福井県

北ノ庄城(北の庄城)~北陸支配の柴田勝家と戦国の美女お市の方の居城

北ノ庄城(北の庄城)




北ノ庄城 (きたのしょうじょう) は、福井県福井市にある平城です。
織田信長越前・龍門寺城を本陣として、1573年に一乗谷城の朝倉家を滅ぼすと、明智光秀が北ノ庄城に入って戦後処理したとあります。
また、朝倉滅亡時の北ノ庄城主は、朝倉景行であることもわかっていますが、この時の北ノ庄城が、どの程度の規模でどこにあったのかは定かではありません。

そして、朝倉氏旧臣の桂田長俊前波吉継)を守護代にして、織田信長は越前国を統治させようとしました。
しかし、桂田長俊が、1575年(天正3年)に一向一揆勢により討ち取られ、織田勢はその一向一揆を平定します。
この時、戦功があった織田家の筆頭家老・柴田勝家に、北の庄が与えられました。





また、この時、越前の府中には府中三人衆として越前府中城前田利家小丸城佐々成政、龍門寺城には不破光治が入り、3名で合計で10万石を領し、柴田勝家の目付となりましたが、のち与力となっています。

越前8郡49万石を与えられた柴田勝家は、越後の上杉謙信に対抗するのが役割でした。
また、経済発展の観点からも山間の一乗谷ではなく、自らの縄張り(設計)をして、足羽川と吉野川(のちの百間堀)の合流地点を背にした場所に新城の築城を開始した模様です。
これが、北ノ庄城(北の庄城)と言う事になり、織田家による北国支配の拠点となります。

北ノ庄は、足羽庄という荘園がある足羽川の北にあったので、北の庄と言う地名になっていた模様です。

天守閣は7層または9層あったとされ、巨大な建物を有した近世城郭であり、1581年に北庄城を訪問したルイス・フロイスの記録では、屋根は丸岡城と同じく総石葺 (福井名産の笏谷石(しゃくだにいし)の青緑色) で、北の庄の城下町の広さは、安土城下の2倍はあったと言います。

北ノ庄城(北の庄城)

1577年7月、春日山城の上杉謙信が加賀まで進出してくると七尾城が陥落し、退却中に手取川の戦いで、上杉勢に手痛い敗北を喫しています。
天正6年(1578年)に上杉謙信が死去すると形勢は逆転し、一向一揆を制圧して、1580年にはついに加賀を平定しました。
そして、1582年3月には、上杉景勝の越中・魚津城、松倉城まで攻めており、あと一歩で春日山城まで迫る勢いでした。
しかし、明智光秀による本能寺の変となって、織田信長が6月2日に横死した中、6月3日に魚津城を落としています。(魚津城の戦い)

本能寺の変が伝わると、6月6日夜から全軍撤退して北ノ庄城へ戻りましたが、混乱の中、領内に不穏な動きもあり動けず、やっと6月18日になって近江へ出動します。
しかし、すでに中国大返しを行った羽柴秀吉が山崎の戦いにて、明智光秀を討っていました。

織田家の後継者を決める清洲会議では、羽柴秀吉に主導権を握られ、北近江3郡と長浜城を新たに得ました。
そして、柴田勝家は織田信長の妹・お市の方岐阜城にて再婚し、お市の方は、浅井長政との間にもうけていた3人の娘「茶々」「初」「江(お江与)」と共に北の庄城に入りました。

浅井三姉妹の銅像

羽柴秀吉との権力抗争となり、柴田勝家は滝川一益織田信孝と秀吉に対抗し、前田利家・金森長近・不破勝光を使者として派遣して和睦交渉を行いました。
しかし、北陸は雪で動けない中、長浜城の養子・柴田勝豊が懐柔され、次には岐阜城の織田信孝も秀吉に屈服します。
さらに、天正11年(1583年)1月に、羽柴秀吉は滝川一益の北伊勢を7万の大軍で攻めました。

この情勢に耐え切れず、雪をかき分けて、柴田勝家は佐久間盛政、前田利家ら3万にて近江に向けて出陣します。
しかし、この動きも察知していた羽柴秀吉(豊臣秀吉)は、伊勢・長島城の包囲に1万を残して、5万にて近江へと美濃大返しを敢行しました。

そして、1583年4月、賤ヶ岳の戦い(しずがたけのたたかい)となります。
前田利家の軍勢が突如として戦線離脱するなどして、柴田勢は総崩れとなり、越前・北ノ庄城に向けて退却しました。

北ノ庄城(北の庄城)

しかし、柴田勝家は、勝手に撤退して敗戦の原因を作った前田利家の人質を、無事に送り返していると言う優しさも垣間見えます。

3日後、前田利家を先鋒とする羽柴勢に北の庄城は包囲されると、本丸の広間において家臣らに演説し、楽器を奏でて、舞い、笑い、楽しみ、祝勝の如き宴席を一晩中開いたと言います。
そして、柴田勝家が自ら盃を持って一族一家と酒宴を開きました。
翌朝の午前4時に、羽柴勢の攻撃が始まると、柴田勢200は本丸にて決死の抵抗をしますが、これまでと悟ると「茶々」「初」「江(お江与)」の3名を羽柴の陣へと向かわせましたが、お市の方はこれを拒否したと言います。
そして、正午頃、柴田勝家は天守閣の九段目に登ると、敵や味方に聞こえるように「我が腹切りを見て、後学にせよ」と叫び、一族妻女を刺殺し、十文字に割いて五臓六腑を自ら掻き出した次に、侍臣に介錯させて62年間の人生を閉じました。
家来80名も運命を共にしています。
そして、用意していた火薬に火をつけたため、天守閣などの建物はほぼ全てが焼失したと言います。

北ノ庄城

福井城の北西側、順化小学校の南側に、北ノ庄城戦没者の供養塔もありました。

北ノ庄城戦没者の供養塔

その後、どうも、越前・府中城を与えられた大名の領地の一部になっていたようで、北ノ庄城に入ったと見受けられるのは、府中城の木村重茲が山城・淀城に移って、越前・大野城青木一矩が20万石になった1599年となります。

1600年、徳川家康の次男・結城秀康が68万石で北ノ庄に入封となると、1601年より天下普請によって結城氏北ノ庄城「福井城」が築城開始されました。
そのとき、北の庄城の石垣なども再利用された可能性もあり、柴田勝家時代の北の庄城があった場所は、推定値となっています。
6度の発掘調査にて、本丸の推定位置である柴田神社の地下より、石垣の跡と思われる石が出土しましたが、今でも本丸の正確な位置は、わかっていません。

北ノ庄城

柴田神社の境内には、柴田勝家とお市の方の銅像が建てられています。

お市の方

柴田勝家の銅像前に、発掘して発見された石垣の根石が保存されていました。
だいぶ、足羽川に近いところに城があったようです。

北ノ庄城跡

また、2段に組まれた石垣は、福井城本丸の地中から発掘されたものを柴田神社に移して、積み直した石垣となります。

柴田勝家の銅像

北ノ庄城跡とされる柴田神社の住所は、福井市中央1-21-17となり、観光所要時間は15分です。





JR福井駅から徒歩5分の距離ですが、駅前であるため、駐車場はJR線の高架下と離れていました。
そのため、近くのコインパーキング利用しています。
私が利用した駐車場は、当方のオリジナル地図にて分かるようにしてあります。

柴田勝家~勇猛果敢も温情深く大変親しみを感じる武将
青木一矩と青木俊矩とは~秀頼の乳母となった宮内卿局も
福井城(結城氏北ノ庄城)~今も福井の拠点となる立派な城構え
越前・藤島城~藤島の戦いと新田義貞最後の地である燈明寺畷
佐々成政~織田家のエリート武将も、最後は悲劇な人生を送る
越前・府中城~前田利家や朝倉氏に所縁深い北陸道の要所
越前・金剛院城(青木氏館跡)
越前・龍門寺城~前波吉継や不破光治が城主を務めた平城
小丸城~府中三人衆である佐々成政の居城
一乗谷城(一乗谷朝倉館)と一乗谷城の戦い~朝倉氏の栄華
永平寺~およそ800年の歴史を持つ厳しい座禅修行の道場
柴田勝家の子と名奉行・大岡越前の繋がり?
柴田勝政と柴田勝重~東京の住宅街にて今なお柴田勝家の兜を祀る史跡
下社城 柴田勝家が生まれたとされる城(館)
お城巡りに便利なお城マップ・カーナビ代わりにも





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 一乗谷
  2. 加賀・森城
  3. 信貴山城
  4. 米子城
  5. 陸奥・根城
  6. 朽木城(朽木陣屋)
  7. 鬼ノ城
  8. 下総・花輪城
  9. 栗原城(鷲宮城)
  10. 武蔵・高幡城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP