滋賀県

近江・清水山城 高島七頭宗家の本拠地

近江・清水山城

スポンサーリンク

近江・清水山城(しみずやま-じょう)は、滋賀県高島市新旭町にある標高226m、比高110mほどの山城です。
北曲輪に良好な畝状竪堀が残っているなどから、国指定の史跡になっています。
別名は、日高山城・比叡谷城と言います。
ただし、清水山城と言う名前の城は、対馬・清水山城もありますので、注意が必要です。
東近江の箕作山城も別名は清水山城と言います。


スポンサーリンク

最初の築城は不明ですが、一般的には鎌倉時代の1235年に高島郡田中郷の地頭になった佐々木高信(高島高信)が築いたとされます。
近江守護の佐々木氏が、六角氏・京極氏・高島氏と別れて行きました。
当然、住まいとして使用したのではなく、築城したとしても、簡易的な詰の城だったことでしょう。

近江・清水山城

麓には御屋敷と言う地名も残ります。

高島高信のあと、長男・高島泰信が継いでおり、次男は朽木頼綱として朽木氏岩神館を築いた模様です。
そして、高島一族は、高島七頭を形成し琵琶湖の西岸・西近江に勢力を誇りました。
南の山麓に近江・井ノ口館(大荒比古神社の東側)があり堀内障壁(障子堀)もありますので、そこが戦国の頃には館だったのかも知れません。
高島七頭のひとつ、近江・田中城からは、関ケ原の戦いのあと柳川城主となる田中吉政を輩出しています。

戦国時代になると、観音寺城主・六角氏の勢力下となりましたが、近江・小谷城浅井長政一乗谷城の朝倉氏とともに織田信長に抵抗しました。
しかし、六角義賢が没落するのと運命を共にしており、高島氏の嫡流は途絶えたようで、織田信長が進出すると、伊勢・神戸城主で北畠家・神戸具盛の子孫・高島政光が、高島一族の名跡を継いでいます。


スポンサーリンク

近江・清水山城跡への交通アクセス・行き方ですが、電車の場合、JR湖西線・新旭駅かせ徒歩約15分で新旭森林スポーツ公園に至ります。
無料駐車場は、新旭森林スポーツ公園の駐車場50台が利用でき、そこから登城するのに林道などを歩くこと片道30分ほどのようです。
今回は、若狭・高浜城まで向かう予定で、時間が足りず登城は断念しました。

坂本城 明智と共に隆盛し滅びた琵琶湖の名城
五番領城 高島七頭と山崎左馬介
近江・清水山城 高島七頭宗家の本拠地
大溝城 琵琶湖の名城も今はこの姿
近江・田中城 田中吉政のふるさと?
関西のお城訪問にも便利なオリジナル史跡地図


スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別


スポンサーリンク

只今人気のお城

城めぐり 2400城超えました

城めぐり
PAGE TOP