福島県

須賀川城の歴史がよくわかる解説~おんな城主・阿南姫が指揮した籠城戦

須賀川城




須賀川城とは

須賀川城(すかがわじょう)は福島県須賀川市にある平山城です。
最初の築城は、南北朝時代の1399年に、二階堂行続が築いたとされます。

須賀川城

そもそも、二階堂氏は、藤原南家乙麻呂流・工藤氏の一族となります。
鎌倉初期に、源頼朝に従っていた、工藤行政が、鎌倉・永福寺の近くに屋敷を構え、二階建ての仏堂があった二階堂の建物名称にちなんで、二階堂行政と呼ばれるようになったのが、始まりです。
鎌倉幕府における、政所執事は、ほぼ、二階堂氏が世襲していると言う、文官として実務に優れた一族であり、全国各地に、所領を持つようになりました。
恐らくは、須賀川も古くから二階堂氏の所領であったと推測されますが、統治は、代官を派遣して、二階堂氏じたいは、京や鎌倉にて官僚として活躍していたものと推測されます。
鎌倉時代の須賀川の本拠地は、稲村城(新城館)だとされます。





鎌倉幕府滅亡後も、二階堂氏は、建武政権・室町幕府にも出仕しており、評定衆も務めました。
そして、3代鎌倉公方・足利満兼が、須賀川の代官として派遣したのが、須賀川城を築城したと言う二階堂行続(二階堂治部大輔)になります。
しかし、鎌倉公方・足利持氏と、室町幕府の足利義教が対立すると、二階堂行続(二階堂行嗣) は、どうも、幕府側に立ったようです。
そのため、1444年、鎌倉から、同じ一族と考えられる二階堂為氏が陸奥に進軍して、二階堂行続を破り、須賀川城主になったようです。(もちろん諸説あり)

須賀川城

二階堂氏の家臣としては、例えば、高久田館(鹿島館)では、岩渕館主(常松館主)・常松義清の4男が、高久田氏の養子となり高久田義兼(高久田四郎義兼)、鹿島八郎、須田大蔵、箭部公為(箭部紀伊守公為、矢部紀伊守公為)の名が見られます。
南高久田館 (鏡石町鏡田字南高久田)など、館は細かく分布しています。
高林館の高林右衛門、江花村館の立石宗光(立石丹後入道宗光)、大里城の相良平次などもいます。

須賀川の場所は、鎌倉街道がとおり、釈迦堂川の「磐瀬の渡し」ひかえる交通の要衝と言えます。
稲村城(新城館)とも、釈迦堂川で繋がっており、支流(ややっこしいが、須賀川と言う小さな川)は、高久田館(陸奥・鹿島館)と、繋がってもいました。





須賀川城は5万7000石として、やがて戦国時代を迎えますが、二階堂行詮(にかいどう ゆきあきら)のとき、1484年に、会津・黒川城の蘆名盛高が岩瀬郡に攻め寄せ、敗北しています。
二階堂晴行(にかいどう はるゆき)のときには、白河小峰城の白河結城氏や、陸奥・守山城の田村氏と争っており、嫡男・二階堂照行は、伊達晴宗の妹を正室にして、伊達氏との関係を強化しました。
しかし、1559年には、須賀川の今泉城を、田村氏に奪われるなど、少しずつ、勢力を弱めて行った模様です。
1564年から、二階堂盛義(にかいどう もりよし)が7代当主になっていますが、妻は、伊達晴宗の長女・阿南姫(大乗院)を迎えています。

1566年、蘆名盛氏・蘆名盛興によって陸奥・横田城が陥落し、二階堂盛義は、嫡男・二階堂盛隆を、人質として会津に送り、蘆名氏に臣従しました。
ところが、1575年、蘆名氏17代当主・蘆名盛興が、子を残さずに早世すると、人質になっていた二階堂盛隆が、未亡人の彦姫と結婚したうえで、蘆名盛隆となって、蘆名氏の18代当主に就任します。
こうして、1580年、御代田城の戦いで、田村氏に勝利し、勢力を拡大しましたが、二階堂盛義は負傷したようで、1581年に亡くなりました。





須賀川二階堂氏8代当主には、まだ、12歳くらいの二階堂行親(にかいどう ゆきちか)が就きましたが、翌年、1582年頃?に死去したようで、その後、阿南の方(大乗院)が、女城主として須賀川城主となりました。
二階堂家の家老・須田盛秀が、実質的な城代となって補佐しましたが、1584年には、蘆名氏となっていた蘆名盛隆が、黒川城にて暗殺されます。

その後、二階堂家は、伊達政宗と争う形となり、1588年の郡山合戦でも敗退しました。
1589年6月、摺上原の戦いにて、伊達政宗が蘆名氏を滅ぼすと、伊達家からは何度も降伏するように説得されたとあります。
しかし、阿南姫は拒否し、高久田義兼、塩田政繁、添田行景、遠藤勝重、須田盛秀、守屋俊重らの家臣らと、佐竹氏・岩城氏の援軍を得て、須賀川城を維持していましたが、家臣の保土原行藤、浜尾宗康らの裏切もあり、1589年10月26日、須賀川城は陥落しました。

阿南姫(おなみひめ) は、実の母・久保姫がいた、信夫郡の杉目城に入りましたが、伊達政宗の保護を嫌い、甥の岩城常隆を頼って、磐城へ移りました。
1590年、その磐城常隆も死去すると、甥・佐竹義宣のもとに身を寄せています。





須賀川城には、伊達一族の石川昭光が入りましたが、1590年、豊臣秀吉の奥州仕置にて、会津若松城に入った蒲生氏郷の属城となり田丸具直(北畠顕晴)が赴任しましたが、蒲生氏も失脚すると、春日山城から会津に入った上杉景勝の持ち城となり、家臣・栗田刑部が入封しました。

関ヶ原の戦いのあと、1602年、佐竹家が、秋田転封となると、その移動途中、馴染み深い須賀川に立ち寄った際に、阿南姫は病となり、亡くなっています。享年62。
阿南姫の墓所は須賀川の長禄寺になります。

会津には蒲生氏が復帰しますが、その後、加藤嘉明の時代に、須賀川城は廃城になったようです。
須賀川城は、もちろん、城域は、かなり広かったようです。

須賀川城

下記写真になる長松院の墓地付近が、須賀川城の本丸だった可能性もあります。

須賀川城

日本三大火祭の一つ「松明あかし」(たいまつ-あかし)と言う火祭りが開催されているようですが、須賀川城の戦いにて、命を落とした、多くの人々を弔うために、毎年、行われているようです。

須賀川城の戦いで籠城した武将一覧

執政・須田盛秀

家臣
塩田右近大夫政繁、遠藤内蔵頭、遠藤右近大夫、遠藤弥右衛門、佐久間主殿介、佐久間弥右衛門、内山右馬丞、大原内匠介、飯村六郎左衛門、青木次郎兵衛、須田内蔵丞、大槻与一郎、桐生玄蕃友国、桐生若狭守、黒月与右衛門、青木源四郎、服部伊豆守秀正、吉成監物、吉成玄蕃、日照田大学、田中兵庫、須田左近大夫、遠藤万力正勝、前田川信濃守、須田美濃守盛秀、子息須田源一郎秀広、矢部主膳、遠藤左馬介、円谷与三左衛門、円谷右馬丞、鹿島彦八郎、須田大蔵、江持近江守、須田源蔵、高久田義兼、矢部紀伊守、須田織部、須田彦三郎、飯土用半次郎、鏡沼大膳、浜尾藤一郎、矢部源五郎、小原田内膳、滑川藤十郎、山寺淡路守、鈴木帯刀、子息鈴木八郎、小川和泉守、子息小川彦太郎

二階堂家の旗本衆
浜尾三河守、子息浜尾内蔵助、その弟浜尾孫十郎、浜尾筑後守、子息浜尾内匠、浜尾志摩守、子息浜尾内記允、その弟浜尾弥兵衛、その弟浜尾内匠助、遠藤雅楽頭勝重、子息遠藤彦一郎、遠藤壱岐守、矢部伊豫守、矢部掃部助、子息矢部織部、朝日伊勢守、子息朝日万七郎、大波越後守、大波石見守、子息大波新四郎、薄井源左衛門、薄井弥十郎、内田肥前守、高林右衛門、荒木田清右衛門、大寺宮内大輔、大寺雅楽丞、飯土用七兵衛、泉田将監、その弟泉田左近、横沢内膳、熊沢四郎右衛門、熊沢介左衛門、長沼彦左衛門宗教、忍藤兵衛、その弟忍羽右衛門、岩崎藤十郎、伊土井藤内、白葉因幡守、大賀大学秀教、箭内助右衛門、鈴木太郎右衛門、子息鈴木彦八郎、鈴木六郎右衛門、鈴木太郎左衛門、子息鈴木孫七郎、小川内蔵丞、子息小川弥三郎、今泉伊豆守、石井大学俊春、須田主膳、須田右近、徳善院、光明院(浜尾讃岐守栄俊)、小野寺下記、矢部右馬丞、矢部蔵人丞、須田掃部介、西牧甚四郎、玉名与次右衛門、宮崎内記、片寄新蔵人、早原彦右衛門、根本左馬丞、箭内雅楽介、佐藤主水、太田与三左衛門、太田監物、塚原次郎右衛門、中村助七郎秀治、味戸助兵衛、佐久間十右衛門、藍原太郎左衛門、橋本藤右衛門、志賀杢助、石井彦右衛門、舞木助右衛門、吉田彦十郎、磯部孫右衛門、磯部与十郎、船田次郎左衛門、車田平右衛門、三瓶太郎左衛門、小林弥八郎久忠、阿久津与八郎、下枝掃部、木田新次郎、木田又右衛門、大橋掃部、五市隼人、佐藤助七郎、佐藤雅楽丞、梅宮源七郎、沙茂孫十郎、花川藤左衛門、影山与惣六郎、影山長三郎、影山又一郎、高橋菊阿弥、高橋右衛門、坂地五郎右衛門光方、柳沼与六左衛門正賢、常松義盛(常松縫殿介義盛)など

交通アクセス

JR須賀川駅から歩くと、1.4km、徒歩20分といったところです。
レンタサイクル(貸自転車)ではありませんが、須賀川駅前広場からは、シェアサイクルも利用できますので、とても便利です。
ただし、シェアサイクルですので、事前に、スマホ・アプリで登録などの作業が必要です。





駐車場は、安いコインパーキングが近くあったので、利用させて頂きました。
有料駐車場の場所などは、当方のオリジナル東北地図にて、ポイントしております。
スマホで表示して、目的地としてタップし「ナビ開始」にすれば、カーナビ代わりにもなります。
自動車用、歩行用でも、ナビとしてお使い頂けます。

もちろん、岩瀬山城とセットでどうぞ。

岩瀬山城のちょこっと解説~須賀川を見下ろす平山城
白河小峰城の解説【日本100名城】失敗したので失敗しない訪問方法など
二階堂行政の解説(わかりやすく2分で)~工藤氏の一族である高級官僚
陸奥・守山城の解説「田村庄司の乱」平安時代から戦国時代までの歴史を持つ郡山の城跡
阿南姫~二階堂家の須賀川城主となった戦国時代の姫
猪苗代城の解説【猪苗代盛国】蘆名氏一族の争いが猪苗代湖畔で
佐竹義宣 なんとか戦国時代を乗り切った律義者の世渡り
高久田館 (陸奥・鹿島館)「南高久田館」二階堂氏の家臣・高久田氏などのちょこっと歴史解説





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

只今人気のお城

城めぐり 2400城超えました

城めぐり
PAGE TOP