静岡県

駿河・朝日山城の解説~今川家の重臣「岡部氏」の本拠地

駿河・朝日山城




駿河・朝日山城とは

駿河・朝日山城は、静岡県藤枝市仮宿字堤ノ坪の牛伏山にある山城で、標高は100m、比高80mです。
別名は岡部城と言い、この地「岡部郷」は、岡部氏(おかべし)の本拠地でした。

駿河・朝日山城

岡部氏は、藤原南家工藤氏・工藤為憲の流れ、乙麿の後裔である入江清綱が「岡辺権守」となって、平安時代末期に地頭として岡部に赴任し、子は岡部泰綱(おかべ-やすつな)と称しました。

山城の東の方向へと、少し離れたたんぼの中に、岡部氏居館跡がありますので、駿河・朝日山城は、詰の城と考えてよいでしょう。
ただ、築城年代は、詳しい発掘調査が行われていないため、不明です。
南には、支城として「潮城」があったとされますが、国道1号藤枝バイパスの道路により、遺構は失われています。
また、朝日山城と言うと、日本全国に同名の城跡が点在しますので、混同しないように注意が必要です。





岡部氏の子孫は、駿河守護となった今川家の重臣となりました。
ただ、岡部氏の系譜は複雑で、系統などは、よくわからないところがあります。
今川氏輝の側近だった岡部親綱は、今川氏輝の死後、家督争いとなった「花倉の乱」で、栴岳承芳(今川義元)に味方し、方ノ上城・花倉城(葉梨城)を攻略しています。
その子・岡部元信(おかべ-もとのぶ)は、朝比奈信置、孕石元泰らと活躍し、今川家の遠江と三河平定に大きく貢献しました。
武田信玄が、駿府を攻撃し、今川氏真掛川城に逃げて、今川家が滅亡した際には、同族の岡部正綱が、駿府にて武田勢に抵抗を続けました。
そのため、武田信玄は、岡部正綱を高く評価し、武田の家臣として迎えています。
この縁もあり、今川氏真と小田原城に逃れた岡部元信も、しばらくして、武田信玄に仕え、主に武田水軍を担ったようです。

駿河・朝日山城

土屋昌恒の父・土屋貞綱も、岡部一族であり、1569年に、武田信玄が土屋姓を与えたものとなります。
特に、武田勝頼の時代に、遠江・高天神城が、いよいよ徳川家康によって、陥落する際、実質的に岡部元信が、武田勢の籠城指揮を執りました。
岡部元信は、徳川勢に対して、最後の突撃を敢行し、華々しく、討死しています。
同族の岡部正綱は、岡部元信の討死後、徳川家康に仕えて活躍し、その子・岡部長盛は、丹波・亀山主、丹波・福知山城主、美濃・大垣城主になっています。
岡部家は6万石にて岸和田城に移り、岸和田藩の岡部家が生まれています。

さて、駿河・朝日山城への登城ですが、駐車場から朝日山稲荷神社の参道を登り、稲荷神社がある場所が、二の丸のようです。

駿河・朝日山城

本堂脇に案内板があるとの事です。
神社の背後が本郭で、その本郭を囲むように、土塁もあるようですが、今回、時間がなく、駐車場だけ立ち寄り、次の目的地である、駿河・今川氏館へ向かいました。





交通アクセス

駿河・朝日山城への行き方ですが、JR東海道本線・西焼津駅からタクシーで16分となります。
クルマの場合、10台ほどの駐車場かありますので、当方のオリジナル地図にて、ポイントしておきます。
現在、新東名の藤枝岡部ICに繋がる、バイパスがあり、その側道の脇に、駐車場があると言う感じですので、カーナビ必須と言えます。

駿河・今川氏館の解説~藤枝にあった初代の駿河・今川氏の館跡
駿河・大津城(駿河・野田城)の解説~佐竹兵庫助と藁科氏
駿河・田中城~武田家が改修した武田氏流城郭・依田信蕃
高天神城(鶴舞城)の解説 徳川と武田の攻防最前線の城【続日本100名城】
忠義の士である岡部元信と岡部正綱とは~出世した岡部長盛も
最後の最後まで武田勝頼に仕えた土屋昌恒
駿河・石脇城の解説~北条早雲が駿河で出世して行く居城
城めぐりにも便利なオリジナル関東地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 尾張・末森城
  2. 塩見城
  3. 亀居城
  4. 米沢城
  5. 難波田城
  6. 穆佐城
  7. 武蔵・愛宕山城
  8. 諏訪原城
  9. 陸奥・根城
  10. 名古屋城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP