長野県

海津城【松代城】の解説【日本100名城】川中島の戦いでも重要な武田の拠点となった名城

松代城(海津城)




松代城(まつしろじょう)は戦国時代には海津城(かいづじょう)と呼ばれていた輪郭式平城で、国の史跡に指定されており、日本100名城にもなっています。
別名は、貝津城、長野城、茅津城(かやつ)とも言います。

築城時期は不明ですが、武田信玄善光寺平に進出すると、ここにあった館(城)を摂取し、1559年から山本勘助が築城に携わったとされています。

海津城

始めは海津城の本丸に小山田虎満(小山田備中守虎満)が城代として入り、二曲輪(二の丸)には、市川等長や原与惣左衛門が城将として守備し、春日山城上杉謙信に備えました。

海津城

その後、春日虎綱(高坂昌信)が海津城代として入ると、1561年9月には、上杉謙信と武田信玄が大激戦となった、第4次・川中島の戦いが、海津城に西にある千曲川付近で起こっています。
このように、海津城は武田滅亡まで武田の最前線として機能しました。

海津城

1582年3月、武田家が滅亡すると、織田家の森長可が海津城に入って領国経営に乗り出します。
しかし、すぐに本能寺の変となり、織田信長が横死すると、森長可は国人の人質を楯に、美濃へと逃げます。
そのため、春日山城から上杉景勝が侵攻して、海津城は上杉家の持ち城となりました。

海津城

1598年、上杉家が会津に移封となると、海津城には須賀川城から田丸直昌(たまる-なおまさ)が3万石で入っています。

海津城

ただし、1600年2月、田丸直昌は美濃・岩村城へ4万石に移り、代わりに森忠政が13万7500石で海津城主となり、海津城を待城(まつしろ)と改名したようです。

海津城

1603年、 森忠政が美作・津山城18万6500石へと加増転封となり、松平忠輝が14万石にて入封しました。
この時、家老・花井吉成が城代となり領内の整備に尽力し、現在の松代城下町が築かれます。

海津城

1616年、代わって松平忠昌が12万石で入ると、待城から松城へと字が変わりました。

松代城

その後、1619年には酒井忠勝10万石で入りますが、1622年には上田城主・真田信之が13万石として移封となりました。

松代城

以後は、松代藩の拠点として明治維新まで真田氏の居城となった訳ですが、1711年に徳川幕府の命によって「松代城」と名を改めています。

松代城

松代城は、2016年の大河ドラマ「真田丸」にて、真田信之の居城となったことから、真田家として注目されています。
しかし、川中島が近いことから、武田信玄のイメージの方が濃い為、本丸にある石碑は「海津城」と掘られています。

海津城

松代城の観光所要時間は、ざっと見る程度でしたら20分、じっくり周りますと60分といったところです。

松代城

なお、松代には城下町も色濃く残されていますので、時間の許す限り色々と廻ってみて下さい。
現地にも案内看板などがあちこちにあり、参考になります。

松代城

真田信之の時代の松代城の様子は、下記のような感じです。

松代城

交通アクセス

松代へのアクセス・行き方ですが、JR北陸新幹線の「長野駅」から、長野駅・古戦場経由松代高校行のバスで約30分、松代駅バス停下車となります。
バスは1時間に2本程度あります。
駅前からは貸自転車(レンタサイクル)もありますので、付け加えます。
なお、クルマの場合には、上信越自動車道の長野ICで降りて、松代城まで5分程度と、高速ですと近くて便利です。





松代城(海津城)の駐車場はいくつかあります。
メインの駐車場がある場所は
下記の地図ポイント地点となります。

松代城だけ見学するのであれば、北側の駐車場の方が渋滞など少なく便利です。

松代城の見学所要時間は30分~50分といったところです。

この記事は当方の真田家サイトより松城城を抽出した形となっています。

松代城(海津城)の歴史~抑えておきたい真田家の松代観光スポット12選
真田信之【真田信幸】とは?詳細版で詳しくわかる吉光のお長持
真田家墓所がある松代「長国寺」のみどころ~真田信之の霊屋など
旧横田家住宅(国の重要文化財)~松代にある真田家臣の武家屋敷
真田家墓所がある松代「長国寺」のみどころ~真田信之の霊屋など
森忠政 兄戦国を生き抜いた末っ子大名
佐久間象山~幕末の志士に大きな影響を与えた天才学者





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 豊後・岡城
  2. 信濃・田口城
  3. 伊賀・上野城
  4. 唐沢山城
  5. 掛川城
  6. 武蔵・菖蒲城
  7. 敦賀城
  8. 武蔵・奥沢城
  9. 三河・野田城
  10. 吉野城(金峯山城)

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP