京都府

今熊野城(丹後・府中城、阿弥陀ヶ峰城、成相寺城) 一色義有の本拠地

今熊野城

丹後・今熊野城(いまくまの-じょう)は、京都府宮津市中野にある標高200mの山城です。
比高は約190mで、天橋立の傘松公園近くにあり、眼下には日本三景の「天橋立」を望みます。

約300m北側の標高250mには、丹後・阿弥陀ヶ峰城があり更に800m北の標高450mには、成相寺城(なりあいじ-じょう)があります。
諸説ありますが、平時には麓の府中に屋敷があったと推定され、これらの城郭の総称として「丹後・府中城」とするようです。

今熊野城

それぞれ、最初の築城は不明ですが、丹後守護の一色氏によって築かれたとされています。

天橋立

1487年生まれとされる一色義有(いっしき-よしあり)は、もともと丹後ではなく、三河・知多の一色氏の出でした。
しかし、父・一色義遠の代に、知多の領地を幕府の御料所として取り上げられます。
交渉の結果、若狭守護・武田国信が奪った、丹後の所領が返還されることになり、丹後の領地を得たようです。
そして、1498年に、その丹後の本家筋にあたる丹後守護の一色義秀が、国衆の反乱で自刃したため、父の推挙により、宗家を一色義有が継ぐことになりました。
こうして、1505年に一色義有が丹後守護に任命されましたが、丹後守護の座を狙う武田元信の工作か、翌年の1506年、管領・細川政元によって解任となります。





そして、細川政元の命を受けた細川澄之、細川澄元、細川政賢、赤沢朝経、三好之長、香西元長、武田元信らが丹後に進入しました。
このとき、一色義有は今熊野城、延永春信は阿弥陀ヶ峰城、石川直経加悦城にて、それぞれ籠城し、約1年間抵抗を続けたようです。
そして、1507年になると、細川政元が暗殺される事態となりました。
そのため、一色勢は反撃に出て、細川勢の赤沢朝経、古市丹後らを撃退し、

歴代の丹後・一色氏の当主は、在京することが多かったのですが、一色義有は今熊野城を本拠としたため、麓の府中の街はたいへん栄えたと言います。
1508年、一色義有は丹後守護に再任しましたが、1512年に病死しました。享年26。





今熊野城に登城する場合には、傘松公園から成相寺に繋がる「道路」を歩いて行くと登城口があります。
道路はバスと歩行者専用で、一般車両の通行は許可されていませんが、ハイキングとして歩くのは問題ありません。

天橋立(あまのはしだて)観光「またのぞき」お勧めモデルコース
弓木城 一色義定や一色義清の最後と鉄砲の名手である稲富祐直
建部山城 先祖伝来の地を守り切れなかった一色義道
細川忠興~文武両道の名将として戦国の世を・・
加悦城(有吉城・安良山城) 石川直経
松井康之と本能寺の変 細川家重臣
宮津城 丹後の中心地と細川ガラシャも暮らした大久保山城
深芳野とは 斎藤道三の側室になった稲葉家の女性
丹後・中山城 沼田清延(沼田延元)と女武将・沼田麝香も
丹後・石川城 石川五右衛門ゆかりの地か?
細川幽斎(細川藤孝)~断固たる態度を取った戦国大名

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
評価ポイント
3.5 based on 2 votes
攻略難易度
中級者向け
旧国名
丹後
著者コメント
ちょっと行きにくいです。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 丹波・山家城 丹波・山家城(山家陣屋) 和久義国や谷衛友
  2. 上宮津城 上宮津城 盛林寺にある明智光秀の首塚も
  3. 淀城 淀古城と淀城 淀古城の戦い 茶々の産所となった淀城とは
  4. 伏見城 伏見城の観光情報~伏見城の戦いでの鳥居元忠
  5. 猪崎城 猪崎城 戦国時代へと誘われる城跡
  6. 丹波・亀山城 丹波・亀山城 ここから本能寺の変は始まった 丹波亀岡城の訪問方法…
  7. 丹後・石川城 丹後・石川城 石川五右衛門ゆかりの地か?
  8. 余部城(丹波・丸岡城) 余部城(丹波・丸岡城) 明智勢攻略の城も天守があったか?

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 飛騨・高山城
  2. 大槌城
  3. 真田本城跡(松尾城)
  4. 近江・清水山城
  5. 丹波・山垣城
  6. 出羽・岩崎城
  7. 河村館跡(土佐屋敷跡)
  8. オロンコ岩チャシ
  9. 守礼門

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP