静岡県

柏久保城(柏窪城)の解説~北条氏と狩野氏の攻防

柏久保城(柏窪城)




柏久保城とは

柏久保城 (かしわくぼ-じょう)は、静岡県伊豆市柏久保にある山城で、標高は180m、比高100mほどになります。
別名は、愛宕山城、柏窪城とも言いますが、伊豆の多くの山城の別名でもある城山も使われます。

柏久保城

最初の築城としては、平安時代末期に伊豆・狩野城付近を本拠としていた、狩野氏の租・狩野茂光(工藤茂光)ともされますが、なんとも言えないところです。
この工藤茂光(狩野茂光)は、伊豆の武士を束ねていた頭領であり、源頼朝の挙兵に北条義時らと味方します。
しかし、1180年、石橋山の戦いで、大庭景親伊東祐親らに敗れ、田代信綱の介錯で、自刃しました。





いずれにせよ、柏久保城は、伊豆・狩野城の支城であり、戦国時代まで伊豆では盟主的な狩野氏が治めていたようです。
その戦国時代に入ったばかりの1493年に、興国寺城から伊豆に進出した北条早雲(伊勢宗瑞)は、伊豆・守山城を攻撃して、堀越公方の足利茶々丸を滅ぼします。
そして、伊豆を統一するべく、伊東佑遠を従属させると、次には伊豆の最大勢力である狩野城主・狩野道一を攻撃開始しました。
出城である柏久保城は、北側の谷から急な斜面を登った北条勢の猛攻によって奪われ、修善寺城に篭もる茶々丸残党に対峙しました。

柏窪城

まお、1497年、狩野氏が盛り返して、柏久保城に攻め寄せています。
しかし、狩野氏の家臣である大見三人衆が、東に5kmの場所、伊豆・大見城から、狩野勢の背後を突いて北条勢が勝利しました。
もちろん、北条早雲が、大見三人衆は佐藤広頼(佐藤藤左衛門広頼)・梅原宣貞(梅原六郎左衛門宣貞)・佐藤七郎左衛門を調略したと言う事になります。
この敗戦により、ついに、伊豆・狩野城も降伏しました。
翌年、1498年8月には、下田の深根城も陥落して、北条氏が伊豆国を統一しています。





そして、北条氏が本拠とした韮山城の支城として、柏久保城(柏窪城)を、改修したようです。

交通アクセス

交通アクセス・行き方ですが、伊豆箱根鉄道・駿豆線の終点である修善寺駅から登山口まで徒歩10分と近いです。
登城路は、いくつかあるようでして、修善寺体育館に隣接するグランドの横から、一宮神社から、天桂寺からも登れるようです。
修善寺駅から徒歩で登城する場合には、一之宮神社の登山口が便利で、約15分で山頂です。





中腹にある天桂寺の駐車場を拝借するか、県道沿いにある「JA伊豆の国・農の駅伊豆」の駐車場を利用となるでしょう。
貯水タンクの奥にも駐車スペースがありますが、道が狭いようです。

石橋山古戦場(石橋山の戦い)【源頼朝挙兵】参加武将など合戦経緯と訪問方法(駐車場)
河津城 伊豆・河津郷の河津桜を見下ろす山城
北条早雲【詳細版】戦国時代の幕開け~北条早雲の生涯
韮山城 激戦を物語る煙硝曲輪など
伊豆・大見城の解説~大見実政(大見平次実政)や大見三人衆
伊豆・狩野城 工藤茂光と最後の城主である狩野道一
伊豆・守山城の解説【堀越公方・足利政知の詰城】北条早雲が攻略する
田代信綱の解説【伊豆・田代砦】伊豆国守だった田代氏
修善寺城の解説~関東管領・畠山国清による最後の抵抗
北條氏館跡などの伊豆韮山の北条家関連や源頼朝・北条政子の史跡巡り情報など
城めぐりにも便利なオリジナル関東地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 大和・西宮城
  2. 品川台場
  3. 徳合城(得合館)
  4. 小長谷城(小長井城)
  5. 春日山城
  6. 宇都宮城
  7. 高鍋城(財部城)
  8. 日知屋城
  9. 筒井城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP