茨城県

山川館(常陸・山川城) 結城四天王・山川氏の本拠地

山川館(常陸・山川城)




山川館(常陸・山川城)は、茨城県結城市上山川にある平城で、別名は地頭屋敷、山川氏館と呼ばれています。
現在の東持寺が、山川館跡となりますが、4方は土塁と堀で、見事に囲まれた方形館ですが、古い時代の居館と推測されます。
土塁も昔はもっと高く、堀も昔はもっと深かったことでしょう。
古くからの領主は山川氏(山河氏)で、鎌倉時代の寛元元年(1243年)に、結城朝光の4男・山川重光(山川五郎重光)が、山川庄の地頭に任じられて、山川館を構えたとあります。

山川氏は「結城四天王」のひとりとして、1440年の結城合戦では、山川広朝(山川大膳太夫広朝)が、結城城での籠城に加わっています。
結城氏朝・結城持朝などが、永享の乱で自殺した足利持氏の遺児(足利春王丸・足利安王丸)を擁して挙兵し、室町幕府に対して反乱を起こした戦いです。
その他、小山氏朝、山川三郎、武井二郎、宇都宮氏、里見氏、簗田氏、芹沢氏、龍ケ崎氏が結城城に参じました。





なお、山川氏は、結城氏の同盟勢力のような感じでして、本家筋である結城氏や小山氏に後継がいない場合には、山川氏も養子縁組を度々おこなって、存続を図っていますが、一時は、山川氏の方が結城氏よりも勢力を持った時もありました。
ただし、山川景貞が誅殺されるなどして、やがて、結城氏が戦国大名化を図ったようです。
永正年間、古河公方の内紛時には、山川朝政・山川政貞らが、結城勢として古河公方・足利高基に味方して戦っています。

戦国時代の天文3年(1534年)、結城氏に従っていた下妻城主・多賀谷家重が、常陸・小田城の小田政治に通じて、結城家からの独立を画策します。
この時、結城政勝は山川城主・山川尾張守らに、多賀谷氏の討伐を命じました。
山川尾張守は重臣の手塚(某)を大将にして攻撃させましたが、多賀谷勢は兵を2手に分けて防戦したため、山川勢は撤退したとあります。

山川館(常陸・山川城)

1537年1月、多賀谷・小田の連合軍は、結城城を攻撃するため山川領に侵攻しました。
結城政勝は古河城の足利晴氏(古河公方)の弟で下野・祇園城主の小山高朝らの援軍を得て迎撃し、小田政治の本陣を夜襲すると首級300を挙げ、更には下妻城に押し寄せたようです。
しかし、同じ「結城四天王」である下館城主・水谷治持が仲介して、多賀谷家重の甥・多賀谷朝重(多賀谷安芸守朝重)を、結城家に人質に差し出すことで和睦しました。

その後も、小田氏治が結城領に侵攻する構えを見せたことから、1556年、結城政勝は結城城に山川城主・山川氏重(山川讃岐守氏重)、下館城主・水谷正村、岩上但馬守、多賀谷政広(多賀谷安芸守政広)らの重臣を集めて出陣しました。
更に、小山高朝は榎本高満(榎本大隈守高満)と、古河公方・足利晴氏も配下になっていた関宿城主・梁田晴助らを援軍として送ります。
また、小田原城北条氏康も、太田康資、遠山丹波守、富永三郎左衛門らの江戸城の在番衆と、岩槻城主・太田資正を軍監に加えて結城城に向かわせ、3000騎で海老ヶ島城を包囲しました。
海老ヶ島城の平塚長春らを討ち取ると、小田氏治は反撃に出て、山王堂の戦いとなっています。
この時、結城連合軍は、小田勢の首級485を挙げ、小田氏治は本拠の常陸・小田城も失い、重臣の菅谷氏が守る土浦城に逃れました。

1560年、上杉謙信が関東に侵攻すると、結城氏は北条氏に下ったため、山川氏重は一時、上杉謙信の陣に参じています。





1565年、14代の山川氏重(山川駿河守氏重)は、南に2km行った地に山川綾戸城を築いて、本拠を移します。
ただし、そのあとも、山川城には代官(城代)が置かれたようです。

伊勢・山川城もあるので、混同注意です。

山川館(常陸・山川城) への交通アクセスですが、かなり不便なところにあります。
JR結城駅が最寄り駅となりますが、距離にして6.5km、徒歩1時間30分くらいです。
レンタカーや、クルマでの訪問をオススメ致します。
山川綾戸城とセットでどうぞ。

山川綾戸城の解説 山川晴重
筑波・小田城と小田氏治の頑張り~8回も奪還を試みた小田城は防御は弱かった?
駒城(駒館) 藤原実寛
下館城 水谷正村と水谷勝俊 不敗伝説を作った水谷氏
海老ヶ島城 何度も城主が入れ替わった奪い合いの城
城跡巡りにも便利な関東オリジナル地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 常陸・小幡城
  2. 小机城
  3. 丸尾城
  4. 松山城
  5. 織田信長
  6. 長久保城
  7. 浮牛城
  8. 日幡城
  9. 龍泉寺城(竜泉寺城)
  10. 備前・天神山城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP