栃木県

下野・深津城 (下野・中城)

下野・深津城

スポンサーリンク

下野・深津城は、栃木県鹿沼市深津にある平城です。
別名は、下野・中城、中の城とも言いますが、これは千渡城を上の城と言うため、区分として呼ばれたようです。

戦国時代の永禄年間(1558年~1570年)に、宇都宮城主・宇都宮広綱の家臣である小林豊後守が築いて住んだとされます。
府所城・千渡城・茂呂城・石川城などと連携して、鹿沼城の壬生氏に備えていたと考えられます。

現在、周辺は宅地になっていますが、中心部と考えられる延命寺にはわずかに遺構が残っています。

下野・深津城

下野・深津城への行き方・交通アクセスですが、東武鉄道の日光線「新鹿沼」駅にて下車し、鹿沼市コミュニティバス「運転免許センター」行に乗車して「いぬかい保育園入口」下車の徒歩10分となります。
駐車場はありませんが、延命寺さんのPはあります。

下野・犬飼城 小山義政が築いた?
江曽島城 宇都宮郊外の城跡
下野・多気城(下野・多気山城) 宇都宮氏が整備した本格的な山城
宇都宮城の解説 宇都宮城釣天井事件
お城に行くのに便利なオリジナルGoogleマップ


スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別


スポンサーリンク

只今人気のお城

城めぐり 2400城超えました

城めぐり
PAGE TOP