茨城県

常陸・北条城(北条館)と北条出雲守治高

常陸・北条城(北条館)

常陸・北条城(ほうじょう-じょう)は、鎌倉時代に八田知家の7男・高野時家(北条時家)(ほうじょう-ときいえ)が築いたとされています。
父・八田知家は、戦国大名に繋がる常陸・小田氏の始祖で、小田城を築城した武将です。
その子である高野時家(北条時家)ですが、恐らく、小田城を八田知家が本拠としたころに、北条館(北条城)を任されて、北条七郎(北条時家)と称したのでしょう。
このとき、多気と言う地名から、新たに北条が使われるようになったと言います。





しかし、その後、どうも、佐竹氏の勢力地となる常陸国多珂郡高野庄に移って高野時家と称したようです。
要するに高野氏の始祖ですね。
また、その子孫は、のちに出羽国置玉郡長井庄に移ると、早くから伊達家の家臣として活躍しました。
高野庄へ移住した理由は不明ですが、もしかしたら、北条時家が佐竹一族に婿養子として入って、高野を知行した可能性もあるかと存じます。

ただし、北条城にはその後も、武将がいて、地名の「北条氏」を称しています。
北条七郎(北条時家)の子とされる北条宗元、北条知道、そして八田知家の曾孫と言う北条時知(4代)がおり六波羅探題頭人になっています。
また、その次男も北条道知と名乗ったようで、南北朝時代に南朝勢・北畠顕家に従っており、鎮守府引付衆として名が見られます。
6代・北条時綱は鎌倉公方・足利基氏に属していました。

このように北条は北条でも、鎌倉幕府執権の北条家や、戦国期の小田原城主・北条家とは、まったく別の血筋と言えるでしょう。





戦国時代になると、小田家の重臣に北条出雲守治高(ほうじょういずものかみはるたか)なる武将がいます。

小田一門六家として下記のメンバーに入っています。

宍戸城主:宍戸安芸守
小幡城主:小幡中務少輔
牛久城主:岡見治部少輔
岡城主:柿岡式部少輔
北条城主:北条出雲守治高
谷田部城主:谷田部刑部少輔

北条治高の家臣・蜷川全宗が、北条の全宗寺を戦国時代に再興もしているのがうかがえます。

しかし、手這坂の戦いのときに、梶原美濃守景国、真壁入道道夢の誘いを受けて、北条治高は佐竹家に寝返ったともされており、敗北した小田氏治は、太田資正に小田城も奪われています。

そして、太田資正の子・梶原景国と北条治高は、藤沢城の攻略にも参加ました。
なお、小田氏治と同じ字が嫌だったのか?、北条治高は北条氏高(ほうじょううじたか)と改名したようす。
また、佐竹勢として土浦城攻めを行うと土浦城主となりましたが、1574年、菅谷政貞の反撃を受けて討死した模様です。。

一方、北条城ですが、1582年に下妻城主・多賀谷政経の攻撃を受けて落城したともあります。

上記の小田家の話は、主家・小田家でさえ、よくわかっていない部分が多いですので、北条出雲守治高の話も確実と言うことではありませんので、念のため記載しておきます。

なお、実際に北条城がどこにあったのかは、現在のところ「憶測」となっています。
地勢から城址は北条小学校の敷地(トップ写真)だと推定されていますが、発掘調査では何も出なかったと言うので、他の場所だった可能性も捨てきれません。
と言う事で、北条城に関しては、特に見るべきところはありません。
少し高台になっていますが、その高低差も、改変されたものと考えられます。





さて、北条城跡と推定されている北条小学校も、統廃合と言うより施設分離型の小中一貫型の小学校として、つくば市立紫峰学園北条小学校と生まれ変わっています。
2012年(平成24年)5月6日には、F3とされる竜巻により約300棟が損壊すると言う大きな被害を受けた北条ですが、時代とともにその姿も変わっていくのでしょう。

沼田竜替~筑波山のふもと茨城県つくば市沼田にある砦跡
多気山城(多気城)と多気義幹~筑波の北条にある山城
多気山城(多気城)と多気氏の関係は?
小田氏の存亡~常陸・小田家の命運
岩槻城主・太田資正と太田氏資と岩槻城訪問記~岩槻城の戦い
梶原政景(梶原景国)とは
筑波・神郡の名刹「普門寺」
土浦城 ほどよい広さが良い茨城の続日本100名城
お城に行くのに便利なオリジナルGoogleマップ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
評価ポイント
3 based on 1 votes
攻略難易度
初心者向け
旧国名
常陸国
著者コメント
特に見張るべきところはありません。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 小場城 小場城 戦国期に佐竹氏を支えた佐竹西家の居城
  2. 海老ヶ島城 海老ヶ島城 何度も城主が入れ替わった奪い合いの城
  3. 常陸・橋本城 常陸・橋本城
  4. 常陸・小幡城 常陸・小幡城 技巧も豊かな深い堀で迷う素晴らしい城
  5. 逆井城(飯沼城) 逆井城(飯沼城)のみどころ~戦国期の櫓門、橋、塀、主殿、二層櫓な…
  6. 木田余城 木田余城 信太氏の本拠地も佐竹家に奪われる
  7. 額田城 額田城 広大な城域は東京ドーム22個分 額田照通の本拠地
  8. 常陸・戸崎城 常陸・戸崎城 佐竹氏と小田氏の攻防

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 船岡山城
  2. 富崎城
  3. 久留米城
  4. 竹迫城
  5. 忍城
  6. 出羽・染川城
  7. 金剛院城
  8. 甲斐・小山城
  9. 若狭・小浜城
  10. 出羽・滝沢城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP