岩手県

平泉・接待館の謎 源義経の最後になった衣川館か?

平泉・接待館

接待館(せったい-だて)は、岩手県奥州市衣川にある平安時代の屋敷跡です。
国の史跡に指定されています。
場所は、中尊寺北側を流れている衣川の北岸です。

藤原清衡の次男で、奥州藤原氏・第2代当主になった藤原基衡(ふじわら-の-もとひら)の妻(安倍宗任の娘?)が、おもてなしの精神にて、関道を往来する旅人を接待したり、施しを与えた場所だったので「接待館」と呼ばれるようになったと伝わります。

発掘調査の結果、平安時代後半からの掘立柱建物跡がなんと42棟、土坑跡、溝跡、堀跡、土塁跡、竪穴式住居跡、大量のかわらけなどが出土しました。
この調査の結果、遺跡の規模が、奥州藤原氏の屋敷である柳之御所遺跡に匹敵する大きさであることがわかりました。





なお「かわらけ」ですが、お酒を飲むのに使用する杯と言う事になります。
主に儀式に使用したと考えられています。
素焼きなので、1度使用して、水分を含むと、そのあとが消えません。
そのため、杯毎に新品をおろしました。
宴会や儀式で使用したあとは、全て廃棄するのです。
その、かわらけが、大量に出土したことから、まさに「接待」として使用していたのではないか?とされるのです。
例えば、京都の平安京などでも、儀式の際に使用される使い捨て食器「かわらけ」が、大量に出ています。

更には、堀と土塁に囲まれた居館で、防御性もあったことから、この遺跡は奥州藤原氏の祖先である奥州・安倍氏の政庁跡とも推測されています。

また、奥州藤原氏の時代の遺構も広範囲で見つかっていることから、奥州・藤原氏の3代目、藤原秀衡の母の居館で、平泉府の迎賓館的な役割であったとも推測されています。
屋敷からは、金色に輝く、中尊寺・金色堂が見えるようになっていたと言います。

このように外部からやってきた客人をもてなしたと考えられることから、源義経が自害した藤原基成の屋敷と言う「衣川館」が、この接待館であった可能性も指摘されています。
※一般的に、源義経の最後の地は、高館義経堂がある、平泉・高館で、そこが衣川館(ころもがわのたち)であったとされています。





となりますと、藤原基成の館がこの接待館で、ここが衣川館であった可能性もある訳です。
そして、客人として迎えた源義経、正妻の河越重頼の娘(郷御前)、弁慶、鈴木重家、鈴木重染、亀井重清などの主従はここで世話になっていて、藤原泰衡が館を取り囲んだとも考えらます。

平泉・接待館がある場所ですが、当方のオリジナル東北地図にて、ポイントしてあります。

平泉・高館(衣川館) 奥州・義経堂(高館義経堂)
3分でわかる「源義経」の偉業と悲運
弁慶とは~武蔵坊弁慶の逸話や最後の地となった衣川の戦いと弁慶の墓など
柳之御所(平泉館) 奥州氏原氏の広大な屋敷跡
藤原泰衡とは~斜陽の平泉政権に殉じた4代目~
金色堂を初めとする奥州平泉「中尊寺」の寺院みどころと駐車場情報
歴史公園えさし藤原の郷~大河ドラマなどの撮影ロケ地のセット
鈴木重家と小森御前 鈴木山重染寺跡

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
陸奥
著者コメント
歴史ロマンを感じますが謎が多いです。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 陸奥・高舘 陸奥・高舘 遠野にある高舘跡
  2. 火渡館 火渡の石碑群と火渡館の戦い
  3. 陸奥・米内館 陸奥・米内館 米内右近と米内光政も
  4. 徳丹城 徳丹城 文室綿麻呂の蝦夷討伐完了
  5. 遠野・安倍屋敷(阿部屋敷) 遠野・安倍屋敷(阿部屋敷) カッパ淵にある奥州安倍氏一族の屋敷
  6. 二子城 二子城 和賀・稗貫一揆で落城する
  7. 岩谷堂城 岩谷堂城 江刺氏の本拠地
  8. 陸奥・蒲田館 陸奥・蒲田館

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 日向・目井城
  2. 伊予・港山城
  3. 石垣山城
  4. 越中・天神山城
  5. 紀伊・太田城
  6. 八戸城
  7. 鱒沢城(鱒沢館)
  8. 籾井城
  9. 衣川城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP