富山県

大峪城 片山延高は前田家の智将も暗殺される

大峪城

大峪城(おおがけ-じょう)は、富山県富山市五福にある平城です。
別名は伊賀城、大掛城、大懸城、大峪塁とも言います。

最初の築城としては、戦国時代に富山城を整備した神保長職とされ、背後の越中・白鳥城も同時期に改修された模様です。

その後、1585年、豊臣勢が富山城の佐々成政を攻撃した際に、織田信雄が越中・白鳥城に陣を置きました。
このとき、越中・安田城と共に改修が行われたとも言います。





そのあと、越中が前田利家に与えられると、当初、越中・守山城前田利長越中・木舟城前田秀継、越中・増山城山崎長鏡、城生城に青山佐渡、越中・白鳥城には岡島一吉が入りました。
そして、越中・安田城は片山延高(片山伊賀守延高)に与えられたようです。

片山延高は「伊賀守」であったため、城の名前も、伊賀城と呼ばれる由縁になっています。
下記のように、大峪城跡は、やや微高地となっていました。

大峪城

1597年に、片山延高は、前田利長の命を受けて呉服山(越中・白鳥城)の守備に就きました。
しかし、強風を理由に麓に降りて、越中・安田城に入っていますが、この頃から、大峪城の動向は不明になりますが、大峪城には代官が置かれようです。

なお、片山延高は前田家の知恵袋だったともされます。
それが幸いしてか、前田利家は、徳川家康に内通の疑いもかけていたようで、遺言書に片山延高には油断するなとの記載があります。
前田利家は、1599年閏3月3日に、豊臣秀頼の行く末を案じながら、大坂城下で死去しました。
その7日後に、前田利長の命を受けた石川源太、松田直憲によって、片山延高は大坂で暗殺されています。





現在の五福小学校がある場所が、大峪城跡になります。
小学校の校舎がある敷地が、付近よりも1段高くなっており、本丸があったものと推測しますが、周辺は住宅街で、遺構などは失われているようです。

越中・守山城(二上山城) 神保氏張による神保氏の復活
富山城 続日本100名城 神保長職と神保長住
魚津城 上杉勢13人の武将が自刃した魚津城の戦い
前田慶次とは(前田利益、前田慶次郎)【かぶき者】(戦国の傾奇者)
越中・安田城 絶対おすすめ国史跡の平城
越中・木舟城 石黒成綱の本拠地も天正地震で再建不能に
増山城 攻防が続いた続日本100名城で広大な富山の山城
城生城 斎藤信利と斎藤信吉
越中・白鳥城 古い時代から使われてきた富山の山城
日本全国のお城マップ(オリジナル)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
上級者向け
旧国名
越中
著者コメント
小学校なので散策は不可能




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 富山城 富山城 続日本100名城 神保長職と神保長住
  2. 井波城 井波城 越中一向一揆の拠点
  3. 鴨城 鴨城 斯波義将の家臣である二宮円阿の居城
  4. 越中・白鳥城 越中・白鳥城 古い時代から使われてきた富山の山城
  5. 越中・福光城 越中・福光城 巴御前松公園 石黒一族の根拠地
  6. 越中・宮崎城 越中・宮崎城 越後からの侵入を防ぐ重要拠点
  7. 日宮城 日宮城 小島職鎮が神保家の実権を掌握する
  8. 弓庄城 弓庄城 越中の土肥一族である土肥政繁

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 茨木城
  2. 日向・松山城
  3. 越後・勝山城
  4. 品川台場
  5. 横手城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP