青森県

石川城と石川高信とは~津軽・大仏ヶ鼻城の歴史

大仏ヶ鼻城(石川城)




石川城(大仏ヶ鼻城)

津軽・石川城(いしかわじょう)は青森県弘前市の標高97m、比高50mの山城で、別名は大仏ヶ鼻城と言います。

石川城は周辺には、岡館、猿楽館、月館、坊館、八幡館、寺館、高田館、茂兵衛殿館、寺山館、孫兵衛館、小山館、新館と12の館城もあり、この石川城を含めた13の総称として石川城と呼ばれていました。
津軽平野を見渡せる高台にありますが、主郭部の石川館部分以外は現在、りんごの果樹園になっています。

鎌倉時代の1217年、相模・曽我氏の一族、平広忠が地頭代として平賀郡の岩館に入り、曾我氏を称します。
その後、曾我氏は大光寺城の本家と、岩館の分家に分かれました。





1333年、鎌倉幕府が滅ぶと、執権・北条家の安達高景と名越時如が逃れてきて、大光寺城の曾我道性が匿います。
そのため、岩館城の曾我光高や、田舎郡の成田泰次・工藤貞行らがらから、大光寺城は攻められて、大光寺城から曽我道性らは石川楯(石川城)・持寄城に逃れました。

このとき、曽我道性によって石川城が築城されたと言うよりは、恐らく砦・館だった石川城に逃れて、多少改修したとするのが正しいかも知れません。
さらに足利尊氏の命を受けた陸奧国司・北畠顕家と多田貞綱、南部師行らも、岩館の曾我光高に協力します。
そのため、根城南部氏の攻撃を受け、大光寺曽我氏・曾我道性は滅亡しました。

1443年に、十三湊の安東氏(安藤氏)を蝦夷地に追いやった根城・南部氏が津軽平野に進出しており、石川城にも家臣らが配置されたものと推測します。

戦国時代となり、天文2年(1533年)に、三戸・南部安信は、弟の石川高信を石川城に入れて津軽郡代を任せました。

大仏ヶ鼻城

こうして、石川高信は石川城を居城としました。

石川高信

石川高信(いしかわ たかのぶ)は1495年に南部家・第22代当主である南部政康の次男として、南部氏の本拠地・聖寿寺館本三戸城)にて生まれました。
田子館を居館とし、田子高信を名乗りましたが、文武に優れた武将だったようです。
弟には南長義、石亀信房、毛馬内秀範がいます。

石川城

1553年、父・南部安信は津軽地方を平定し、田子高信(39歳)は石川城に入って石川高信と改名し、津軽を統治した訳です。
第24代・南部晴政からも信頼を受けており、永禄8年(1565年)に石川高信の子・田子信直(南部信直)が、南部晴政の長女と結婚して、南部家の養嗣子となり聖寿寺館に入っています。

1566年より、檜山城主・安東愛季が南部領に侵攻しており、鹿角郡獲得を目指しますが、石川高信(74歳)は1568年に南部晴政、九戸政実とともに撃退しました。
この頃が、南部家の最盛期となります。

石川城

しかし、1570年、嫡子が生まれなかった南部晴政は56歳で、嫡男・鶴千代(南部晴継)を設けました。
そのため、養子に入っていた石川高信の子・南部信直(23歳)と、にわかに家督争いが生じます。

大仏ヶ鼻城からの展望

その不穏な南部家を突く形で、大浦城大浦為信(津軽為信)が主家・南部家に謀反を起こし、元亀2年(1571年)5月5日未明に堀越城から出陣すると、石川城を襲いました。
この時、石川高信は妻子共々自害したともされています。(享年77)
そのため、石川城は津軽家の板垣将兼が守備を任されており、以後は大浦氏(津軽氏)の領地となりました。

石川城からの展望

ただし、石川城は失ったものの、生き残ったとする説もあり、1572年に津軽で起こった反乱を鎮圧したともされ、没年は1581年とする場合もあります。
なお、石川高信の次男・石川政信(いしかわ-まさのぶ)が石川家を継承したとする説もあり、1572年に津軽為信は妹・久を、その石川政信の愛妾に差し出しています。
ただし、その石川政信も討たれたとも、呼び出されて毒殺されたともあります。

石川城

石川高信の嫡男で南部家の養子となっていた南部信直(石川信直)は、後ろ盾を失ったためか、1572年に南部家の相続を辞退しています。
※1576年に妻(南部晴政の長女)が死去したので、辞退したともあり、年代は不明。
南部信直(石川信直)は、田子城に入ると、その後、刺客の脅威から逃れるため、南部家重臣の北信愛の剣吉城や、八戸政栄の根城などに身を隠したと言います。

石川城からの展望

1582年に南部晴政が病没すると、その直後に南部晴政の実子・南部晴継(享年13歳)が病没していますが、当然、暗殺説もあります。
父の葬儀の帰り道で、夜陰に紛れて暗殺されたとの説もあります。

石川城

石川城は、弘前城の築城が開始されると、資材などが転用され、廃城になった模様です。





アクセス

大仏ヶ鼻城は平川に沿って北東へ伸びた丘陵に築かれていて、現在は、大仏公園として整備されています。
弘南鉄道大鰐線の石川駅から500mほどで、歩くと約8分です。
大仏公園の北側に無料駐車場がありますので、当方のオリジナル地図にて場所を明確にしています。

陸奥・堀越城~津軽氏が本拠地にした技巧ある平城
大浦城~津軽氏発祥のみなもと大浦光信・大浦盛信・大浦為則
浪岡城(浪岡御所)と川原御所の乱~浪岡北畠氏の本拠地を歩く
津軽為信(大浦為信)と戌姫~南部家から独立し津軽統一
沼田祐光とは~津軽家の軍師ととして活躍した多彩な戦国武将
大光寺城~滝本重行と津軽の中心にあり歴史に翻弄された城跡
石川城と石川高信とは~津軽・大仏ヶ鼻城の歴史
南部信直~生き残るための戦略~【戦国人物伝8】
安東愛季 安東氏を大きく飛躍させた戦国大名
南部晴政とは~最盛期の南部家へと発展させる
三戸城(留ヶ崎城)は意外と見所満載で景色も良い山城でした
陸奥・根城~南北朝時代の拠点武家屋敷を復元した貴重な史跡公園
檜山城 広大な檜山安東氏城館跡 紅葉の様子も
日本全国のお城マップオリジナル地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 但馬・出石城
  2. 新井城
  3. 鉢形城
  4. 宇陀松山城
  5. 紀伊・周参見城
  6. 田ノ浦城
  7. 蓮沼城
  8. 花隈城
  9. 佐伯城
  10. 栂牟礼城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP