静岡県

伊豆・守山城の解説【堀越公方・足利政知の詰城】北条早雲が攻略する

伊豆・守山城




伊豆・守山城とは

伊豆・守山城(もりやまじょう)は、静岡県伊豆の国市寺家にある山城で標高100m、比高72mです。

伊豆・守山城

かつて北条荘と呼ばれた肥沃な地であり、西に流れる狩野川は天然の水堀で、その北西には、鎌倉幕府の執権家となった北条時政の屋敷跡があります。
そのため、鎌倉時代から、伊豆・守山城を、簡単な詰城として使用していた可能性はありますが、最初の築城としては、1458年頃で足利政知とされます。

足利政知

足利政知(あしかが-まさとも)は、室町幕府6代将軍・足利義教の庶子(4男)で、1435年に生まれました。
母は、幕府奉公衆・斎藤氏の娘・少弁殿(斎藤朝日の妹)になります。





室町幕府公認の鎌倉公方を命じられて、1458年、関東執事・渋川義鏡や上杉教朝らと関東に向かいました。
しかし、関東は、享徳の乱の戦乱状態で、室町幕府に敵対していた、古河公方足利成氏が抑えており、鎌倉公方にも関わらず、鎌倉に入ることができませんでした。
そのため、伊豆・堀越に逗留することになったため「堀越公方」(ほりごえくぼう)と呼ばれます。

軍事力が弱い足利政知は、駿河守護・今川範忠(いまがわ-のりただ)などの力を借りますが、1471年には、足利成氏の軍勢が堀越御所を襲撃しています。(上杉勢の援軍で撃退)
このように、堀越公方の屋敷があった南側にある、伊豆・守山城を、詰の城として整備したようです。

文明14年(1482年)、室町幕府と足利成氏が和睦すると、足利政知は堀越公方のまま伊豆一国を与えられ、鎌倉入りを果たすことはできませんでした。
1491年、足利政知は病に倒れ、伊豆で病死。享年57。
家督は子の足利茶々丸が継ぎますが、弟・足利潤童子(あしかが じゅんどうじ)との間で内紛となり、興国寺城にいた伊勢宗瑞(北条早雲)が隙を突いて攻撃します。
茶々丸は願成就院で自刃し、堀越公方は約33年で滅亡しました。





その後、北条早雲は韮山城を伊豆支配の拠点とし、伊豆・守山城は、支城として改修されたと考えられます。
1590年、豊臣秀吉小田原攻めの際に、韮山城の戦いとなりますが、このとき、豊臣勢が、守山城を陣城として活用したと推測されます。

伊豆・守山城

伊豆・守山城への登城口は、守山西公園からなど、いくつかありますが、東側の若宮八幡宮境内からも登れます。
片道約10分ですが、大変急な坂道になっているようです。
山頂付近には、3本の堀切が確認できるほか、展望も良い所との事です。

伊豆・守山城

守山八幡宮の本殿は、江戸時代の1632年に、久能城主・榊原照久が造営したものとなります。

交通アクセス

「いずっぱこ」とも呼ばれる伊豆箱根鉄道・駿豆線の韮山駅から、麓の願成就院まで、約1.2km、徒歩16分です。
レンタサイクル(貸自転車)を利用する場合には、伊豆長岡駅のほうが、便利です。
クルマの場合、守山西公園の駐車場利用(北条氏館跡)が便利でしょう。

北条早雲【詳細版】戦国時代の幕開け~北条早雲の生涯
堀越御所の解説(伝堀越御所跡)~堀越公方・足利政知と足利茶々丸をわかりやすく
韮山城 激戦を物語る煙硝曲輪など
柏久保城(柏窪城)の解説~北条氏と狩野氏の攻防
伊豆・江間荘「江間氏館」の解説~江間四郎・江間次郎・江馬輝経など江間氏を検証
伊豆・狩野城【工藤茂光】(狩野茂光)と最後の城主である狩野道一
田代信綱の解説【伊豆・田代砦】伊豆国守だった田代氏
修善寺城の解説~関東管領・畠山国清による最後の抵抗
北条氏邸跡(円成寺跡)の解説【鎌倉殿の13人】伊豆・北条荘にある北条氏館跡
北條氏館跡などの伊豆韮山の北条家関連や源頼朝・北条政子の史跡巡り情報など
城めぐりにも便利なオリジナル関東地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 豊後・高田城
  2. 尾張・守山城
  3. 備後・岡島城
  4. 源範頼館
  5. 石神井城
  6. 出雲・鶴ヶ城 (田儀城)
  7. 但馬・朝倉城
  8. 小長谷城(小長井城)
  9. 佐渡・雑太城
  10. 平戸城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP