宮崎県

伊東祐邑と日知屋城~キレイな海に囲まれた堅城と鵜戸神社

日知屋城

日知屋城(ひちや-じょう)は、別名を船岡城とも呼ばれる海に面した丘城(海城)で標高は40m、比高は20mとなります。

宮崎の伊勢ケ浜に脇の断崖上にあり、大嶽神社のすぐ東側となります。
塩見城・門川城とともに日向三城と呼ばれて重要視されたいた城跡となります。

築城年代や築城者は定かでないが、1457年、小浪川の戦いで財部土持氏を滅ぼした都於郡城主・伊東祐堯の持ち城になりました。

日知屋城

埋まってしまったのか、規模は大きくありませんが、日知屋城には堀切も見受けられます。

日知屋城

1484年には、伊東祐尭の長男・伊東祐国と、弟・伊東祐邑が島津忠昌と戦い飫肥城を攻めますが、伊東祐国が討死して敗北を喫し、伊東祐邑は日知屋城に引き上げ、大友宗隣に支援を要請したとあります。
その後、亡くなった伊東祐国の子・伊東尹祐が日向伊東家の8代当主になるわけですが、伊東祐邑(いとう-すけむら)は幼い主君を支えるべく、日知屋城にて懸城の土持氏に備えたようです。

日知屋城

しかし、伊東本家では、豊後にも通じた伊東祐邑が、本家を乗っ取ろうとするのではと考えたようで、刺客が日知屋城に送られました。
1486年、伊東祐邑は朝早く起きて庭に出た歌を詠みます。

露はおき萩はまだぬる朝(あした)かな

と口づさんだとうろを、茂みから出てきた刺客に殺害されたとあります。

日知屋城

そのあと、この鉾島(ほそしま)では、夜な夜なに白馬に乗った伊東祐邑が出ていると言う噂が広がり、疫病も流行したことから、近くに鉾島神社が建立されて、伊東祐邑が祀られています。
なお、刺客として殺害に成功した伊東本家の家臣も、その後、切腹を言い渡され、自刃したとあります。

日知屋城

日知屋城にも、伊東祐国と伊東祐邑の慰霊碑(日知屋城の伊東家の墓)があります。

日知屋城の伊東家の墓

そのあとは、福本新十郎、氏本駿河守などが伊東氏48城の1つでもある日知屋城主を努め日知屋衆を率いましたが、伊東家では更に混乱は続き、1510年には「綾の乱」が起きています。

日知屋城の墓

1578年に島津家が領すると、井尻伊賀守が入っています。
日知屋城には下記のような柵がありましたが、これがちょっとあるだけで、ほんと城跡だなと思います。

日知屋城

1587年、豊臣秀吉の九州攻めのあと、門川城・塩見城・日知屋城の3城は県城(延岡城)主となった高橋元種の領地になりました。
その後、元和元年(1615年)の一国一城令により廃城となっています。

鵜戸神社

日知屋城の西側には大御神社(おおみや-じんじゃ)があります。
祭神は天照皇大御神 (アマテラススメオオミカミ)で、日向のお伊勢さまと呼ばますますが、この神社に日知屋城は隣接しています。
そして、日知屋城南側の崖下には、海岸に大きな洞穴があいており鵜戸神社があります。
下記の写真のところから階段を降りていきます。

日知屋城の鵜戸神社

城として使われていた際には、この砂浜から舟を上げていたのでしょう。

日知屋城の鵜戸神社

下記のように切り立った海岸に、ぽっかりと大きな穴が開いています。

日知屋城の鵜戸神社

舟を隠しておくのには、もってこいの場所です。

大御神社の鵜戸神社

穴の奥に大御神社の鵜戸神社があります。

大御神社の鵜戸神社

宮崎の鵜戸神宮と申しますと、日南にある鵜戸神宮が有名ですが、この日知屋城の鵜戸神社も同様な神様を祀っているようです。

大御神社の鵜戸神社

説明に「ここで振り返ってください」とありましたので、振り返って撮影してみましたが、うーん、なんとも言えません・・。
私の感性が鈍いのか、何が言いたいのか、よくわかりませんでした。

日知屋城の鵜戸神社

気を取り直して、つかの間の宮崎の海を楽しみました。

日知屋城

さて、日知屋城への交通アクセスですが、駐車場は、大御神の東あたりに駐車スペースがあります。
そこから日知屋城への散策路(登城口)が延びています。
下記のように案内板もあったのですが、いまいち良くわからずまいでして、直感での城探索となりました。

日知屋城

公園化されており、結構、地元の方も散歩するコースになっていますので、荒れている感はありませんでしたので、家族で訪れても良いところです。
見学所要時間は、鵜戸神社や大御神社も回って約60分といったところです。

日知屋城は猫が住み着いていることで有名なようですが、多分にもれず、ネコちゃんいました。

日知屋城

北側には、砂浜がとてもキレイな伊勢ケ浜海水浴場があります。

伊勢ケ浜海水浴場

伊東祐堯~日向伊東氏の中興の祖とされる名将
綾城と内屋敷城~中世の山城が復元「伊東尹祐と綾の乱」も
都於郡城~伊東家の本拠として素晴らしい大規模な山城
日向・塩見城~争いに翻弄された日向三城のひとつ
延岡城(懸城)~延岡市をいつまでも見守る石垣も立派な城
3分でわかる高橋元種~延岡城を築いた初代の延岡藩主
日向・飫肥城と風情ある城下町は超オススメの観光スポット

この史跡への皆様の評価→
評価ポイント
3 based on 1 votes
攻略難易度
初心者向け
旧国名
日向
著者コメント
遊歩道もしっかり整備されていますので、歩きやすいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 日向・飯野城 日向・飯野城と北原兼親の没落~あの島津義弘が活躍した居城
  2. 日向・井上城 日向・井上城~懸土持氏にとっては最初の本拠地
  3. 野々美谷城 野々美谷城~伊東尹祐が野々美谷城の戦いにて陣中で没する
  4. 門川城 門川城と米良四郎右衛門(米良祐次)
  5. 日向・松尾城(縣城) 日向・松尾城(縣城)~日向の延岡にて勢力を誇った土持氏最後の本拠…
  6. 日向・南郷城 日向・南郷城~伊東祐慶が築いた展望も素晴らしい近世城郭
  7. 日向・安永城 日向・安永城~北郷家が支配した庄内十二外城のひとつ
  8. 日向・高岡城(天ヶ城) 日向・高岡城(天ヶ城)と野村文綱(野村備中守文綱)

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桑名城
  2. 宮崎城
  3. 陸奥・福島城
  4. 越後・北条城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
にほんブログ村 歴史ブログへ
PAGE TOP