岐阜県

美濃・金山城(兼山城) (続日本100名城) 斎藤正義も

美濃・金山城(兼山城)

美濃・金山城(かねやま-じょう)は、岐阜県可児市兼山にある標高277mの古城山に築かれた山城で、比高は160mとなかなか堅固です。
国指定史跡になっているほか、続日本100名城にも選ばれました。
戦国時代には兼山城と書くことが多いですが、他の別名としては、鳥峰城、鳥ヶ峰城とあります。
山頂には天守台があり、本丸、二の丸、三の丸、南腰曲輪、西腰曲輪など連郭式に配置されています。





最初の築城は戦国時代とされ、1537年、稲葉山城主・斎藤道三の命にて近隣の14諸将が築城し、斎藤正義が2000の兵と入ると烏峰城と命名されて、東美濃への足掛かりとなりました。

斎藤正義(さいとう-よしまさ)と言う武将は、関白・近衛稙家の子ですが、身分が低い女性が産んだようで、比叡山にて僧侶となっていました。
その時、従っていた家来・瀬田左京の姉が、斎藤道三の愛妾となった縁で、斎藤正義は斎藤道三の養子になったと言う事になります。

1532年、斎藤正義は16歳で元服し初陣を飾ると、土岐頼純と戦っています。
そして、1538年(天文7年)に斎藤正義は美濃・金山城に入り、自ら大納言を称しました。

しかし、斎藤正義は、養父・斎藤道三の言う事を聞かなくなったようで、1548年2月、久々利城主・久々利頼興に館へ招かれると暗殺されました。享年33歳。
麓の浄音寺に斎藤正義の墓があります。

斎藤正義の墓

烏峰城(美濃・金山城)では、斎藤正義の配下の者が籠城したようですが、久々利頼興が攻撃して陥落させました。
そして、美濃・金山城には、久々利氏の一族・土岐十郎左衛門が入っています

美濃・金山城

1565年、織田信長が東美濃に侵攻すると、森可成が城主となって、美濃・兼山城と改称しました。
森可成は、1568年、織田信長が上洛した際には、柴田勝家らと蜂屋頼隆、坂井政尚らと、三好三人衆の岩成友通が抵抗した勝竜寺城の戦いに勝利し、近江・宇佐山城に移りました。

兼山城

しかし、1570年に、浅井長政朝倉義景の連合軍が近江・宇佐山城を攻め、宇佐山城の戦いとなっています。
家臣の各務元正、肥田直勝などが奮戦し、宇佐山城は守り抜きましたが、織田信長の弟・織田信治、青地茂綱と共に森可成は討死しました。享年48。

美濃・金山城(兼山城)

その後、次男・森長可が家督を継ぎ、美濃・兼山城主となり、槇島城の戦い、長篠の戦い、美濃・岩村城の戦い、三木城の戦いなどで活躍しました。
また、森長可は、城下町を区画整理し、六斎市の開催など産業振興にも努めています。
1582年、甲斐攻めにおいては、団忠正と活躍し、信濃・松尾城の小笠原信嶺を降伏させ、信濃・飯田城の保科正直を敗走させ、高遠城の戦いでも戦功がありました。

美濃・金山城

この功績により、20万石となって海津城を与えられると本拠を移し、抵抗を続けた飯山城稲葉貞通を攻略しています。
美濃・兼山城は、森成利、すなわち森蘭丸に5万石で与えたようですが、織田信長の命だった可能性もあります。

美濃・金山城

そして、柴田勝家が越中・魚津城を攻めている隙を突いて、上杉景勝春日山城に肉薄したところ、明智光秀本能寺の変を起こします。
本能寺では、弟・森蘭丸などが、織田信長と運命を共にしました。

美濃・金山城

また、森長可に新しく従っていた信濃の国衆らは出浦盛清以外、ほとんど寝返り、森氏は大ピンチとなりました。
しかし、人質の妻子らを連れて、木曽・福島城経由でなんとか、金山城に戻っています。

美濃・金山城からの展望

ところが、美濃でもの肥田忠政・久々利頼興らが裏切、小里光明妻木頼忠遠山友忠・斎藤利堯らも敵対してきたとこから、森長可は、各個別に攻略していきました。
また、1583年1月には、斎藤正義の孫・加木屋正則を動かして、金山城の杉が洞口にて久々利頼興を討ち果たし、仇(かたき)を取らせる形で排除しました。

美濃・金山城からの展望

その結果、根本城の若尾元昌、土岐高山城の平井光村、妻木城の妻木頼忠らは戦わずして恭順を示しています。
更には、苗木城の遠山友忠を攻略するなど、勢力を挽回しています。
しかし、1584年、小牧・長久手の戦いにて、徳川勢の井伊直政と戦って森長可は討死し、森可成の六男・森忠政があとを継ぎ、美濃・金山城主を務めました。

美濃・金山城(兼山城)

天守としては、2重2階層塔型の櫓があったようですが、別に小天守もあった模様です。

美濃・金山城(兼山城)

1600年、関ヶ原の戦いの前に、森忠政は川中島・海津城に13万7500石で移ったため、美濃・金山城は廃城になったようです。
そして、金山城の天守櫓と家臣・長屋の古材などは、兼山湊から木曽川の水運で運ばれ、石川貞清犬山城が改修されたようです。

なお、浄音寺の山門は、金山城の裏城戸門を移築したものとされます。

金山城の裏城戸門

美濃・金山城への交通アクセス・行き方ですが、電車の場合、かなり不便です。
明智駅からYAOバス(やおバス)の八百津方面に乗車し、城戸坂バス停にて下車して徒歩約3分で登城口となります。
クルマの場合には、無料駐車場もいくつかあり、訪問するのは便利ですが、道路は狭いので運転にはご注意願います。
本丸に一番近い駐車場の場所は、当方のオリジナル地図にてポイントしておきます。





そこから美濃・金山城(兼山城)の見学所要時間は30分ほどと言う感じです。
麓からじっくり見学しますと、もっと時間を要します。
そうそう、斜面ではイノシシが歩いていました。

美濃・金山城(兼山城)

続100名城のスタンプがある場所は、可児市観光交流館になります。
お城の来場記念の御朱印も可能なようです。

可児市戦国山城ミュージアムなどもセットでどうぞ。

森長可~武勇から「鬼武蔵」と称され槍術が得意だった武将
苗木城 景色もバツグン見どころ満載の続日本100名城
土岐高山城(美濃・高山城) 平井光行・平井頼母
妻木城 妻木頼忠は明智一族として戦国の世を生き残る
御嵩城 小栗重則と小栗教久 御嵩城の戦い
明智長山城(美濃・明智城) 明智氏の本拠地 歴史と駐車場など
久々利城 久々利頼興 土岐悪五郎康貞が築いた城

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
美濃
著者コメント
駐車場が低いところ、中間、最上と約3箇所あります。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 荻町城 荻町城 白川郷の城跡 山下氏勝と「おその」の逸話も
  2. 飛騨・八幡山城 飛騨・八幡山城 神岡の古い城跡
  3. 御嵩城 御嵩城 小栗重則と小栗教久 御嵩城の戦い
  4. 飛騨・尾崎城 飛騨・尾崎城 塩屋秋貞における飛騨の本拠地
  5. 土岐高山城(美濃・高山城) 土岐高山城(美濃・高山城) 平井光行・平井頼母
  6. 鍋山城 鍋山城 築城した鍋山安室と小峯の方
  7. 明智長山城(美濃・明智城) 明智長山城(美濃・明智城) 明智氏の本拠地 歴史と駐車場など
  8. 飛騨・高山城 飛騨・高山城 戦国時代に日本で5つの指に入った立派な城跡

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 下社城
  2. 越前・府中城
  3. 大光寺城
  4. 室賀城
  5. 常陸・久慈城
  6. 砕導山城
  7. 朽木城(朽木陣屋)
  8. 紀伊・湯浅城
  9. 積善寺城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP