埼玉県

石戸城をわかりやすく2分で解説~埼玉県北本市の荒川に面した要害

石戸城




石戸城とは

石戸城(いしとじょう)は、埼玉県北本市石戸宿にある平城で、別名は武蔵・天神山城、足戸の砦(足戸砦)になります。

石戸城

比高は6mほどですが、鎌倉街道上野道(こうずけみち)が、城の中を南北に通っていたようで、西側の荒川を舟で渡れば武蔵・松山城川越城へも通じます。
その荒川の低湿地、また、東側・北側には深田があったようで、攻めにくい、天然の要害と言えるでしょう。

石戸城

南からのみ登ってくれるため、南に5つの曲輪を配置していた模様です。
下記は荒川になりますが、草がうっそうと茂っていて、本流は見えませんでした。

石戸城

最初の築城としては、長禄年間(1457年~1460年)頃に、扇谷上杉氏の太田資長(太田道灌)が築いて、藤田八右衛門が居城したと伝わります。

1525年、小田原城北条氏綱が、太田資頼の岩槻城を落とした際に、太田資頼が石戸城に逃れたとあります。

1562年には、毛利丹後守が守備しており、北条氏政の命を受けた、鉢形城北条氏邦が攻撃しています。
<注釈> 毛利丹後守は、翌年、上野・厩橋城主に抜擢される、北条高広(きたじょう-たかひろ)と推測されます。(毛利丹後守高広は大江広元の子孫)





この時、攻撃側の北条勢は、一夜で沼地に堤(渡るルート)を築きました。(一夜堤)
しかし、毛利丹後守の守りは固く、北条勢は多くの死傷者を出し撤退したようです。
<注釈> 毛利丹後守は手負いが多く退散し、北条勢が攻め落としたともあり、その後、北条勢の依田大膳亮が入った可能性もある。

石戸城

1563年2月には、北条氏康武田信玄の連合軍が武蔵・松山城を攻撃しました。
太田資正は、越後・春日山城上杉謙信(上杉輝虎)に救援を依頼したため、上杉勢は雪の国境を越えて、関東に入り上杉謙信らは、松山城を望める石戸城に入っています。
しかし、松山城が陥落したため、すぐに引き返したようです。
騎西城の成田長泰に命じて、北条勢の依田大膳亮が守る、足戸の砦(石戸城)を落城させたともあります。
しかし、翌年には、石戸城も北条勢の手に落ちていて、以後、小田原城が開城するまで、北条家の支配となりました。
<注釈> 依田大膳亮は北条氏邦の家臣で、1590年の小田原攻めの際に、足柄城を守備している。





現在、石戸城跡の多くは私有地(民有地)であり、進入が困難なようなため、遠景撮影に留めました。
なお、平安時代末期には、離れたところに、源頼朝の異母弟・源範頼の館跡跡と伝わる石戸館が、別途あります。

交通アクセス

JR北本駅の西口から、北里大学メディカルセンター行きバスでに乗車して所要15分、自然観察公園前バス停下車して徒歩15分。
近くではないが、城ヶ谷堤(桜土手)から川に降りる道路があり、その先に、散策・釣り人向けの大きな未舗装駐車場と、新しいトイレがある。
可能であれば、石戸蒲ザクラ、石戸館跡(石戸神社)とセットで訪れたい。

北条高広の解説~2度も上杉謙信に背くも2度復帰?
武蔵・三ツ木城の解説 足立遠村(川田谷遠村)の屋敷跡か?
武蔵・松山城 上田朝直 上杉/武田/北条/豊臣と何度も攻撃された松山城
石戸館(源範頼館)の解説~生きていた源範頼が晩年を過ごした地なのか?
城めぐりにも便利なオリジナル関東地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 備後・長崎城
  2. 砕導山城
  3. 龍松山城
  4. 小場城
  5. 都於郡城
  6. 多賀城
  7. 伊豆・鎌田城
  8. 浪岡城(浪岡御所)
  9. 長沼氏館跡
  10. 越後・安田城(阿賀野市) 

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP