神奈川県

潮田館 潮田光行 潮田光永 (今川氏の一族)

潮田館




潮田館(うしおだ-やかた)は、神奈川県横浜市鶴見区汐入町にある平城(屋敷)跡で、現在は光永寺になっています。
別名は、潮田光永館、潮田左馬介光永館です。
新編武蔵国風土記稿によると、駿河・今川氏の庶流である入野光興(入野将監光興)の嫡男・入野光行が、鶴見の潮田に入ったとあります。
これが本当だとすると、入野氏の先祖は、鎌倉時代の御家人・今川国氏となります。
今川国氏の次男・今川常氏の系統は、関口氏を称しており、徳川家康の正室となった築山殿がいます。
3男・今川俊氏は入野氏を称しました。
恐らくは、藤枝市にある駿河・入野城に入ったものと推測されますが、今では新東名で城跡が消滅しているようです。





戦国時代になり、川崎にやってきた入野光行は、北条氏の庇護を受けて、潮田に屋敷を構えたのでしょう。
そして潮田氏を称し、北条氏康の家臣となりました。
潮田光行(入野光行)は、1568年に没したとあります。
その潮田光行(潮田中務光行)の子・潮田光永(潮田左馬介)は、小机衆の目付役をつとめました。

なお、入野光興の3男・入野三郎助は、出家して純應と言う僧侶になったようで、1576年、潮田光行の嫡子・塩田左馬介光永が招いて「光永寺」を開山しました
この純應和尚は、1595年に亡くなっています。

潮田館

潮田光永(潮田左馬介光永)も1584年に亡くなったようで、その後の潮田氏・潮田館に関しては、わかりませんでした。

武蔵・潮田館への交通アクセス・行き方ですが、JR鶴見線・弁天橋駅から徒歩10分となります。
なお、鶴見線は昼間のダイヤが20分に1本になりますので、JR鶴見駅・京急鶴見駅から歩いて20分と言う方法も良いかと存じます。

このあとは、武蔵・寺尾城に向かいました。

河崎氏館 (武蔵・川崎城) 多摩川の崎にあった河崎基家の本拠地
武蔵・寺尾城 諏訪右馬助の大きな謎 横浜の殿山寺尾城 川崎の菅寺尾城
訪問しておきたい神奈川県の城郭・寺院・古戦場など一覧リスト
関東や神奈川県の城跡などのオリジナル地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 柿岡城
  2. 大垣城
  3. 宍戸城
  4. 武蔵・菅谷城(菅谷館)
  5. 大島屋敷(大島正時屋敷)
  6. 武蔵・愛宕山城
  7. 神辺城(村尾城)
  8. 鞆城
  9. 花隈城
  10. 槇島城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP