静岡県

駿河・大津城(駿河・野田城)の解説~佐竹兵庫助と藁科氏

駿河・大津城(駿河・野田城)




駿河・大津城(駿河・野田城)

駿河・野田城(のだ-じょう)は、別名を、駿河・大津城(おおつ-じょう)と言う山城で、静岡県島田市野田にあります。
標高は約150m、比高95mほどのようです。

駿河・野田城

野田城と言いますと、武田家と徳川家が争った、お隣の遠江・野田城が有名なため、この島田市の野田城とは、隣の県のため、非常に混同しやすいです。
大津城も、近江にあるため、判別がわかりにくいのですが、ハッキリと場所も違うため、ここでは駿河・大津城として、ご紹介してみたいと存じます。
ただし、最初に申し上げておきますが、駿河・大津城が、この駿河・野田城の場所にあったと言うのは、推定と言う事になりますので、念のため、付け加えさせて頂きます。





南北朝時代の観応2年(1351年)、室町幕府を開いた足利尊氏が、弟・足利直義と対立します。
その頃、足利直義に味方した、元・駿河守護代の石塔義房(いしどう-よしふさ)の家人である佐竹兵庫助、中山三郎左衛門尉らが駿府を占拠します。
足利尊氏は、駿河守護に今川範国を任じていましたが、敗れたと言う事になります。
しかし、今川範国と駿河・伊達氏の伊達景宗の軍勢が反撃にでて、観応3年(1352年)9月8日、佐竹兵庫助、中山三郎左衛門尉らが籠った、駿河・安部城を、陥落させました。
中賀野掃部助・入江駿河守らは久能寺城へと逃れ、佐竹兵庫助と藁科氏(わらしな-し)は、大津郷(島田市)に移って、駿河・大津城を築城したとされます。

駿河・大津城

ただし、駿河・今川氏の初代当主である今川範氏と伊達景宗(伊達藤三景宗)は、駿河・大津城を16日以上かけて攻め続け、ついに落城させたとあります。

こうして、今川範国が家督を子の今川範氏に譲ると、今川氏は、遠江・府中(引間荘)から葉梨荘へ移り、駿河の拠点ととして今川氏館と、詰城として駿河・花倉城を築きました。
駿河・伊達氏は、山名庄諸井郷を本領としています。

駿河・大津城の場所に関しては「駿河伊達文書」に記載があり、ずっと今川範氏の菩提寺がある慶寿院の付近が、大津城跡と考えられていました。
しかし、最近の研究では、江戸時代末期の「駿河志料」にある「野田の城山」が、駿河・大津城だとするのが、妥当と言えるようです。





その後、戦国時代には、武田家の家臣・初鹿野氏(はじかのし)の一族と考えられる、初鹿傳右衛門が城主だったようで、武田流に改良も加えられた模様です。

交通アクセス

駿河・大津城(駿河・野田城)への行き方ですが、JR東海道線の島田駅より徒歩約40分で麓です。
今回は、予定外の訪問だったため、遠景撮影に留めました。

駿河・今川氏館の解説~藤枝にあった初代の駿河・今川氏の館跡
横岡城の解説~大井川沿いにあった鶴見因幡守栄寿の居城
諏訪原城(諏訪之原城、牧野城)【続日本100名城】武田家築城・今川氏真城番・徳川家
遠江・小山城 武田と徳川がしのぎを削った小山城の戦い
日本左衛門の解説~盗賊としては日本初の指名手配になった頭領「宅円庵の日本左衛門首塚」
城めぐりにも便利なオリジナル関東地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 沼田城
  2. 新善光寺城
  3. 鉢形城
  4. 伊賀・阿保城
  5. 真田丸
  6. 越後・平林城
  7. 宇屋谷城
  8. 白地城
  9. 相模・田代城
  10. 茶臼山(摂津・大塚城)

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP