京都府

丹後・石川城 石川五右衛門ゆかりの地か?

丹後・石川城

丹後・石川城は、京都府宮津市(与謝野郡野田川町)にある山城です。
別名は石川山城とも言いますが、石河城と書く場合もあります。
標高は135m、比高は125mとなります。
玉の木の清水川が大手口で、玉峠側が搦手とされます。
なお、すぐ南には、出城と考えられる、石川高津城(愛宕山城)があります。
丹後・石川城は重要視されていたようで、しばらく、一色一族の者が城主を務めていたようです。





歴史に丹波・石川城(いしかわじょう)が登場する事案と致しましては、1406年に家督を継いだ一色満範(いっしき-みつのり)の話で出てきます。
一色満範は、父・一色詮範と共に、本拠となる建部山城を築いた若狭国・三河国の守護です。
しかし、家督を継ぐと、父の家臣団と、一色満範が新たに丹後で召し抱えていた家臣団とで、新旧家臣団の勢力争いとなります。
そのため、当主になった4ヶ月後に、三河守護代として三河の一色領を預かっていた小笠原明鎮・小笠原長頼の父子を謀反の疑いで捕縛し、京都の一色満範の屋敷、その後、丹後・石川城に連行すると監禁しました。
小笠原長春は、小浜八幡宮の裏山で鹿狩りを行ったと言う記録もあります。

そのため、1408年、三河では小笠原明鎮の弟(または叔父)である小笠原長正が蜂起して、三河幡豆郡で一色税と交戦しました。
しかし、一族郎党と共に敗死しています。

ところが、一色満範は1409年1月6日に没します。
一色義貫(いっしき-よしつら)が跡を継ぐと、その2ヶ月後に、小笠原明鎮・小笠原長頼の父子は、丹後・石川城にて切腹を命じられています。





戦国時代には、一色義遠が石川城に入っていたと言う記録もあります。
1517年には、一色義遠は石川城から出陣し、若狭の武田元信を攻撃しましたが、朝倉孝景が武田家に援軍を送ったため、戻っています。

細川藤孝が建部山城を攻撃した際には、金谷義俊(金谷伊豆守義俊)が石川城主でした。
丹後・中山城も落城すると、金谷義俊は一色義定に従って弓木城に入っています。
しかし、1582年9月、一色義定が宮津城内にて細川藤孝の手勢に誅殺されると、金谷義俊は石川城に戻って籠城しました。
すぐに細川家の有吉将監が攻めており、金谷伊豆守は討死し石川城は落城しています。

なお、、一色義定(一色義俊)の家臣である石川秀廉(石川次郎秀廉)、その子とされる石川秀門(石川左衛門尉秀門)と言う武将が、近くの伊久知城主になっていました。
しかし、石川と言う名を称していることから、石川城主の一色一族である可能性も捨てきれません。
そのため、天下の大泥棒、石川五右衛門の誕生地は、丹後・石川城(まぁ、城下と言う事)とする説もあります。





正直に申し上げまして、近くに昔からお住まいの住民が、昔、城があったと認識している程度の超マイナーな城跡です。
石川城と言うと、どうしても、弘前の石川城のほうが圧倒的に有名ですし、恐らく、歴史に興味がない宮津の方は、ここに城があったなんてことは知らずに、毎日、麓の県道を往復していることでしょう。
しかし、以外にも、歴史的には重要な城です。

丹後・石川城に登城する場合には、登城口となる西禅寺の駐車場が利用できるようです。
この西禅寺がある場所は、恐らくは城主の館があったのでしょう。
本丸部までは約15分ほどの登りになる見込みです。

石川五右衛門~釜ゆでの刑となった稀代の大泥棒とは?
建部山城 先祖伝来の地を守り切れなかった一色義道
弓木城 一色義定や一色義清の最後と鉄砲の名手である稲富祐直
伊也姫のお噺~本能寺の変により動かされた細川忠興の妹の運命
細川忠興~文武両道の名将として戦国の世を・・
松井康之と本能寺の変 細川家重臣
丹後・中山城 沼田清延(沼田延元)と女武将・沼田麝香も
細川幽斎(細川藤孝)~断固たる態度を取った戦国大名

この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
丹後
著者コメント
情報をお持ちの方がいらっしゃればコメント欄にお願いできますと幸いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 猪崎城 猪崎城 戦国時代へと誘われる城跡
  2. 細川ガラシャ隠棲の地 味土野女城「細川ガラシャ隠棲の地」明智玉約2年間の逃避生活
  3. 丹後・久美浜城 丹後・久美浜城(松倉城) 丹波水軍を率いて活躍
  4. 上宮津城 上宮津城 盛林寺にある明智光秀の首塚も
  5. 丹後・八幡山城 丹後・八幡山城 細川氏が入った最初の本拠地
  6. 宮津城 丹後の中心地と細川ガラシャも暮らした大久保山城
  7. 二条城 二条城とは~京都における徳川家康の豪華滞在先【国宝・世界遺産】
  8. 丹後・中山城 丹後・中山城 沼田清延(沼田延元)と女武将・沼田麝香も

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 日向・松尾城(縣城)
  2. 九戸城
  3. アオシマナイチャシ
  4. 相模・大磯城(小磯城)
  5. 白地城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
にほんブログ村 歴史ブログへ
PAGE TOP