岩手県

平泉・高館(衣川館) 奥州・義経堂(高館義経堂)

奥州・義経堂(衣川館)

奥州・平泉での源義経「最後の地」とされる高館義経堂(たかだちぎけいどう)で、岩手県西磐井郡平泉町にあります。
高館(衣川館)は北上川に面した丘陵にあり、衣川館(ころもがわのたち)、判官館とも呼ばれています。
東には北上川が流れている高館(衣川館、衣河館)は標高70m、比高60mの山城で、かつては藤原基成の館があったとされています。

義経堂(衣川館)

兄・源頼朝に追われて奥州藤原氏の3代・藤原秀衡を頼った源義経は、要害とされたこの高館に居館を与えられました。
地元で判官館(はんがんだて、ほうがんだて)と呼ばれていますが、これは源義経の官位が由来しています。

しかし、文治5年(1189年)閏4月30日、鎌倉幕府の圧迫に耐えかねた藤原秀衡の子・藤原泰衡は、高館を急襲します。
源義経は持仏堂に入り22歳の妻・郷御前(河越重頼の娘)、4歳の娘と共に自害したと伝わります。





源義経は自刃して果てたのが、この衣川館(衣河館、衣川の館)となり、この高館がその衣川館(衣河館)跡だと考えられています。
ただし、衣川の脇にある接待館跡にて、大規模な遺構が発見されたことから、源義経が自刃して果てたのは衣川館は、接待館であったのではとする説もありのます。

丘の頂上にある義経堂(ぎけいどう)は、江戸時代の1683年に、仙台藩主4代の伊達綱村が源義経を偲んで建立したもので、堂内には義経公の木造が安置されています。

平泉・義経堂

下記の宝篋印塔(ほうきょういんとう)は、源義経主従供養塔です。

源義経主従供養塔

義経堂の西にには、空堀や曲輪、北側には土塁が残っています。
高館・義経堂は有料拝観(大人200円)ですが、義経堂と源義経に関する簡単な資料館も併設されています。
高館からの眺望は平泉随一といわるそうでして、北上川、束稲山(別名・東山)が見えました。

義経堂(衣川館) からの展望

もっとも「源義経は衣川の館に死せず、遁れて蝦夷に至る」など、源義経は逃げ延びて北海道へ渡ったとも、中国大陸に落ち延びてチンギス・ハーンとなり活躍したなど、生存説・逃亡説もあるのも事実です。

義経堂の見学所要時間は約15分といったところです。
おくのほそ道の風景地として国の名勝にも指定されている、義経堂(衣川館)の駐車場は下記の地図ポイント地点にあります。
有料拝観の受付がある階段の左脇から入れます。

ただし、5台位しか止められませんので、混雑時は、西側に降りる坂の下にある広めの駐車場に止めてください。
いずれにせよ、義経堂の場所は分かりにくいので、カーナビで設定して行くと良いです。
JR東北本線の平泉駅からは徒歩約20分です。
近くには世界遺産でもある「平泉・中尊寺」や、国の特別史跡にもなっている平泉・無量光院跡もあります。

平泉・無量光院跡

中尊寺の入口付近には、弁慶の墓もありますので、セットでどうぞ。

さて、奥州征伐も果たした源頼朝ですが、不遇の死を遂げたとも言える源義経の死から9年後、相模川の橋供養のあと落馬したとされ、翌年1199年1月13日に死去しています。

この記事は戦国武将列伝Ωの記事を再編集したものです。

3分でわかる「源義経」の偉業と悲運
鞍馬寺~鞍馬天狗や牛若丸(遮那王、源義経)伝説の幻想的な京都北方守護
弁慶とは~武蔵坊弁慶の逸話や最後の地となった衣川の戦いと弁慶の墓など
静御前とは
藤原泰衡とは~斜陽の平泉政権に殉じた4代目~
柳之御所(平泉館) 奥州氏原氏の広大な屋敷跡
源義経が幼少期を過ごした鞍馬寺から貴船神社へのハイキングコース情報
金色堂を初めとする奥州平泉「中尊寺」の寺院みどころと駐車場情報
歴史公園えさし藤原の郷~大河ドラマなどの撮影ロケ地のセット
鈴木重家と小森御前 鈴木山重染寺跡
唐川城と安東盛季の逃避行~十三湖の展望と源義経伝説も

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
評価ポイント
5 based on 1 votes
攻略難易度
初心者向け
旧国名
陸奥
著者コメント
城跡と言うよりは観光地です。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 千徳城 千徳城 巨大な三陸の山城が宮古市に
  2. 陸奥・水沢城 陸奥・水沢城 白石宗直と水沢要害
  3. 釜石・狐崎城 狐崎城 狐崎館の戦い
  4. 鱒沢城(鱒沢館) 鱒沢城(鱒沢館) 鱒沢広勝の謀反
  5. 陸奥・蒲田館 陸奥・蒲田館
  6. 遠野・安倍屋敷(阿部屋敷) 遠野・安倍屋敷(阿部屋敷) カッパ淵にある奥州安倍氏一族の屋敷
  7. 鍋倉城(遠野城) 鍋倉城(遠野城) 阿曽沼広郷 遠野保・遠野十二郷
  8. 盛岡城 盛岡城 哀愁漂う東北の日本100名城 訪問攻略法
PAGE TOP