栃木県

下野・多気城(下野・多気山城) 宇都宮氏が整備した本格的な山城

下野・多気城




下野・多気城(たげじょう)は、栃木県宇都宮市田下町にある山城で、下野・多気山城とも書き、別名は御殿山とも言います。
標高377mの多気山に築かれており、山全体を要塞化した、関東では大規模な山城と言えます。
最初の築城としては、平安時代の1063年で、宇都宮に屋敷を構えた藤原宗円ともされますが、無理があるように感じますので、見張台程度だったのかも知れません。
よって築城年などは不明ですが、1472年には、多気兵庫守が城主だったとされます。





1577年に、下野・多気城の改修が終わり、以後は、上高根沢城主の高根沢信濃守、下高根沢城主の平八郎、平弥八郎、栗賀島城主の直井淡路守、小和久保城主の矢口筑前守、石居城主の野沢若狭守らが下野・多気城を守ったともあります。

下野・多気城

戦国時代末期、宇都宮城の宇都宮国綱が、下野・多気城を大規模改修して本拠地とし、宇都宮城は玉生美濃守が預かっています。
下記は、中腹にある多気稲荷大明神の入口です。

多気稲荷大明神

あまりにも階段もスゴイので、登って行くのは、やめました。

下野・多気城

その他、1584年(天正12年)、北条勢が下野・多気城を攻めた際には、横田綱貞と祖母井定久らが守備していたともあり、1586年(天正14年)にも、横田綱貞が多気山城にて防戦したとも伝わります。





1590年、豊臣秀吉小田原攻めのあと、秀吉の命にて、宇都宮国綱は宇都宮城に戻っており、1597年に改易された際に、下野・多気城は廃城になった模様です。

下野・多気城

ハイキングコースのように登山道も整備もされていて、伐採されている山頂付近からは、筑波山もよく見えると言います。

下野・多気城

駐車場は東麓にある多気不動尊の手前に市営駐車場(無料)があり、登山道も伸びています。
ただ、当方が向かった際には、道路が通行止で、反対側から回り込むと言う感じで登って行けました。
駐車場の場所は、当方のオリジナル地図にてポイントしておきます。
時間があれば、大谷石が有名なところですので、大谷資料館もセットでどうぞ。

宇都宮広綱 何度も下克上を受けた不遇な武将
下野・諏訪山城 宇都宮勢1万5000に攻められる
鹿沼城 (坂田山城)の解説 壬生綱重・壬生綱雄
大谷資料館の紹介 大谷石の解説 巨大な地下空間
宇都宮城の解説 宇都宮城釣天井事件
関東周辺の観光・史跡オリジナルGoogleマップ





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 伊賀・上野城
  2. 五番領城
  3. 出羽・浜館
  4. 小諸城
  5. 浦添城
  6. 土岐高山城(美濃・高山城)
  7. 加久見城
  8. 越後・水原城
  9. 上野・深沢城
  10. 日向・野尻城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP