福井県

越前・金剛院城(青木氏館跡)

金剛院城




越前・金剛院城(こんごういん-じょう)は、福井県越前市深草2丁目にある平城です。
築城年代は不明ですが、最初の築城は青木俊矩(あおき-としのり)とされています。
この青木俊矩、青木一矩の子、または青木矩貞の子ともされますが、青木一矩の妻は豊臣秀吉の母・大政所の妹であり、豊臣一族と言う事で出世していました。

越前・大野城にて8万石のあと、木村重茲に代わって青木一矩は越前・府中城に10万石となります。
そして、1599年に青木一矩は北ノ庄城にて21万石となりますが、この時、青木俊矩が屋敷を構えたのが、金剛院城と考えられています。
この地にあった金剛院は、1573年に織田信長が進撃した際、焼失して失丹生郡八田村に移転していた模様です。
1583年に青木紀伊守重治が、金剛院に帰依して、少し建物が再建されたともあります。





青木家は1600年の関ケ原の戦いにて石田三成に協力し、金沢城の前田家に備えました。

しかし、西軍が敗れたと知ると前田家に降伏しますが、結果的には徳川家康に許されず、改易(所領没収)となっています。
青木俊矩は子の青木久矩と共に加賀・前田藩預りとなり、青木俊矩は不遇のうちに、1608年5月6日で没しています。

青木俊矩の長男・青木久矩(あおき-ひさのり)は、1614年、大坂の陣となると娘・宮内卿局がいる大阪城に入ります。
そして、木村重成の部隊に加わって武功を立てましたが、1615年、大坂夏の陣で討死しました。
その子孫の流れには、幕末の志士・橋本左内がいます。

金剛院城

弟の青木泰矩が加賀藩士となっており、末弟・青木昌矩が嫡男となって青木家を継いだとようです。
しかし、病弱のため隠棲すると、福井城主の結城秀康から府中新町に屋敷を与えられて「平吹屋」という屋号で、酒の醸造業を始めました。
大正時代に醸造業は廃業していますが、ご子孫は続いています。

金剛院は、慶長15年(1610年)青木氏の館跡に建立されたと記載があり、府中領主・本多富正によってこの地に戻されたようです。
そのため、金剛院城の別名としては青木氏館跡・青木氏居城跡でも良いのではと感じます。
なお、境内の西側に土塁が残っているそうです。





金剛院城跡への行き方・アクセスですが、越前市の城下町は、多分に漏れず道がとても狭いですので、クルマでの訪問時にはご注意願います。
電車の場合、JR北陸本線の武生駅から約1km、徒歩15分といったところです。
当方のオリジナル地図でも正確な場所を示しています。
近くには龍門寺城・越前府中城新善光寺城もありますので、セットでどうぞ。

青木一矩と青木俊矩とは~秀頼の乳母となった宮内卿局も
大政所【豊臣秀吉の母・なか】と朝日姫(旭姫)とは
越前・府中城~前田利家や朝倉氏に所縁深い北陸道の要所
新善光寺城(正覚寺)~越後守護の拠点
越前・龍門寺城~前波吉継や不破光治が城主を務めた平城
前田利長の生涯は【加賀百万石を築き兼六園や北陸文化を残した名君】
北ノ庄城(北の庄城)~北陸支配の柴田勝家とお市の方の居城
一乗谷城(一乗谷朝倉館)と一乗谷城の戦い~朝倉氏の栄華
橋本左内 安政の大獄によって失われた有能な若者
本多富正 江戸時代初期における福井藩の家老
福井城(結城氏北ノ庄城)~今も福井の拠点となる立派な城構え
お城巡りに便利なお城マップ・カーナビ代わりにも





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 細川ガラシャ隠棲の地
  2. 駿河・深沢城
  3. 陸奥・根城
  4. 高遠城
  5. 勝幡城
  6. 大桑城
  7. 本庄城
  8. 越畑城
  9. 茅ヶ崎城
  10. 陸奥・福島城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP