静岡県

横地城の解説~450年続いた名門も横地秀国のとき滅亡する

横地城




横地城とは

横地城(よこち-じょう)は、静岡県菊川市東横地にある山城で、標高は約100m、比高80mほどになります。
横地氏城館跡は、牧の原台地の南西端に位置し、谷部と丘陵部を利用した天然の要害です。

横地城

別名は、金寿城(きんす-じょう)、横地氏城館と言いますが、明確に大規模な遺構が残っていることから、菊川城館遺跡群(高田大屋敷遺跡・横地氏城館跡)として、国の史跡に指定されています。
横地氏の初代は、平安時代末期の横地家永(横地太郎家永、1052年~1126年)とされ、一説では、源頼義の子である源義家(八幡太郎義家)の落し子と言います。
なんでも、源義家が、永承6年(1051年)、奥州で発生した、前九年の役に、出陣した際に、見付(磐田市)にて大雨にあい、20日ほど逗留したと言います。
その時、相良荘司・藤原維頼(藤原光頼とも?)の娘が、源義家の世話をして、寵愛を受け、のち男子を出んだのが、横地家永とされます。
となると、相良(さがら)の領地の一部が、横地であり、その男子が横地に入って、横地家永と称した可能性もあるでしょう。
横地家長の子・横地頼長は本家を継いで2代目となり、次男は勝間田次郎と名乗り、榛原郡勝田庄に居館を構えました。
こうして、横地氏と勝間田氏は、源氏の同じ一族として、戦国時代まで続くことになります。





3代の横地長宗(横地太郎長宗)は、保元の乱の際に、後白河天皇方に味方して活躍しました。
4代、横地長重(横地太郎長重)は、源義経に味方して、壇ノ浦の戦いなど、平氏滅亡に貢献しています。
5代の横地長直(横地太郎長直)は、鎌倉幕府の御家人として、京都御所にて警護などに当たったようです。
6代、横地師重(横地太郎師重)は、弓の名手とされ、鎌倉・鶴岡八幡宮の弓始儀式なども担当しました。
7代の横地師長(横地太郎師長)は、従五位下、山城守として見られ、反幕謀反に勲功

横地城

8代、横地長国(横地太郎長国)の頃は、足利尊氏の倒幕軍に加わっていたようで、赤坂城の戦いや、笠置城攻めなどで武功を挙げました。
9代の横地長則(横地太郎長則)は、南朝に味方した、井伊城(三岳城)を攻めています。
10代、横地家長(横地太郎家長)は、九州探題・今川了俊に従って、南朝の菊池氏と戦いましたが討死したようです。
11代になった横地長豊(横地太郎長豊)は、横地遠江守として見られ、室町幕府将軍の御供衆となり、京都に滞在したようで、上杉禅秀の乱にも参じています。
12代、横地長泰(横地太郎長泰)は、足利持氏討伐の永享の乱にて、箱根・水呑の戦いの際に、討死しました。
13代の横地長秀(横地太郎長秀)も、将軍の御供衆として、足利義政に仕えましたが、応仁の乱で痛い敗北を喫し、勢力を弱めました。
14代となった、横地秀国(横地太郎秀国)は、駿河守護・今川義忠に従っていました。
しかし、今川義忠が、磐田の見付城を攻略するなど、遠江への進出をはじめるようになり、危機感を抱いた横地秀国は、一族の勝間田城主・勝間田修理亮と共に、遠江守護・斯波義廉に寝返りました。
そのため、1476年(文明8年)、横岡城などと共に、勝間田城と横地城(金寿城)は、今川義忠の攻撃を受けて落城しています。





ただし、横地城の横地氏と勝間田氏の残党は、遠江小笠郡塩買坂(静岡県菊川市)の塩買坂での戦いにて、今川義忠を襲撃しました。
馬上にいた今川義忠は、流れ矢に当たって討死し、僅か4歳の今川氏親が跡取りだったため、今川家では家督争いとなりました。
そして、今川氏親の母は、北川殿と言い、弟・伊勢盛時を、駿河に呼んで、家督争いを有利に進めます。
こうして、今川家にて活躍した伊勢盛時は、興国寺城を与えられ、伊豆に進出したのち、小田原城にて独立を果たし「北条早雲」として知られたのです。

横地城

落城の際、2歳だった横地元国(横地太郎元国)は、乳母と供に民家に隠れて、甲斐源氏の流れをくむ武田信虎を頼って、甲斐に赴いたようです。
二俣城主だった二俣昌長や松井信薫らが、横地元国を擁して主家再興を計りましたが、お家再興には、至りませんでした。
ただし、武田氏滅亡後、子孫は、徳川家康の旗本になり、明治を迎えたようです。
なお、重臣だった、福井氏、坪井氏、鈴木氏は、横地に残っていたようです。
16代目を継いだ、横地藤丸(横地渋谷介)は、横地に戻って帰農したようで、先祖代々の地には、戻れた模様です。

横地城

散策するには、なかなか、おもしろそうな城跡でして、東の城(本丸・金寿丸)は遺構が良好に残っているそうですが、予定外の訪問だったため、遠景撮影だけ行い、遠江・諏訪原城へ向かいました。
桜の名所にもなっているようで、毎年4月上旬には「桜まつり」が開催されるとの事です。





交通アクセス

横地城への行き方・交通アクセスですが、JR東海道本線・菊川駅から、タクシーで15分となります。
横瀬神社の駐車場、一騎駆の西側にも駐車場があるなど、3箇所以上あるようですので、当方のオリジナル地図でも、一部の駐車場をポイントしておきます。

勝間田城の解説~茶畑が広がる勝間田修理亮の本拠地
諏訪原城(諏訪之原城、牧野城)【続日本100名城】武田家築城・今川氏真城番・徳川家
横岡城の解説~大井川沿いにあった鶴見因幡守栄寿の居城
遠江・相良城の解説~3重櫓もあった遠江の壮大な城跡(相良藩)
高天神城(鶴舞城)の解説 徳川と武田の攻防最前線の城【続日本100名城】
城めぐりにも便利なオリジナル関東地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 箕冠城
  2. 朽木城(朽木陣屋)
  3. 土岐高山城(美濃・高山城)
  4. 大友氏館(大分) 
  5. 日向・淡路城
  6. 下総・花輪城
  7. 横岡城
  8. 茅ヶ崎城
  9. 大可島城
  10. 墨俣城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP