福井県

砕導山城とは 逸見国清

砕導山城

砕導山城(さいちやま-じょう)は、福井県大飯郡高浜町宮崎にある標高143mの山城で、比高は140mになります。
広さとしては、後瀬山城よりも規模が大きい、福井県で最大の縄張りになるようで、砕導山城砦群と総称として呼ぶと良いでしょう。
築城年は不明ですが、戦国時代に、高浜城を治めていた、逸見昌経(逸見駿河守昌経)が築いたと考えられます。

逸見国清は、若狭守護の若狭・武田氏に従っていましたが、独立性が高く、1517年には丹後の守護代・延永春信と結託して反乱を起こしています。
また、逸見昌経は1538年と、1561年にも国吉城主・粟屋勝久と反乱を起こしたようですが、これらの過程で、砕導山城を要塞化した模様です。





ただし、1561年には、武田義統と朝倉勢によって攻撃を受けたようで、逸見昌経は、丹波・八木城主の松永長頼を頼って逃れました。
1565年、逸見昌経は松永長頼の援軍を得て、高浜の旧領を奪還しましたが、その後は、海辺に若狭・高浜城を築いて本拠にしたため、やがて、砕導山城はあまり使われなくなった模様です。
1581年に、逸見昌経が死去すると、砕導山城は廃城になったと思われます。

砕導山城への交通アクセス・行き方ですが、佐伎治神社の拝殿右側にある、水槽の脇から登山道があるようです。
JR小浜線の若狭高浜駅から登山口までは徒歩10分くらいの距離になります。

高浜城 逸見昌経が城主を務めた風光明媚な若狭の城
明鏡洞 福井県高浜市の観光スポット 駐車場情報など
若狭・国吉城(佐柿国吉城) 粟屋勝久とは
若狭・小浜城 本丸と天守の石垣が残る小浜湾の海城
後瀬山城 武田信豊・武田義統 若狭武田家の滅亡
逸見昌経(祖は甲斐源氏)が築いた高浜城・足利義満も訪れた「八穴の奇勝」で策を練る
丹波・八木城 丹波守護代の居城と内藤貞勝
若狭の訪問にも便利なオリジナル史跡地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
若狭
著者コメント
登城する場合には足元気を付けて




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 高浜城 高浜城 逸見昌経が城主を務めた風光明媚な若狭の城
  2. 越前・龍門寺城 越前・龍門寺城~前波吉継や不破光治が城主を務めた平城
  3. 杣山城 杣山城~新田義貞も立て籠もった越前の山城
  4. 熊川城 熊川城 沼田麝香のふるさと? 沼田光兼も
  5. 丸岡城 丸岡城 柴田勝豊も 北陸唯一の現存12天守のひとつ
  6. 朝倉山城 越前・朝倉山城と朝倉景連
  7. 一乗谷 一乗谷城(一乗谷朝倉館)と一乗谷城の戦い~朝倉氏の栄華
  8. 若狭・小浜城 若狭・小浜城 本丸と天守の石垣が残る小浜湾の海城

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 大垣城
  2. 長篠城
  3. 鍋島陣屋
  4. 苗木城
  5. 上宮津城
  6. 丹後・谷垣城
  7. 天堂城
  8. 伊豆・長浜城
  9. 荒子城
  10. 多聞山城(多聞城)

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP