茨城県

常陸・宍戸城 宍戸義綱 宍戸錠さん?にも関連する宍戸氏

宍戸城

常陸・宍戸城(ししどじょう)は、宍戸藩の陣屋が置かれたことから、宍戸陣屋とも言います。
ただ、Googleなどで宍戸城と検索致しますと、宍戸錠さんがヒットしますので、宍戸城よりも宍戸錠さんの偉大さがよく分かりますが、宍戸城も日本の歴史的にはとても大きな繋がりを持つ城跡です。

最初の築城は、建仁3年(1203年)に小鶴荘(宍戸荘)に入った、八田知家の4男・宍戸家政が築いたとされます。
八田知家は鎌倉初期の武将で、常陸・小田城を築城して本拠として常陸守護になっていました。





子には小田城を継いだ小田知重、美濃・伊自良城に入った伊自良有知、茂木城(桔梗城)主・茂木知基、そして宍戸家政、筑波城主・筑波為氏、越前の浅羽知尚、常陸・田中城の田中知氏、常陸・北条城には高野時家、筑波中禅寺別当になった明玄、養子しては横山党小野氏のから迎えた中条家長(中条義勝の子)がいますが、八田ノ八兄弟とも称します。
当時、小田氏の支配域が広かったことがよくわかりますね。
小田城の宗家(嫡流)に代わって、宍戸氏が常陸守護を代行する時期もあるなど、宍戸氏は常陸において重要な一族になりました。

その後、南北朝時代になると、南朝に味方した小田氏とは異なり、1333年、宍戸知時の子・宍戸朝家(宍戸安芸守朝里)は足利尊氏(北朝)に従い京の六波羅探題を攻めました。
その戦功にて、安芸国甲立荘を賜わり、1334年には甲立に下向して、柳ヶ城を居城にしています。
その後、吉田郡山城からほど近い、安芸・五龍城を築いて移りましたが、この家系が毛利元就の長女・五龍局を正室に迎え、毛利家一門になった安芸・宍戸氏と言う事になります。
宍戸隆家吉川元春小早川隆景に次ぐ待遇を受け、湯築城主で伊予・河野氏の最後の当主の河野通軌も、宍戸元秀の子と宍戸氏一族で、もとは宍戸景好と称していたと考えられます。
このように安芸の宍戸氏は毛利一門筆頭(1万2000石)として、江時代には長州藩の家老を務め、幕末には宍戸親基が毛利敬親を支え、1866年の第2次長州征討でも芸州口の指揮を執り幕府軍を撃退しています。

話がそれましたが、本流は安芸に移りましたが、常陸の宍戸氏は、安芸に移った宍戸朝家の弟・宍戸家義が継承したとも考えられ、その子・宍戸義秀は陸奥・宍戸氏(大石宍戸)の初代になりました。
戦国時代には伊達稙宗の家老を務めました。

また、宍戸朝家の曾孫である宍戸持里は、常陸・山尾城にいましたが、1441年に常陸・太田城主の佐竹義憲に従って常陸・小栗城を攻めています。
このように、小田家が衰退したことから、やがて、常陸・宍戸氏は佐竹氏に従うようになっていました。

戦国時代、常陸・宍戸氏としては宍戸義綱がいます。





宍戸義綱

宍戸義綱は、宍戸城主として小田氏治に味方していましたが、1556年、結城政勝が小田家に奪われていた海老ヶ島城を奪還しようとし、海老ヶ島の戦いになります。
この合戦は、結城勢の援軍として、小田原城北条氏康から岩付城主・太田資正江戸城主・遠山綱景が加勢し、大規模な合戦に発展しました。
小田勢は大敗したことから、宍戸義綱は以後佐竹家に従い、佐竹勢として小田城の戦い、小川台の戦い、沼尻の戦いなどにも参陣しました。
1585年、江戸家と大掾家が争った際には、江戸家に味方して大掾家とも戦っています。
1588年、大掾家が宍戸領に侵攻しても、江戸家を助けました。
しかし、江戸家中に「神生の乱」が起こると、宍戸義綱は神生右衛門大夫を助けています。

1590年、羽柴秀吉の小田原の攻めで、佐竹義宣が小田原に参陣して豊臣秀吉に謁見した際には、宍戸義綱も真壁城主・真壁氏幹らとともに参候し、太刀、馬、金を献上しました。
1591年、佐竹家が常陸の統一を押し進めた際には、宍戸義綱は江戸勢として水戸城の籠城に加わったようで、討死しています。
その後、子の宍戸義長は鹿島に逃亡、常陸・宍戸家は佐竹氏と親密な関係にあった宍戸義利が継ぎました。
1595年には海老ヶ島城へ転封となっています。
その宍戸義利が死去すると、宍戸義長が許されて家督を継いだと考えられます。
1600年、関ヶ原の戦いのあと、佐竹家は出羽・久保田城へ転封となりましたが、宍戸義長は秋田へは従わず土着しました。
なお、宍戸氏の一族には秋田へ移った者もあり、茂木氏とともに出羽・十二所城に配置されています。

さて、宍戸城はこれだけでは終わりませんので、繰り返しますが、歴史深い城なのです。

佐竹家が秋田に移って、かわりに宍戸城に入ったのは、なんと、出羽・湊城主の秋田実李(安東愛季の子)と言う事になります。
5万石に減封されましたが、宍戸城に移り大改修されました。
その後、秋田氏は江戸時代の1645年に、陸奥・三春城に55000石にて転封となり、一時、宍戸は幕府直轄領になりました。

天和2年(1682年)には、徳川光圀の弟・松平頼雄が10000石にて、宍戸藩主となり、宍戸陣屋を設け、そのあとは松平氏が代々続き幕末に至っています。
ただし、常陸宍戸藩の第9代藩主である松平頼徳(まつだいら-よりのり)は、水戸で蜂起した天狗党に同情的で鎮圧に失敗したことから、切腹となりました。享年34。
この時、家臣の多くも処刑され、宍戸藩は改易(所領没収)となっています。

現在、城跡には南北に道路が開かれたことで、市街地化し、遺構はほぼ消滅しています。
一部、土塁が残っている場所が末廣稲荷神社となり、土塁のうえにあると言う事でして、土塁はなかなかの大きさを誇ります。

宍戸陣屋

歴史民俗資料館には宍戸城についての展示もあるようで、岩間町の民家には陣屋の表門が移築されていると言います。

宍戸城の表門

交通アクセスですが、JR常磐線の友部駅から徒歩約10分です。
無料駐車場(数台)の場所は、当方のオリジナル地図にてポイントしておきます。





ちなみに、 俳優の宍戸錠さんは、大阪出身ですが、戦争中には親戚がいた宮城県白石市に疎開しています。
五十沢と耕野に隣接し、この地域に親戚もいることから、宍戸錠さんは、陸奥・宍戸氏の一族の家系とも考えられます。

常陸・太田城(舞鶴城) 戦国大名に発展した佐竹氏の本拠地
小田氏治 弱小?異色?負けても何度も復活した戦国大名
秋田実季とは
真壁城 真壁久幹と真壁氏幹の鬼真壁
佐竹義宣 なんとか戦国時代を乗り切った律義者の世渡り
宍戸隆家 毛利家を大きく支えた重臣筆頭

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
評価ポイント
4 based on 1 votes
攻略難易度
中級者向け
旧国名
常陸
著者コメント
大きな土塁が残るのみ。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 常陸・武田氏館 常陸・武田氏館 甲斐の武田家発祥の地は水戸近くに
  2. 小栗城 小栗城 小栗満重の小栗判官伝説
  3. 河和田城 河和田城 常陸江戸氏の本拠地として栄える
  4. 常陸太田の小野崎城 常陸太田の小野崎城 太田城を追われた小野崎通盛
  5. 常陸・石塚城 常陸・石塚城 なかなか規模も大きい石塚氏の城
  6. 月居城 月居城(袋田城) 袋田の滝近くにある要害性抜群の山城
  7. 額田城 額田城 広大な城域は東京ドーム22個分 額田照通の本拠地
  8. 常陸・久慈城 常陸・久慈城 茨城の海城か?

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 高水寺城(陸奥・郡山城)
  2. 金剛院城
  3. 紀伊・周参見城
  4. 日本の有名な城リスト
  5. 筑前・岩屋城
  6. 膳所城
  7. 出羽・八森城(矢島城)
  8. 常陸・武田氏館
  9. 国宝・彦根城
  10. 能登・末森城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP