神奈川県

相模・厚木城 (厚木館) 厚木氏の館跡

相模・厚木城 (厚木館)




相模・厚木城(あつぎ-じょう)は、神奈川県厚木市旭町2丁目にある平城(館跡)で、厚木館・厚木氏館とも言います。
厚木は市街地開発が進んでいるため、正確な城跡は不明ですが、旭町2丁目にある智音神社が、厚木館跡ともされます。
遺構は残されていませんが、ご紹介してみます。

厚木氏は、戦国時代に下野宇都宮氏の家臣で真岡城主・芳賀高経の家来だった、芳賀一族の芳賀高義の3男・芳賀朝高が、下野・厚木城である厚木氏の租とされます。
主君・芳賀高経が、壬生綱房の対立からか、従っていた宇都宮城主である宇都宮興綱から離反しようとします。
恐らくは1540年前後のあたりの話かと推測されます。
この時、厚木朝高(あつぎ-ともたか)は、謀反を起こさないよう、説得したそうですが、失敗したため出奔したと言います。
そして、小田原城の北条氏を頼ったようで、与えられた領地が、相模・厚木城と言う事らしいです。
厚木朝高は、その後、結城晴朝に従って、下野・厚木城に復帰するも、水谷勝俊の攻撃を受けて没落したとあります。





ただ、下野・厚木城から相模にやってきて、相模・厚木城主になったと言う話は、あまりにも、出来すぎのように感じます。
あつぎと言う地名の初見は、1338年に、夢窓疎石が、足利尊氏の重臣・高師直にあてた書状の中に「相州厚木郷」とあります。
要するに、戦国時代より前から、厚木郷はあった可能性が高い訳です。
下野の厚木から北条家に仕官したから、相模・厚木を与えられたと言うのは、話がうますぎるように感じます。

1440年、結城合戦で結城勢として討死した厚木掃部介と言う武将がいます。
厚木掃部介(あつぎ-かもんのすけ)は、厚木郷を知行していたともされます。
結城合戦は、室町幕府と関東諸豪族との戦いですので、相模から参じたことは、充分にあり得ます。
この系統から考えますと、繋がっているとは確証が全くないですが、平安時代中期に、平忠輔が厚木の領主だったともされます。
平忠輔は、平良文の子ですが、早くに死去したようで、弟・平忠光が養子となって「嫡流」として家督を継いだようです。
父とされる平良文(たいら の よしふみ)は、923年に、醍醐天皇から「相模国の賊を討伐せよ」との勅令を受けて、相模?・村岡城に入ったともされます。
厚木館主だったとも考えられる、長男・平忠輔は早世しました。
しかし、平将門の娘・春姫を正室とした3男・平忠頼からは、千葉氏、上総氏、秩父氏、河越氏、江戸氏、渋谷氏など、5男・平忠光からは三浦氏、梶原氏、長江氏、鎌倉氏、大庭氏、長尾氏、安積氏など、のち鎌倉幕府成立に尽力する、平氏である関東の武家・坂東平氏となりました。
このように、相模・武蔵のほとんどを領したと推測されることから、平忠輔のあと相続した弟・平忠光の系統(一族など)が「厚木氏」として、残った可能性は考えられます。
平忠光の子・平忠通(たいら の ただみち)/村岡忠通は、相模・村岡城主であり、三浦氏・鎌倉氏の祖です。





これら平安時代の実情を考えますと、平安時代末期には横山党小野氏が進出しているため、逆に、平安時代の厚木郷に厚木氏がいたとした場合、その一族が、下野に領地を得ていて、厚木氏の血脈を繋いでいた可能性もあるでしょう。
厚木氏の宗家とも言えるのが、厚木掃部介だったのかも知れません。
そうなると、分家の厚木朝高は、相模にやってきて、もともといた宗家筋である相模・厚木氏の世話を受けたとも推測できます。
江戸時代後期には、下野・烏山藩の飛び地が、相模・厚木であり、厚木陣屋が、厚木神社付近に置かれたようです。

厚木館跡とされる智音神社(ちおんじんじゃ)は、もとは「智音寺」と言う寺で、戦国時代の天正年間(1573年~1593年)に開山しました。

相模・厚木城

徳川家康が江戸城に入ると、1591年、寺領3石の御朱印状を受け、牛頭天王社(厚木神社)の別当寺(管理担当)を務めていました。
智音神社の墓地の奥にある小さな御堂には、五輪塔2基があり、那須与一の墓ともされます。
ただし、城郭大系によると、延文年間(1356年〜1361年)と、貞治年間(1362年〜1368年)の年号が刻まれているようですので、これこそ、厚木氏の墓かも知れません。

寺から神社になった経緯は、明治元年に、天皇の神権的権威を高めるため「神仏分離」(しんぶつぶんり)と言って、寺院は、神社になるか?、寺になるか?のどちらかの選択を迫られた際に、智音寺は「廃寺」になる道を選択しました。
そのため、広い敷地(境内とも言える)には、個人の墓だけが、たくさん残された模様でして、神式葬祭場にはなっていたようです。
その後、神式葬祭場が、智音神社に発展したと言う事になり、墓地もそのままあるのです。

例えばですが、大山(おおやま)に阿夫利神社がありますが、もともとは、大山寺の不動堂でした。
しかし、明治の神仏分離によって、不動堂は破却され、新しく阿夫利神社・下社となり、大山祇大神(オオヤマツミ)を祀りました。
そのあと、現在、大山寺がある場所に、不動堂(本堂)が再建されていると言う事になります。





厚木城(厚木館)への交通アクセス・行き方ですが、小田急線の本厚木駅から徒歩5分ほどの場所になります。
駐車場は、門から入ったところに、止められそうですが、門の幅も狭いことから断念して、有料Pに止めてから訪問しました。
当方のオリジナル関東地図にて、入口をポイントしておきますが、道路は結構、狭いです。

海老名氏館 相模で歴史を誇る有鹿神社
毛利季光とは【戦国大名・毛利家の祖】すなわち長州藩主の祖
相模・高木清秀屋敷 徳川家康も立ち寄った海老名の屋敷跡
関東のお城や史跡などの訪問に便利な地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 河村館跡(土佐屋敷跡)
  2. 宿蘆寺
  3. 柏原陣屋
  4. 和泉・高井城
  5. 槇山城(東郷城)
  6. 加賀・堅田城
  7. 成瀬城
  8. 相模・小松城
  9. 須崎城
  10. 陸奥・高舘

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP