神奈川県

土肥氏館(土肥館・土肥実平館)をわかりやすく1分で解説

土肥氏館(土肥館)




土肥氏館(土肥館土肥実平館)

築城 : 平安時代末期
城名:土肥館、土肥氏館、土肥実平館
城主:土肥実平、土肥遠平
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町土肥(JR湯河原駅前)
遺構:城願寺

土肥館(どい-やかた)は、神奈川県足柄下郡湯河原町土肥にある平安時代末期の館跡で、土肥氏館、土肥実平館とも言います。
下記は、土肥館跡(湯河原駅前のロータリー)にある、土肥実平とその妻の銅像です。

土肥実平とその妻

場所は、JR湯河原駅があるところですが、推定地であり、規模なども不明で遺構もありません。
ただ、確かに、南に面した高台の平坦地で、背後は山であり、土肥氏の館址を構えるには最適な場所と言えます。
菩提寺の城願寺辺りまでが敷地だったかも知れません。

湯河原・城願寺

明治には土肥村でしたが、大正に入り町制にした際に、湯河原温泉の名前から湯河原町へと変わりました。
なお、背後の山をずっと登って行くと、戦国時代に改修されたと考えられる、相模・土肥城があります。
土肥館の詰城とも考えられますが、鎌倉時代に使用したとは、とても考えられません。

湯河原駅

最初に屋敷を構えたとされるのは、土肥実平(土肥實平)です。
相模の小田原付近を本拠にしていた中村氏の一族で、足柄郡土肥郷を与えられました。





土肥実平と子の土肥遠平(小早川遠平)は、1180年に源頼朝が挙兵した際の有力武将であり、中村党を率いて味方しました。
本家は中村氏ですが、ふるわなかったようで、中村党は、老齢の土肥実平が実質的に率いていたと言う事になります。
工藤茂光岡崎義実天野遠景、佐々木盛綱、加藤景廉らと、山木兼隆の山木館襲撃から、参加しています。
石橋山の戦いになる前には、源頼朝らの軍勢は土肥館に2日間逗留して、軍議を重ねたようです。
合戦に敗れると、土肥館に退却し、その後、土肥城の奥にある、ししど窟(ししどの岩屋)へと逃れました。
山中に逃れている間は、土肥実平の妻が、食料を届けるなどの支援を行ったようです。
その後、土肥実平が用意した船で、真鶴から房総へと渡りました。





このように、鎌倉幕府樹立に大きく貢献した土肥氏ですが、1213年、和田義盛による和田の乱にて、土肥遠平の子や、一族の土屋氏が和田氏に味方します。
そして、討死・処刑されるなどしたため、中村党は大きく所領も減らしましたが、滅亡までは至っていません。
その後、小早川遠平は、残っていた所領の安芸・沼田荘に移って、戦国時代の小早川隆景を輩出することになります。

交通アクセス

JR東海道本線の湯河原駅から降りてすぐで、とても便利です。
駐車場は、湯河原駅前ロータリーの送迎用駐車場が利用できます。
短時間(15分まで)であれば、無料ですので、写真撮影するには充分です。

近くに菩提寺の城願寺がありますので、セットでどうぞ。

土肥実平をわかりやすく3分で解説~源頼朝に大きく貢献した中村一族の老将
5分でわかりやすい【源頼朝】の解説「鎌倉幕府・征夷大将軍・鎌倉殿」旧相模川橋脚も (鎌倉殿の13人)
土肥実平と土肥遠平(小早川遠平)~湯河原・城願寺の土肥一族の墓
三太刀城の考察「沼田荘」土肥遠平(小早川遠平)の館跡か?
石橋山古戦場(石橋山の戦い)【源頼朝挙兵】参加武将など合戦経緯と訪問方法(駐車場)
土肥遠平をわかりやすく2分で解説~小早川遠平となる小早川氏の租
和田合戦~経緯と戦闘詳細【和田義盛の乱】
相模・土肥城の解説~北条氏が整備した湯河原の山城
真鶴・荒井城(荒井館)の解説~荒井実継(荒井刑部実継)の居城?
宇佐美城の解説【宇佐美祐茂の本拠地・宇佐美荘】
城めぐりにも便利なオリジナル関東地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 伊豆・戸倉城
  2. 鍋山城
  3. 佐渡・相川城(羽田城)
  4. 相模・田村館
  5. 平山氏館跡
  6. 大和・丹治城(丹治塁)
  7. 信濃・松岡城
  8. 宮路山城
  9. 津軽藩士シャリ陣屋
  10. 棚木城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP