谷勝俊 不敗伝説を作った水谷氏
水戸城 徳川御三家の日本100名城 見どころポイント
日本の城跡「場所」がわかるオリジナル地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 新府城
  2. 飛騨・高山城
  3. 室賀城
  4. 七沢城
  5. 朽木氏岩神館
  6. 諏訪・高島城
  7. 相模・丸山城
  8. 安房・館山城
  9. 佐和山城
  10. 越中・松倉城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP