兵庫県

尼崎城が復活 戸田氏鉄が建てた4重天守が400年ぶりに蘇る

尼崎城

摂津・尼崎城(あまがさき-じょう)は、兵庫県尼崎市にある平城で、別名は琴浦城、琴城、尼丘城とも言います。
標高は2.6mです。
この尼崎城は、江戸時代の1617年、戸田氏鉄が5万石で入ると新築されました。

この戸田氏鉄(とだ-うじかね)は、徳川家康の家臣・戸田一西(とだ-かずあき)の子として1576年に、三河の二連木にて生まれました。
母は正室・真木氏常の娘です。
父・戸田一西は、1600年の関ケ原の戦いにて、徳川秀忠に従い上田城の戦いに参じていましたが、ただひとり、真田昌幸真田幸村が抵抗した上田城攻めなど行わず、関ケ原に急ごうと進言していたとされ、のちに徳川家康から称賛されています。
そして、大津城に変わる新城として、近江・膳所城を天下普請した際の功もあり、戸田一西は5000石にて初代の膳所藩主となっています。
1602年に父・戸田一西が死去すると、子の戸田氏鉄が家督を継ぎました。
そして、1616年、大坂の陣にて武功を賞され、1616年に5万石の大名となって尼崎藩に移されたと言う事になります。





新しい尼崎城は、3重の堀で囲まれ、本丸には2重櫓が2棟あり、3棟の三重櫓、そして複合式層塔型4重4階の天守や、本丸御殿があったと言います。

また、大物川と庄下川の河口に挟まれていたため、直接、尼崎城に船も横付けできたと言い、海城の側面もあったようです。

その尼崎城があった場所は、小学校や高校になっており、遺構は完全に消滅していると言えます。

しかし、ミドリ電化(現在のエディオン)創業者の安保詮(あぼ-あきら)さんが「創業の地に恩返ししたい」と、約10億円の私財を投じて、尼崎城の天守を再建しました。
もとの場所ではありませんが、現在の尼崎城址公園にその天守が建てられています。
2019年3月28日に「開城記念式典」を行われ、3月29日から一般公開(有料拝観)となりました。

尼崎城

さて、江戸時代の尼崎城ですが、戸田氏鉄が1635年に美濃・大垣城に10万石で加増移封されると、そのあと、掛川城から青山氏が入りました。
青山氏時代の尼崎藩は比較的裕福だったと言われており、青山幸成は尼崎城の改修も行っています。
そのあとは、桜井・松平家の松平忠喬が入ると、松平家の時代に明治維新を迎えています。

尼崎城

明治6年の廃城令で、尼崎城は取り壊されましたが、本丸御殿の一部が深正院の本堂として移築されています。
しかし、太平洋戦争にて焼失してしまいました。

戦国時代の1578年、有岡城の戦いの際に、荒木村重が逃亡した尼崎城(尼崎古城)は、大物城ともされますが、現在の尼崎城跡は、江戸時代になって築城されたため、場所が異なります。
大物城(尼崎古城)に関しては下記で解説させて頂いております。

尼崎古城(大物城)

さて、400年ぶりに天守が再建された尼崎城ですが、今回、阪神甲子園球場にて、阪神タイガースの応援をする際に、空いた時間で立ち寄らせて頂きました。

尼崎城

だいぶ外観はできあがっていましたが、まだ内部などの工事が行われていましたので、入ることはできませんでしたが、また、機会があれば、訪問してみたいところです。

尼崎城の入場料ですが、大人・大学生500円、小学生・中学生・高校生250円、未就学児無料です。
営業時間は朝9時~17時、最終入城時間は16時30分となっています。
なお「月曜日」が定休日になりますが、祝日は営業しています。
その他、年末年始(12月29日~1月2日)はお休みです。





尼崎城への交通アクセス・行き方ですが、阪神電鉄・尼崎駅から南東に歩いて約5分となります。
駐車場はないようですので、近隣のコインパーキング利用となります。
天守の南側に約20台ほどのコインパーキングも設置された模様です。

摂津・大物城(尼崎古城) 大物崩れの舞台
摂津・三田城(三田陣屋)  山崎片家が改修もした特異な城
荒木村重の詳細はこちら
荒木ダシ(正室)の話はこちら
池田和泉守~日本で初めて鉄砲自殺したとされる荒木村重の重臣
茨木城 茨木長隆の居城も今はその面影なし
有岡城(伊丹城) 伊丹駅前に残る城跡
花隈城 花隈城の戦いと荒木元清
大坂・関西の史跡がわかるオリジナル地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

1+
この史跡への皆様の評価→
評価ポイント
3 based on 6 votes
攻略難易度
初心者向け
旧国名
摂津
著者コメント
オープンしたら訪問したいところです。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 籾井城 籾井城 籾井綱利(籾井教業) 青鬼として恐れられた猛将
  2. 姫路城 姫路城【世界遺産】見どころ 駐車場入口など見学・混雑情報~建てた…
  3. 洲本城 洲本城の歴史をどこよりも詳しく~淡路島の中心地となった城下
  4. 篠山城 篠山城 防御に秀でた丹波の日本100名城
  5. 摂津・大物城(尼崎古城) 摂津・大物城(尼崎古城) 大物崩れの舞台
  6. 此隅山城 此隅山城 山名氏が最盛期を迎えた本拠地
  7. 花隈城 花隈城 花隈城の戦いと荒木元清
  8. 但馬・朝倉城 但馬・朝倉城 朝倉氏の本貫地で越前・朝倉氏もここから発祥
PAGE TOP