京都府

加悦城(有吉城・安良山城) 石川直経

加悦城(有吉城)




丹後・有吉城は京都府与謝野町にある山城ですが、加悦城(かや-じょう)・安良山城(安良城)と言う別名があり、これら3つの城名が、いずれもよく使われていると言う印象です。
ただし、山頂の石碑では「有吉城」になっているとのとこです。

最初の築城は不明ですが、戦国時代、1505年に一色義有が丹後守護に補任されますが、1506年、管領・細川政元によって解任となります。
そして、細川政元の命を受けた細川澄之、細川澄元、細川政賢、赤沢朝経、三好之長、香西元長、武田元信らが丹後に進入しました。
このとき、一色義有は今熊野城、延永春信は阿弥陀ヶ峰城、石川直経は加悦城にて、それぞれ籠城しています。
1507年になって、細川政元が暗殺されると、細川勢の赤沢朝経、古市丹後らを撃退し、なんとか凌ぎましたが、1512年、一色義有は病死しました。





そのあと丹後守護を継いだのは、斎藤道三の側室である深芳野の父ともされる一色義清です。
しかし、すでに一色氏による影響力は弱まっており、1516年、丹後は3任の奉行が統治するようになります。
このとき、加悦城主としては石川直経、大久保山城主・小倉播磨守、久美浜城主・伊賀右京亮の3名が丹後国を三分割支配しました。

一色義清に従う加悦城の石川直経と、三河の一色九郎を立てた丹後守護代(丹後・府中城主)の延永春信が争っていましたが、この内乱に乗して、若狭守護で後瀬山城主の武田元信が丹後に侵入します。
※丹後・府中城は、今熊野城も含む総称で、屋敷は宮津市立府中小学校付近か?
石川直経は敗北して逃れ、1517年、延永春信が若狭に侵攻すると、若狭・高浜城主の逸見国清(逸見河内守?)が、武田元信に謀反を起こして延永春信に味方しました。
このとき、武田元信は室町幕府に救援を求め、石川直経、朝倉孝景、一色義清、細川高国、足利義種、朽木種広らが加勢したため、延永春信は倉橋城にて籠城するも敗走し、一色九郎とともに宮津城に落ち延びました。
延永春信は降伏・開城して助命されたとも、倉梯城にて籠城するも討死したともありますが、以後、その名が出て来なくなりました。

一色義清と石川直経の動向は、1540年頃からよくわかっていませんが、丹後には織田勢の息が伸びてきます。
一族と見られる丹後・亀島城主の石川浄雲斎は、1579年、細川藤孝明智光秀の軍勢に降伏しました。
1580年、細川藤孝・細川忠興は、丹後一国を与えられて、宮津城と丹後・田辺城を築城・改修しています。
なお、加悦城(安良城)は細川家の重臣・有吉立言(有吉将監立言)が入って、城下町も整備しました。

加悦城

ただし、丹後の国人衆の一部は、引き続き抵抗しており、幾地城主の石川秀門も、1582年、細川勢の攻撃を受けて討死しています。

1600年、関ヶ原の戦いのあと、細川家は、豊前・中津城に移りましたが、丹後・中山城主にもなっていた有吉立言とその子・有吉立行(有吉四郎右衛門立行)は、豊後・木付城にて15500石となっています。





加悦城(有吉城・安良山城)への交通アクセス・行き方ですが、京都丹後鉄道宮津線の与謝野駅からタクシーになります。
4月~12月は、レンタサイクル・リンクル与謝野(貸自転車)も与謝野駅にて可能です。
加悦城(有吉城・安良山城)への登城は、麓から登る事15分ほどとの事です。

丹後・石川城 石川五右衛門ゆかりの地か?
今熊野城(丹後・府中城、阿弥陀ヶ峰城、成相寺城)
丹後・谷垣城 (丹後・木積山城) 藤田氏輝
建部山城 先祖伝来の地を守り切れなかった一色義道
弓木城 一色義定や一色義清の最後と鉄砲の名手である稲富祐直
伊也姫のお噺~本能寺の変により動かされた細川忠興の妹の運命
丹後・中山城 沼田清延(沼田延元)と女武将・沼田麝香も
細川幽斎(細川藤孝)~断固たる態度を取った戦国大名





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 宿蘆寺
  2. 福山城
  3. 常陸・馬坂城
  4. 丸尾城
  5. 前橋城(厩橋城)
  6. 本渡城
  7. 吉野城(金峯山城)
  8. 佐野城
  9. 佐渡・新穂城(下新穂城)

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP