富山県

越中・白鳥城 古い時代から使われてきた富山の山城

越中・白鳥城




越中・白鳥城(しらとりじょう)は、富山県富山市吉作にある山城で、標高は145m、比高は130mになります。
別名は呉服山城、御服山城、五福山城と言い、呉羽丘陵の地形を巧みに利用した、富山城の西の守りです。
城名は東麓に鎮座する白鳥神社に由来するとされていますが、白鳥城と言う名称も、一般的には姫路城の事を白鳥城と呼ぶことで知られています。
また、ドイツのノイシュヴァンシュタイン城も白鳥城と言う事で、富山にある城名は、日本各地などに同名の城があることが多いため、注意が必要です。





最初の築城は、弥生時代のようで、本丸跡から環壕を巡らした高地の集落跡が発掘されています。
その後、鎌倉時代の初め、源義仲(木曽義仲)の武将・今井兼平(今井四郎兼平)が本陣にしたとの記録があります。

今井兼平

1362年には、越中守護・桃井直常と戦った加賀・越前の軍勢が籠ったともあります。

越中・白鳥城

戦国時代になり、神保長職が神保家を再興して富山城を整備した際に、この越中・白鳥城も改修されました。

越中・白鳥城

下記は、麓にある越中・安田城からみた、越中・白鳥城がある山です。

越中・白鳥城

1572年、武田信玄の調略に応じた加賀・越中の一向一揆が日宮城を攻略すると、越中・白鳥城や富山城も落としていますが、一揆は、翌年に上杉勢が鎮圧しました。
1578年には、神保八郎左衛門なる一族の武将が、越中・白鳥城主ともあり、富山城の詰城でもあったようです。

越中・白鳥城

1585年、豊臣勢が富山城の佐々成政を攻撃した際に、織田信雄が越中・白鳥城に陣を置いたと考えられています。

越中・白鳥城

1586年、春日山城上杉景勝が上洛する途中、五福山城の武将3人が、西岩瀬にて一行をもてなしました。

越中・白鳥城

そのあと、越中が前田利家に与えられると、当初、越中・守山城前田利長越中・木舟城前田秀継、越中・増山城山崎長鏡、城生城に青山佐渡、そして越中・白鳥城には岡島一吉が入りました。

越中・白鳥城

前田勢によって、更に城の改修が行われた模様で、片山延高(片山伊賀守延高)と言う名も見られます。

越中・白鳥城

のち、岡島一吉は、平城の越中・安田城に移っており、白鳥城は詰城として残りましたが、越中・安田城と同じ時期に廃城になったようです。

越中・白鳥城

現在、城山には遊歩道があり公園になっています。





山の上には、少し狭いですが、対面通行できる道路がスカイラインのように伸びています。
城山公園のしらとり広場と言う場所が無料駐車場になっていて、そこから白鳥城に入れます。
電車の場合には、JR北陸本線の富山駅から、富山市内軌道線にて大学前駅下車し、タクシーとなります。
越中・白鳥城の見学所要時間は、当方オリジナル地図にある駐車場からですと、くまなく見ると40分くらいといったところです。

富山城 続日本100名城 神保長職と神保長住
魚津城 上杉勢13人の武将が自刃した魚津城の戦い
大峪城 片山延高は前田家の智将も暗殺される
越中・守山城(二上山城) 神保氏張による神保氏の復活
増山城 攻防が続いた続日本100名城で広大な富山の山城
城生城 斎藤信利と斎藤信吉
越中・木舟城 石黒成綱の本拠地も天正地震で再建不能に
越中・安田城 絶対おすすめ国史跡の平城
日宮城 小島職鎮が神保家の実権を掌握する
日本全国のお城マップ(オリジナル)





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 二穴城
  2. 種垂城
  3. 薩摩・夏蔭城
  4. 常陸・武田氏館
  5. 毒島城
  6. 赤木名城
  7. 二条城
  8. 朽木氏岩神館
  9. 大溝城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP