大阪府

茨木城 茨木長隆の居城も今はその面影なし

茨木城

茨木城(いばらき-じょう)は、大阪府茨木市片桐町の平城です。
最初の築城として一番古い説からご紹介すると、建武年間(1334年~1336年)に、あの楠木正成(くすのき-まさしげ)が築いたともされます。
ただし、腰を据えて住んだわけではないため、築いたとしても、砦程度の簡素な城だったのでしょう。

その後、出自は不明ですが、茨木を本貫とする茨木氏(いばらきし)が現れますが、茨木弥三郎が細川政元と薬師寺元長の攻撃を受けて、従っています。
そのあとには、薬師寺氏が茨木城に入ったようですが、薬師寺氏も内紛となり、1507年には、摂津守護代復帰を狙った薬師寺万徳丸が茨木城を攻撃し、薬師寺長忠が討死したともあります。
薬師寺長忠の後を継いだ薬師寺国長は、山崎城を本拠とした模様です。





その後、茨木城主として登場するのは、茨木長隆となりますが、名前が薬師寺氏の系統のようにも感じられまし、茨木氏は摂津守護にもなりますので、もしかしたら、薬師寺一族なのかも知れません。

茨木長隆(いばらぎ-ながたか)は、1527年に、三好元長・柳本賢治らが桂川原の戦いで管領・細川高国を追放すると、細川晴元に従いました。
そして、細川晴元政権の中心的役割を果たし、京都代官などを務め、細川家の参謀と右筆を担ったとされます。
茨木家の家臣としては、水尾図書助、倉垣宮内少輔、森田彦市郎などがいます。

1531年3月、大物崩れでは、木沢長政・三好元長らと共に細川高国を破るのに尽力し、捕縛された細川高国は自害しています。
また、摂津一向一揆となると、法華一揆の力で牽制し、細川晴元の入京に大きく貢献しました。
1538年には、摂津守護代になっています。

しかし、摂津半国の守護代になった三好長慶が台頭すると、押され気味となり、江口の戦いで細川晴元が三好長慶に敗れ、茨木家も没落しました。

茨木重朝に代になると、1568年に摂津に侵攻した織田信長に臣従し、茨木の本領を安堵されています。
そして、茨木重朝は野田城・福島城の戦いで、高槻城主・和田惟政と共に織田勢とした戦いました。

しかし、1571年8月28日、白井河原の戦いで、茨木重朝と和田惟政、郡宗弘、芥川城主・高山友照は、池田氏の家臣である荒木村重中川清秀と対峙しますが、反撃を受けて討死しました。
城主が討死したものの、茨木城は引き続き抵抗を続けました。
荒木勢の槍の名手・熊田千助が茨木城の虎口を突破、三の丸を占領すると、二の丸が降伏。
そのため、本丸からも裏切り者が出て、茨木城は炎上し落城しました。
茨木勢は300名以上が討死にしたとされ茨木氏は滅んでいます。

その後、茨木城には荒木村重の子・荒木村次が入りましたが、実質的な城主は中川清秀であり、茨木城を大改修し拡充しています。
茨木小学校一帯が本丸跡とされ、茨木小学校の正門には、奈良の慈光院に移築された茨木城楼門が復元されています。

茨木城楼門

また、茨木神社の東門(トップ写真)は茨木城の搦手門を移築したものとされます。
下記は、茨木神社の奥にある、黒井の清水(井戸)です。

黒井の清水

天守があったと言う記録はないことから、天守閣は無かったと推定されています。

茨木城

1577年からは、中川清秀が正式な茨木城主とんりましたが、1578年、荒木村重が織田信長に謀反をおこし、有岡城の戦いとなりました。
中川清秀も、茨木城の守りを固めましたが、高槻城の高山右近が織田家に降伏すると、茨木城を開城して織田勢に寝返っています。
そのため、中川清秀は所領安堵となりました。

1582年、明智光秀による本能寺の変では、中国大返しをした羽柴秀吉に、中川清秀や高山右近は味方し、山崎の戦いで戦功を挙げます。
そして、柴田勝家との賤ヶ岳の戦いにも出陣しましたが、佐久間盛政の猛攻を受けて、中川清秀は討死しました。享年42。

その後、子である中川秀政(なかがわ-ひでまさ)が、5万石で茨木城主を継承しました。
1584年には、小牧・長久手の戦い、また、1585年の四国攻めで功績を挙げ、播磨・三木城13万石に加増移封となっています。

そのあと、茨木の地は大坂城に近いことから、豊臣秀吉の直轄地となり、安威城主・安威了佐や、河尻秀長が代官として茨木城に入っています。





1600年、関ケ原の戦いのあと、1601年になると、豊臣恩顧の片桐且元が茨木城主となりましたが、政務を取ったは弟の片桐貞隆であるとも言われています。
1615年、一国一城令になると、高槻城は残りましたが、茨木城は廃城となり、破却されています。
そのため、現在、目立った遺構は皆無で、住宅地となっています。

茨木城跡

交通アクセスですが、阪急電鉄・京都線の茨木市駅から徒歩約15分。
周辺は道が狭く、一方通行の道路もあるため、中央公園地下の有料駐車場にクルマを止めて、約30分ほど散策させて頂きました。
その駐車場入口は、当方のオリジナル地図でもわかるようにしてあります。





2018年7月の大阪北部地震にて、茨木市は深度6弱だったことから、古い建物は屋根が破損するなどの被害が目立っており、心が痛みました。
失礼と存じ、そんな被害の撮影までは自粛致しましたが、一日も早い復興をお祈り申し上げる次第です。

中川清秀 荒木村重傘下の有能な武将
荒木村重の詳細はこちら
池田和泉守~日本で初めて鉄砲自殺したとされる荒木村重の重臣
荒木村次(尼崎城主)は荒木村重の嫡男、そして次男・荒木村常
有岡城(伊丹城) 伊丹駅前に残る城跡
岩佐又兵衛~荒木村重の生き残った子供で浮世絵の先駆者
高山右近~60000石になったキリシタン大名
摂津・池田城 池田信正・池田勝正・荒木久左衛門(池田知正)
高槻城 城域も大きかった高山右近の名城
尼崎城が復活 4重天守が400年ぶりに蘇る
大坂・関西の史跡がわかるオリジナル地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
摂津
著者コメント
遺構はありませんが移築城門はあり。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 真田丸 真田丸の歩き方~真田丸の見どころをチェックできる観光ガイド
  2. 大坂城 大坂城めぐり~戦国時期の大阪城史跡訪問を楽しむ観光ガイド
  3. 摂津・池田城 摂津・池田城 池田信正・池田勝正・荒木久左衛門(池田知正)の居城…
  4. 和泉・高井城 和泉・高井城 失われつつある遺構
  5. 千石堀城 千石堀城 和泉にて対抗した根来衆の砦
  6. 積善寺城 積善寺城 根来衆などが立て籠もった和泉の城跡
  7. 岸和田城 岸和田城 数々の合戦を経験した続日本100名城
  8. 高槻城 高槻城 城域も大きかった高山右近の名城

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 放生津城
  2. 岩殿山城
  3. 前橋城(厩橋城)
  4. 南志見城
  5. 北ノ庄城(北の庄城)

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP