神奈川県

河崎氏館 (武蔵・川崎城) 多摩川の崎にあった河崎基家の本拠地

河崎氏館




河崎氏館(かわさきし-やかた)は、神奈川県川崎市川崎区宮本町にある館跡(城跡)で、平城になります。
川崎駅の北東に堀之内町があり、河崎氏の館があったものと推測できます。
最初の築城としては、平安時代の武将で、通称・小机六郎(河崎冠者)と言う河崎基家の居館跡との伝承があります。

河崎基家(かわさき-もといえ)は、桓武平氏・秩父氏の一族で、秩父武綱の子とされ、武蔵・河崎荘、荏原郡、小机郷を領しました。
そして、武蔵・川崎城(河崎氏館)を築いた模様で、渋谷重家と2代に渡り住んだと推定されます。





のち相模・早川城を築いたとも、武蔵・渋谷城に入ったともされる渋谷重国の祖父となります。
その頃には、小山田城小山田有重(小山田別当有重)の勢力が次第に河崎領に食い込んできたと推測されます。
河崎冠者基家の嫡男・河崎重家は、中山付近を領し、子は中山重実(中山次郎重実)と称しています。

河崎氏館

1159年、近江源氏の佐々木秀義が源義朝に味方するも、平治の乱で源氏が敗れます。
このとき、佐々木秀義は所領没収となり、伯母の夫(もしくは従兄)である藤原秀衡を頼って奥州・平泉へ向かいました。
その途中、相模の渋谷重国が招待すると、その武勇に感服して、佐々木秀義の一行を渋谷庄に引き留めました。

河崎氏館

佐々木秀義は、渋谷重国の娘(中山為重の娘とも?)は佐々木左衛門尉信綱の妻)を娶り、約20年間も渋谷氏の世話を受けた言います。
この時、佐々木秀義に与えられたのが、武蔵・川崎城ともされます。
そして、佐々木秀義の子である佐々木定綱と、佐々木盛綱らは、伊豆に流罪となっていた源頼朝に仕えるようになりました。

河崎氏館

1180年、源頼朝が伊豆にて挙兵すると、平家の有力武将である大庭城主の大庭景親から、源頼朝討伐の密事を聞き、佐々木秀義は子の佐々木定綱を通じて、源頼朝に危急を知らました。
このように、源頼朝の挙兵に協力した功績で、本領が戻されて近江・佐々木荘へ戻ったとされます。

一方、渋谷重国の子・渋谷高重は、横山党の横山時広(横山権守時広)の娘と結婚しており、1213年の和田合戦にも参じています。

河崎氏館

戦国時代には、小田原城の北条氏の家臣として、佐々木一族とされる間宮信盛が、相模衆十四家の筆頭となり、宗三寺周辺(相模・川崎城、堀之内城、間宮氏館)を治めていたようです。
当時の川崎城のすぐ西には東海道が通っており、館の東側は、東京湾になっていたものと推測されます。
間宮信盛、間宮康重と2代続いたようですが、相模・間宮氏と言うと、北条綱成の玉縄衆に属して相模・笹下城を本拠とした間宮信元・間宮康俊、間宮綱信などがいますので、その一族と考えて良いでしょう。

1590年、豊臣秀吉小田原攻めで、間宮一族は箱根峠の中山城を守備して、間宮康俊が討死しています。

河崎氏館

間宮康重の子・間宮盛重は、徳川家の旗本となり、江戸幕府の大判役を務めており、宗三寺に寄進などしたようです。
なお、筑波に移った間宮氏からは、のちに間宮林蔵を輩出しています。

河崎氏の館跡とされる史跡としては、ご紹介してきた写真にある稲毛神社となります。





河崎氏館への交通アクセス・行き方ですが、川崎駅の地下街「アゼリア」の市役所通り方面「39番」から地上に出て450m、徒歩7分の距離です。
川崎市役所も近いので、クルマの場合には、付近のコインパーキング利用となります。

このあとは、潮田城へ向かいました。

潮田館 潮田光行 潮田光永 (今川氏の一族)
武蔵・矢上城 北条家の家臣・中田加賀守の本拠地
武蔵・寺尾城 諏訪右馬助の大きな謎 横浜の殿山寺尾城 川崎の菅寺尾城
訪問しておきたい神奈川県の城郭・寺院・古戦場など一覧リスト
関東や神奈川県の城跡などのオリジナル地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 龍松山城
  2. 近江・田中城
  3. 信綱寺
  4. 龍田城
  5. 大光寺城
  6. 宮崎城
  7. 山川綾戸城
  8. 千石堀城
  9. 周匝茶臼山城と大仙山城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP