静岡県

伊豆・狩野城 工藤茂光と最後の城主である狩野道一

伊豆・狩野城




伊豆・狩野城(かの-じょう)は、別名を柿木ノ城(かきぎのじょう)とも言う下田街道を見下ろす標高189mの山城で、比高は100mとなります。

もうお分かりのとおり、狩野氏の本拠地ですね。
狩野氏は藤原南家の系統で、藤原為憲を祖としますので、貴族出身の武士となります。
藤原為憲が、940年の承平天慶の乱にて藤原純友とともに活躍し、従五位下木工助に叙任されると工藤姓を名乗るようになりました。

1050年頃には工藤維景が駿河守を退任したあと、修善寺から天城湯ヶ島に至る狩野郷に移り住み、狩野姓を称するようになります。
加納、嘉納とも記載されることがあります。





狩野城が築城されたのは1100年頃と推定され、築城者は2代・狩野維職、もしくは3代・狩野維次と考えられています。
なお、工藤氏(狩野氏)からは伊東氏や宇佐美氏などが一族として配されています。

工藤茂光

工藤茂光(くどう-しげみつ)は、狩野茂光(かのう-しげみつ)とも呼ばれますが、平安時代末期、狩野介と称し、伊豆の武士を束ねる棟梁でした、
伊豆大島も所領だったと言います。
そして、1156年、保元の乱にて、伊豆大島に流罪となった源為義の八男・源為朝の監視役を務めました。
しかし、源為朝は罪人の身でありながら、鬼ヶ島に渡り、伊豆七島を支配すると蜂起する動きを見せます。
そのため、工藤茂光は討伐の院宣を受けて、1170年、伊東氏・北条氏・宇佐美氏らと500余騎、20艘で攻めて源為朝を自害に追い込みました。

1160年から、伊豆の蛭ヶ小島(ひるがこじま)に流されていた源頼朝が、1180年に挙兵した際には、北条義時らと工藤茂光(狩野茂光)も従います。
しかし、石橋山の戦いにて、源頼朝は敗れますが、この時、大庭景親・伊東祐親らと戦かった工藤茂光(狩野茂光)は、敗戦の中、自刃して果てました。

一説では、太っていて早く逃げられず、足手まといになるとして、外孫の田代信綱に介錯してもらったとされます。





家督は嫡男・狩野宗茂が継いだようで、一ノ谷の戦いにて捕虜となった平氏の総大将・平重衡の身を預かっています。
このように父の功績もあり鎌倉幕府では重用され、狩野家では代々「狩野介」を称して伊豆で続きました。
3男と考えられる工藤親光は、1189年の奥州征伐に、幕府軍の総大将として出陣しましたが討死しています。

狩野道一

伊豆では盟主的な狩野一族ですが、時代は流れて戦国時代初期、1493年に伊勢新九郎が(北条早雲)が、堀越御所を襲撃して茶々丸を追放します。
そして、伊勢新九郎は韮山城を拠点としましたが、この時、狩野城主の狩野道一(かのう-どういつ)は堀越公方を継いだ茶々丸に従っていたため、伊勢新九郎と敵対しました。
しかし、宇佐美氏、そして伊東氏と、工藤一族の結束を切り崩されたため、狩野道一は窮地に立ちます。

伊豆・狩野城

1496年に伊勢勢であるの雲見の高橋将監などにより狩野城(柿木城)は包囲されていますが、この時は、なんとか撃退しました。
その後、柏窪城などで攻防もありましたが、1497年12月、狩野城は降伏・開城となった模様です。
まさに上流階級の支配者が、下位のものに滅ぼされると言う下剋上です。





その後の狩野道一の消息は不明ですが、北条早雲の戦後処理「旧豪族は地縁から切り離す」と政策があり、狩野一族らは小田原に送られたようです。

その後、狩野氏は、小田原評定衆の中にも御馬廻衆・狩野泰光(狩野一庵)の名が加わっています。
狩野一庵は、北条氏照の家老を務め、1590年に、豊臣秀吉の小田原是の際に、八王子城の三の丸にて討死しています。
狩野一庵の子と考えられる狩野主膳には、2017年の大河ドラマ「おんな城主・直虎」にて、吉倉あおいさんが演じた、桔梗(新野左馬助の7娘?)が正室として嫁いでいた可能性があります。
その狩野主膳の子である木俣守安は、井伊直政の彦根藩にて筆頭家老となりました。

また、武人狩野氏の末裔である絵師は「狩野派」として、絢爛たるその画風と共に、今でもよく知られるのは言うまでもありません。





現在の狩野城跡は、遊歩道の整備も行われており、立ち木もほどよく伐採されています。
そのため、遺構も分かりやすくなっているようです。

交通アクセスですが、修善寺駅から昭和の森行きバスで15分、柿木橋バス停下車となります。
見学所要時間は約1時間程度です。
無料駐車場は、当方のオリジナル地図にて場所がわかるようにしてあります。

北条時政とは~伊豆韮山にある願成就院、執権・北条時政の生涯と牧の方について
源頼朝の生涯【鎌倉幕府・征夷大将軍】旧相模川橋脚も
石橋山古戦場【源頼朝挙兵の地】行ってきました訪問記・駐車場
曽我兄弟の仇討ちの分かりやすい経緯~工藤祐経と伊東祐親の遺恨
河津城 伊豆・河津郷の河津桜を見下ろす山城
北条早雲【詳細版】戦国時代の幕開け~北条早雲の生涯
韮山城 激戦を物語る煙硝曲輪など
北条氏規とは
船原温泉「湯治湯ほたる」~時之栖が運営する伊豆の掛け流し良湯
伊豆韮山の北条家関連や源頼朝・北条政子の史跡巡り駐車場情報など





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 古渡城
  2. 聖寿寺館
  3. 神岡城
  4. 御船城
  5. 越後・高田城
  6. 中家住宅(奈良)
  7. 渋谷城
  8. 京都新城
  9. 近江・瀬田城(勢多城)
  10. 加賀・堅田城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP