栃木県

鹿沼城 (坂田山城)の解説 壬生綱重・壬生綱雄

鹿沼城

スポンサーリンク



鹿沼城(かぬまじょう)は、 栃木県鹿沼市今宮町の御殿山にある平山城で、比高20mほどの独立した台地になっています。
すぐ北側にある坂田山城が最初に使われたようで、佐野一族である鹿沼権三郎が、鎌倉時代に鹿沼を本拠としました。
佐野実綱の子が、鹿沼行綱(鹿沼六郎行綱)で、その子・鹿沼勝綱が、鹿沼権三郎入道教阿とあります。
鹿沼権三郎教阿は、佐野家中では勇猛だったようで、鹿沼一円を支配下に納めると、正応5年(1292年)3月には、二荒山神社新宮に銅灯一基を寄進しています。
そして、神山家、久我家などの庶流を配置して勢力を誇りました。


スポンサーリンク



1491年、鹿沼教清(鹿沼右衛門太夫教清)のときには、宇都宮忠綱の攻撃を受けました。
このとき、鹿沼教清は上野台にて宇都宮勢に対しましたが討死したため、鹿沼城は宇都宮勢が落としています。
その後、加園城なども宇都宮氏に従いました。
鹿沼家が滅んだため、南摩家などの旧鹿沼家臣は、新しい領主・壬生綱重の配下に組み込まれた模様です。

鹿沼城

壬生綱重(みぶ つなしげ)は、下野・壬生城主である壬生胤業の子として1448年に誕生しました。
壬生綱重は、坂田山館を改築し、壬生城には、嫡男・壬生綱房を残したようです。
1512年、宇都宮城主・宇都宮成綱と、重臣の芳賀高勝が対立すると、壬生綱重は宇都宮成綱に協力し、宇都宮氏の重臣となりましたが、1516年に死去したようです。享年69。

鹿沼城

その後、家督を継いだ壬生綱房(みぶ-つなふさ)は、1523年、皆川氏との河原田合戦などで活躍しています。
また、日光山領の支配も獲得するなどしています。
芳賀高経が、宇都宮興綱を傀儡にすると、壬生綱房は宇都宮家の家中では絶大な権力を握りました。

1532年(天文元年)、壬生綱房は芳賀高経・芳賀高孝と組んで、宇都宮興綱を隠居させ、宇都宮俊綱(宇都宮尚綱)を擁立しました。
この時、鹿沼城の大改修を行い、居城としました。

鹿沼城

天文5年(1536年)、壬生綱房は芳賀高経と共に宇都宮興綱を自殺に追い込んでいます。

1549年、宇都宮尚綱は、烏山城主・那須高資との、喜連川五月女坂の戦いで討死します。
この時、壬生綱房は子の壬生綱雄と下克上を果たし、混乱に乗じて宇都宮城を占拠しました。
そのため、城内にいた幼い伊勢寿丸(宇都宮広綱)は、芳賀高定が助けて真岡城に逃れています。
1555年、壬生綱房は急死しますが、芳賀高定による謀殺ともされています。
弘治3年(1557年)、宇都宮広綱は、芳賀高定の支援にて宇都宮城に復帰したため、壬生綱雄は鹿沼城に退いています。
壬生綱雄(みぶ-つなたけ)は、小田原城の北条氏を後ろ盾に、宇都宮家から独立した大名化を模索しますが、叔父・壬生周長は一貫して宇都宮氏への従属を唱えたため、家中が割れます。


スポンサーリンク



1576年、叔父の壬生周長は芳賀高定と謀り、壬生綱雄を鹿沼城の天満宮にて暗殺しました。
叔父・壬生周長(壬生徳雪斎周長)は、鹿沼城主となり、壬生綱雄の子・壬生義雄が籠城した壬生城を攻めましたが、壬生周長は討ち取られています。
壬生義雄(みぶ-よしたけ)も、北条氏直と結んで、宇都宮氏に対抗しました。

天正18年(1590年)、豊臣秀吉小田原征伐を行った際には、北条氏直の要請にて小田原城に詰めています。
しかし、小田原落城の直後に、壬生義雄は病死したと伝わります。
子に男子がいなかったため、壬生家は断絶して滅亡しました。
このとき、鹿沼城も廃城になったと考えられていますが、豊臣勢の北国軍が攻め寄せたともされています。

鹿沼城

江戸時代に入ると、1647年、朽木稙綱が2万5000石の大名として鹿沼藩を立藩しました。
しかし、鹿沼城の麓に鹿沼陣屋を築いていますので、鹿沼城じたいには手は加えられなかった模様です。
鹿沼陣屋跡は、現在の鹿沼中央小学校となります。

坂田山城と鹿沼城は、現在でも道路1本で隔たられているにすぎません。
すぐとなりの山に新しい城を築いているため、当方と致しましては、鹿沼城と坂田山城(坂田山館)は、ひとつの城と認識するに至っています。

坂田山城

なお、北条家お得意の障子堀の遺構も確認されているそうです。


スポンサーリンク



鹿沼城への交通アクセス・行き方ですが、東武鉄道・日光線の新鹿沼駅から関東自動車バスに乗り「久保町」バス停にて下車の徒歩約5分です。
無料駐車場が北側にもありますが、南側の鹿沼市役所裏手の駐車場近くに、鹿沼城の緑の案内板があります。
当方のオリジナル地図にて、駐車場の場所をポイントしておきます。

鹿沼城の見学所要時間ですが、30分~60分といったところです。

鹿沼「今宮神社」 歴史ある彫刻の権現作り
宇都宮広綱 何度も下克上を受けた不遇な武将
下野・諏訪山城 宇都宮勢1万5000に攻められる
下野・多気城(下野・多気山城) 宇都宮氏が整備した本格的な山城
皆川城の解説 皆川氏の本拠地
宇都宮城の解説 宇都宮城釣天井事件
お城に行くのに便利なオリジナルGoogleマップ


スポンサーリンク



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 幸田 秀一
    • 2020年 8月 04日

    2万5千石です。52万石では毛利家を超えてしまいます。

    • 城迷人たかだ
    • 2020年 8月 07日

    幸田さま、ご指摘助かります。入力間違えです。訂正してお詫びを申し上げます。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別


スポンサーリンク

只今人気のお城

城めぐり 2400城超えました

城めぐり
PAGE TOP