神奈川県

相模・高木清秀屋敷 徳川家康も立ち寄った海老名の屋敷跡

高木清秀屋敷




高木清秀屋敷(たかぎきよひで-やしき)は、神奈川県海老名市中新田西屋敷にある平城(屋敷跡)になります。
最初の築城としては、1590年、小田原攻めのあと、徳川家康が関東入封して江戸城に入ると、家臣団も関東に移ります。
このとき、徳川十六神将に数えられる高木清秀(高木主水正清秀)は、相模・武蔵・上総に合計5000石を与えられました。
1594年、高齢を理由に、高木家の家督を3男・高城正次に譲ります。
このとき、高木清秀が隠居したのが海老名郷と言う事になります。





1610年、高木清秀は死去しますが、その後、1620年に、高木正次は、海老名・諏訪神社を建造しました。
トップ写真は諏訪神社になりますが、写真ではこの神社の後ろ側(地図では西側)一帯に、相模・高木清秀屋敷があったとされます。

江戸時代に入り、徳川家康は鷹狩りの際に2度にわたり、海老名の高木屋敷に立ち寄り、休憩した記録も残っています。

なお、江戸時代、海老名の地頭は大島氏で、東には大島屋敷が残っていた可能性もあるでしょう。

1623年、高木正次は、河内・丹南藩1万石の大名となり、相模を離れた模様です。

なお、愛知県安城市に、相模に移住する前の本拠地として高木城があり、安城の屋敷跡を高木清秀屋敷とするケースもあるようですので、混同しないように注意が必要です。

行き方・交通アクセスですが、小田急線・JR相模線の厚木駅から徒歩10分程の距離になります。
駐車場はありません。

高木清秀とは 水野信元に従い武勇を馳せた徳川十六神将
大島屋敷(大島正時屋敷) 海老名の領主になった里見氏の家臣
海老名氏館 相模で歴史を誇る有鹿神社
旧今福家住宅 今福薬医門公園【海老名・今福氏】
武蔵・榎下城 宅間上杉家が支配していた横浜の古城
訪問しておきたい神奈川県の城郭・寺院・古戦場など一覧リスト





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 蟹江城
  2. 城生城
  3. 土佐・中村城
  4. 弘前城
  5. 増島城
  6. 信濃・愛宕城
  7. 金川城(玉松城) 
  8. 大多喜城
  9. 小丸城
  10. 陸奥・米内館

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP