静岡県

横岡城の解説~大井川沿いにあった鶴見因幡守栄寿の居城

横岡城




横岡城とは

横岡城(よこおかじょう) は、静岡県島田市字城之壇にある平山城で、別名は、志戸呂城、鶴見城、宇田城とも言います。
標高は120m、比高は30m~40mほどになります。
最初の築城としては、室町時代後期に、鶴見栄寿(鶴見因幡守栄寿)が、城之壇と呼ばれる大井川西岸の河岸段丘上に築いたようです。

横岡城

応永年間(1394年~1428年)の頃、遠州36六人衆のひとりである鶴見氏は、3代にわたり、掛川の鶴見氏館が、本拠だったようで、今川範氏に従っていました。
そして、斯波氏が遠江守護となると、応仁・文明の乱では、斯波義廉に寝返っており、掛川から横岡城へ移ったようです。
鶴見栄寿は、勝間田城の勝間田播磨守と共に、今川氏に属していた、松葉城主・河合蔵人成信(河井蔵人成信)を攻め滅ぼしたともあります。
そのため、今川氏親は、明応五年(1496年)に、斯波義廉へ反撃に出ると、横岡城の鶴見因幡守栄寿(つるみいんばのかみひさとし)と、勝間田城の勝間田播磨守を、攻撃しました。
今川氏親は、対岸の相賀村に「偽旗」立てて、陣を敷いたように見せかけ、横岡城の背後から、急襲したとされています。
<注釈> 落城年は、再検討する必要性があります。

長男・鶴見大蔵は、家臣に連れられて脱出し、一旦、大井川上流に逃れたようです。
その後、島田・天徳寺にて修行僧となり、その後、横岡の観勝寺の住職として、第3世・在仙太存大和尚(ざいせんたいそんだいおしょう)になりました。





横岡城の「鬼門除け」として建立した横岡八幡神社が、麓に、今でもあります。
ただ、今川家に敗れると、廃城となったようで、城跡の多くは茶畑になっている模様です。

なお、豊臣秀吉小田原攻めのあと、徳川家康が江戸城に移封となり、駿府城に入った中村一氏と、掛川城山内一豊は、大井川の治水対策を行いました。
それまで、大井川は、諏訪原城の直下を流れていたようですが、牛尾山の東側を開削して、大井川の流れを、金谷の街の東側に、変えたようです。

あまり、良い写真が撮影できなかったのですが、城跡は私有地でもあることから、勝手な立入りは自粛致しまして、遠景撮影だけに留めました。

交通アクセス

横岡城への行き方ですが、大井川鉄道・大井川本線の門出駅から、徒歩約20分くらいの距離です。

諏訪原城(諏訪之原城、牧野城)【続日本100名城】武田家築城・今川氏真城番・徳川家
遠江・小山城 武田と徳川がしのぎを削った小山城の戦い
小長谷城(小長井城)の解説~大井川の千頭にある城跡
横地城の解説~450年続いた名門も横地秀国のとき滅亡する
日本左衛門の解説~盗賊としては日本初の指名手配になった頭領「宅円庵の日本左衛門首塚」
城めぐりにも便利なオリジナル関東地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 相木城
  2. 宇屋谷城
  3. 因島水軍城
  4. 近江・木村城(北村城)
  5. 美濃・明知城
  6. 米沢城
  7. 出羽・湊城
  8. 武蔵・小田野城
  9. 二条城
  10. 堀内新宮城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP