兵庫県

摂津・三田城(三田陣屋)  山崎片家が改修もした特異な城

摂津・三田城

摂津の三田城(さんだ-じょう)は、兵庫県三田市にある平山城となります。
別名は、車瀬城、三田陣屋とも言います。

南北朝時代に、赤松一族の有馬則景が、車瀬に居館を造ったのが始まりともされますが、諸説ありかなりよく分かりません。
三田にある金心寺(こんしん-じ)は。古くから歴代天皇の信仰を受けており、戦国時代初期には20万石を誇るなど、三田の中心として君臨していたようです。

また、伊丹城主となった荒木村重は、1574年に妻の妹を、摂津・三田城主の有馬国秀(有間出羽守)に嫁がせ、臣従させた模様です。
しかし、摂津一国の支配を任された荒木家と対立し、1575年に有馬国秀は有岡城に呼び出しました。
有馬国秀は、謀反を疑われたため、身の潔白を証明するため、自ら自刃して果てたと言い、摂津・有馬氏は滅亡しました。





そのあと、荒木村重は、寵臣であった安都部弥市郎を「荒木平太夫」と改名させ、2万石で摂津・三田城(車瀬城)に入れました。
そして、金心寺の周辺を城下町として整備したとも言われています。
この荒木平太夫(荒木重堅・木下重堅)は、荒木家において主に奉行として活躍していたようです。

1579年、荒木村重は織田信長を裏切り、有岡城の戦いとなっていましたが、夜陰に紛れて城から逃れて、尼崎城(大物城)に逃れると、荒木重堅は摂津・三田城を明け渡して織田家に投降したともされます。
もちろん、よくわかっていない部分が多く諸説あります。
また、経緯は不明ながら許されており、のち羽柴秀吉の家臣に加わっており、1582年の本能寺の変のあとには、因幡・若桜城主に抜擢されています。

代わって、摂津・三田城に入ったのは、山崎片家(やまざき-かたいえ)とされます。
この山崎片家は、もともと六角義賢・六角義治の家臣だったようで、本能寺の変では明智光秀に味方し、佐和山城などを占拠したようです。
しかし、明智光秀が討たれたと知ると、羽柴秀吉に従い、近江・山崎城の本領を安堵されました。
そして、1582年の冬に、摂津・三田城に23000石で移されたと言う事になり、しばらく織田信雄の与力となっていました。
なお、三田城を回収した際には、家臣の車瀬政右衛門が縄張り(設計)をしたため「車瀬城」と呼ばれるようになったと言う事らしいです。
三田城には天守もあったと言われますが、このとき、建造されたとも考えられています。
1591年に、山崎片家が死去すると嫡男の山崎家盛(やまざき-いえもり)が家督を継ぎました。
その山崎家盛は、1600年、石田三成が挙兵したことを、徳川家康にいち早く伝える使者を出した大名としても知られます。
しかし、大阪周辺は西軍に味方したものが多く、山崎家盛は大垣城に入ると石田三成に面会し、その後、細川幽斎が守っていた丹後・田辺城の包囲に加わり、田辺城の戦いに参加しました。
そのため、戦後、山崎氏は改易されそうになりましたが、正室・天球院の兄である池田輝政の尽力により、石田三成挙兵の報告をした功績が認められて、因幡・若桜城3万石に加増転封となっています。

次に三田城主となったのは、東軍に属していた淡河城主・有馬則頼(ありま-のりより)となります。
この有馬則頼も、摂津・有馬氏の一族で、もとは播磨・満田城主で、豊臣秀吉に御伽衆として仕えていました。
関ケ原の戦いでは徳川家康に味方したことから1601年に2万石で摂津・三田城に入りました。
1602年に死去すると、福知山城主となっていた次男・有馬豊氏の領地に加えられましたが、1620年に久留米藩に21万石で移封となり、その後、出羽・上山城から松平重直が三田城主となっています。
しかし、1633年に豊後・龍王城へ移封となり、九鬼久隆が志摩・鳥羽城から3万6000石で入りました。





九鬼家は、前領主・松平氏の居館である「御館」を中心とした三田陣屋を改修して 旧三田城を取り込み、拡張して堀も廻らしました。
また、大池では九鬼水軍としての技術を忘れないため、舟を浮かべて訓練に励んだと伝わります。

摂津・三田城

そして、九鬼氏の治世は続き明治維新を迎えています。

本丸跡は、三田小学校になっており、三田城址の石碑と縄張り図の案内板があります。
また、二の丸跡は県立有馬高校で、遺構としては本丸と二の丸の水濠、二の丸東側の空堀が残っています。
また、金心寺の山門として下屋敷表黒門が移築されています。

三田城の下屋敷表黒門

交通アクセスですが、電車の場合、JR西日本・福知山線の三田駅、神戸電鉄・三田線の三田駅または三田本町駅下車で、いずれも徒歩15分となります。
なお、有料駐車場として利用したコインパーキングなどがわかるように、当方のオリジナル地図でも示しています。
その駐車場の向かいに、資料館にもなっている旧九鬼家住宅があります。
入館無料の旧九鬼家住宅の開館は朝10時~16時までです。
定休日は毎週月曜と年末年始休館ですが、季節により開館日が代わる場合があります。

荒木村次(尼崎城主)は荒木村重の嫡男、そして次男・荒木村常
荒木村重の詳細はこちら
九鬼嘉隆~九鬼水軍を率いた織田家・豊臣家の水軍大将
摂津・池田城 池田信正・池田勝正・荒木久左衛門(池田知正)
摂津・大物城(尼崎古城) 大物崩れの舞台
尼崎城が復活 4重天守が400年ぶりに蘇る
有岡城(伊丹城) 伊丹駅前に残る城跡
茨木城 茨木長隆の居城も今はその面影なし

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
摂津
著者コメント
住宅地になっています。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 此隅山城 此隅山城 山名氏が最盛期を迎えた本拠地
  2. 籾井城 籾井城 籾井綱利(籾井教業) 青鬼として恐れられた猛将
  3. 丹波・山垣城 丹波・山垣城 武蔵国の足立から移り住んだ名門の本拠地
  4. 摂津・大物城(尼崎古城) 摂津・大物城(尼崎古城) 大物崩れの舞台
  5. 姫路城 姫路城【世界遺産】見どころ 駐車場入口など見学・混雑情報~建てた…
  6. 有子山城 有子山城 山名氏の本拠地となる山名氏城跡
  7. 但馬・八木城 但馬・八木城 別所重宗が石垣の城に改修
  8. 但馬・朝倉城 但馬・朝倉城 朝倉氏の本貫地で越前・朝倉氏もここから発祥

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 飯羽間城(飯場城)
  2. 出羽・小山田城
  3. 出羽・浜館
  4. 伊勢・長島城
  5. 志賀城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP