神奈川県

渋谷氏館(渋谷氏長後居跡)の解説~相模・渋谷荘にある渋谷氏の舘跡?

渋谷氏館(渋谷氏長後居跡)




渋谷氏館(渋谷氏長後居)とは

渋谷氏長後居は、神奈川県藤沢市長後にある平城(丘城)で、渋谷氏館、渋谷家城とも呼ばれます。
現在ある長後天満宮の場所が、渋谷氏が長後に構えた館跡・居館跡であると伝わっているようです。
現地を訪れてみますと、確かに、南側は、引地川に面した台地の先端と言う感じでして、相模国にある平安時代末期の館跡と共通するニオイを感じます。
引地川では、大庭御厨や江ノ島へ、小舟で、行き来できた可能性もあるでしょう。

渋谷氏館(渋谷氏長後居跡)

菅原道真を祀る長後・天満宮のご由緒ですと、秩父党・秩父武綱の2男・河崎基家から話が出てきます。
秩父党からは、秩父氏からは小山田氏、川越氏、江戸氏などを輩出していますが、河崎基家(小机六郎)の所領は、武蔵・河崎荘、荏原郡、小机郷です。
そして、川崎駅に近い、武蔵・河崎氏館が本拠だったようですが、平安時代の1115年に、河崎基家が、相模国渋谷荘長後村に館を構えたと言います。
相模・渋谷荘は、平安時代後期、秩父武綱(平武綱)が前九年の役で源頼義に従った際の恩賞として、与えられていたようです。





そして、敷地内に、菅原公の廟を建立したそうです。
ただし、武蔵・川崎城(河崎氏館)には、渋谷重家と2代に渡って住んだと推定されています。
となると、もしかしたら、所領のひとつだった長後を、隠居の地にしたのかも知れません。
河崎冠者基家の嫡男・河崎重家は、中山付近を領し、子は中山重実(中山次郎重実)と称しています。
そして、中山重実の子・、河崎重国が、1161年頃に、河崎から現在の綾瀬市西部を流れる目久尻川河畔に開けた相模・渋谷荘(高座郡渋谷村)の荘司になったと考えられ、河崎重国は渋谷重国と称するようになりましたので、正式に渋谷荘を領したのでしょう。

渋谷氏館(渋谷氏長後居跡)

なお、渋谷氏の舘とされる城跡・館跡は、相模・早川城、浜田歴史公園(浜田館・大谷館)、相模・大谷館、曾司館、恩馬館、相模・吉岡氏館(相模・吉岡館)など、いくつもあります。
宅地開発などで失われている、未発見の館跡もあるとみられ、また、どの館跡を、相模・渋谷氏の宗家が使っていたのか?など、不明瞭が多いです。
もちろん、本家が、屋敷を移したり、分家・庶子に与えたりすることもあったでしょう。
例えば、曾司館は、渋谷光重の5男・渋谷定心が領地を分け与えられたようで、曾司五郎定心と称したりしています。
渋谷重国の嫡男・渋谷光重の本拠とは断定できませんが、相模国渋谷庄内の浜田館(浜田歴史公園)が、渋谷氏の中心であった可能性があります。
渋谷重国の子・飯田家義は、飯田郷(横浜市泉区)を与えられて、富士塚城などに入ったと考えられます。
このように、具体的にわかっている館跡もありますが、誰が城主だったのか?、伝わっていないほうが、多いです。
他にも、相模・早川城は、戦国時代の北条氏によって、大改修もされており、昔から使用されていたのか?、わからなくなっています。
個人的には、渋谷氏としては、長年、本拠として固定した館・城と言うものは、なかった感じを受けています。





それより、少し前の1159年、近江源氏の佐々木秀義が源義朝に味方するも、平治の乱で源氏が敗れます。
このとき、佐々木秀義は所領没収となり、伯母の夫(もしくは従兄)である藤原秀衡を頼って奥州・平泉へ向かいました。
その途中、相模の渋谷重国が宴席を設けると、その武勇に感服して、佐々木秀義の一行を渋谷庄に引き留めました。

佐々木秀義は、渋谷重国の娘(中山為重の娘とも?)は佐々木左衛門尉信綱の妻)を娶り、約20年間も渋谷氏の世話を受けた言います。
この時、佐々木秀義に、武蔵・川崎城を与えたともされますので、渋谷氏が宗家扱いになっていた模様です。
そして、佐々木秀義の子である佐々木定綱と、佐々木盛綱らは、伊豆に流罪となっていた源頼朝に仕えるようになりました。

1180年、源頼朝が伊豆にて挙兵すると、のち、渋谷重国と次男・渋谷高重も従っています。
相模・吉岡館に入り、吉岡太郎と称していた長男・渋谷光重は、既に亡くなっていたものと推測されます。
なお、渋谷高重は早川次郎と名乗ったともされますので、相模・早川城にいた時期があったとも考えられます。





さて、平家の有力武将である大庭城主の大庭景親から、源頼朝討伐の密事を聞いた佐々木秀義は、子の佐々木定綱を通じて、源頼朝に危急を知らました。
このように、源頼朝の挙兵に協力した功績で、本領が戻されて近江・佐々木荘へ戻ったとされます。

なお、吾妻鏡によると、1181年、渋谷重国の次男・渋谷高重が、源頼朝から、所領・渋谷下郷(現神奈川県藤沢市長後付近)の年貢を免除されています。
この年貢免除の地が、長後ですので、渋谷氏館(渋谷氏長後居跡)の主は、この時点では、渋谷高重であったとも?推測できます。

のち、渋谷重国が亡くなると、相模・吉岡館主になっていた渋谷高重が渋谷家の家督を継いだ模様です。
渋谷高重の妻は横山党・横山時広の娘となりますので、侍所別当を歴任した和田義盛や、梶原景時とも縁戚でした。
その渋谷高重は、和田義盛に味方して、1213年の和田合戦にも参じますが、渋谷高重、一族の中山重政、渋谷行重らは、討死しました。





渋谷荘は、執権・北条義時によって没収され、勲功として「女房・因幡局」に与えられています。
この因幡局なる女性に関しては、不詳ですが、大江広元は因幡前司でしたので、もしかしたら、因幡局は、大江氏の妻などであった可能性が、あるかもしれません。
その後、渋谷荘は、執権・北条氏の領地になったと推測できますので、因幡局は、北条氏の娘や妻であった可能性も考えらますが・・。

その後、渋谷光重が、渋谷氏の家督を継いでいましたが、その子・渋谷定心は、承久の乱・宝治合戦で、執権・北条氏に味方して、薩摩に加増を受けました。
そして、1248年、長男・渋谷重直(舟木重直)のみを相模に残し、他の子供は、薩摩の領地に下向させ、東郷(早川実重)、祁答院(吉岡重保)、鶴田(大谷重茂)、入来院(曽司定心)、高城(落合重定)を統治させました。
このように、姓名から相模の領地も伺え、薩摩・鶴田城に入った大谷重茂は、相模にいた頃は、相模・大谷館主であった可能性が高いです。
渋谷氏の本貫地は相模と言えますが、他の渋谷一族は、東京の渋谷駅の名称にもなっている、武蔵・渋谷郷でも、見受けられます。
薩摩の東郷氏からは、ロシア・バルチック艦隊に勝利した、連合艦隊司令長官・東郷平八郎を輩出しました。





江戸時代に入ると、長後は、旗本・朝岡丑之助の所領となりました。
1642年、長後天満宮に、石灯籠が寄進されています。

渋谷氏館(渋谷氏長後居跡)

明治時代まで渋谷村の範囲は、大和市から藤沢市長後までだったので、長後が渋谷氏の領地であったことは、間違いないでしょう。

渋谷氏館跡の見学所要時間は、5分~10分といったところです。

交通アクセス

渋谷氏館(渋谷氏長後居跡)への交通アクセス・行き方ですが、小田急・江ノ島線の長後駅から、約1km、徒歩15分になります。
長後駅「東口」から、線路沿いを歩いて行き、踏切を渡って行くと、高低差が少なく、ラクです。
舘跡の高低差を感じるには、引地川のほうからだと良いです。
駐車場は、事前調査で、長後天満宮境内が利用できると期待していたのですが、下記写真のとおり、閉ざされておりまして、残念ながら、駐車場は利用できませんでした。

渋谷氏館(渋谷氏長後居跡)

長後駅周辺も、相変わらず、道路が狭いので、駐車場、難儀します。

中和田城やも富士塚城などと、セットでどうぞ。

早川城 渋谷氏・渋谷高重・渋谷光重の栄華
相模・大谷館 (上浜田中世建築遺構群・浜田歴史公園) 相模・上浜田館跡(上浜田砦)
中和田城【泉小次郎親衡館】の解説~泉親衡の領地、北条家の重臣・笠原康明も
河崎氏館 (武蔵・川崎城) 多摩川の崎にあった河崎基家の本拠地
東郷平八郎とは ロシア・バルチック艦隊を撃破
富士塚城(飯田五郎家義館) 飯田家義の子孫が明智光秀を討った?
河崎庄司郎館(妹尾氏館) 東京の渋谷駅近くにある屋敷跡
渋谷城 東京の渋谷駅近くにある古城跡 渋谷金王丸とは
関東や神奈川県の城跡などのオリジナル地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 龍岡城(龍岡五稜郭)
  2. 土肥氏館(土肥館)
  3. 鵜殿城
  4. 篠山城
  5. 放生津城
  6. 河和田城
  7. 新高山城
  8. 志布志城(内城)
  9. 明禅寺城
  10. 紀伊・佐部城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP