群馬県

大胡城 赤城山麓の一大拠点に残る立派な堀

大胡城

大胡城(おおご-じょう)は、赤城山の山麓の群馬県前橋市河原浜町にある平山城となり、標高180m、比高は10mほどになります。
最初の築城は平安時代末期ともされ、鎌倉時代から室町時代にかけて勢力を誇った大胡氏(おおご-し)の居城でした。
大胡氏は、平安時代中期の貴族である藤原秀郷の子孫とされます。
藤原秀郷の子孫は関東に多く、下野の場合、佐野氏、小山氏、皆川氏、常陸ですと江戸氏、助川氏、下総では結城氏、相模では波多野氏、上野では赤堀氏、桐生氏、佐貫氏など、広範囲に分布しています。
このうち藤姓足利氏(室町幕府を起こす源氏の足利氏とは別)である足利成行の庶子・足利重俊が大胡太郎を称したのが始まりとされます。
当時の館(屋敷)は、大胡城址の西にある養林寺の場所にあったようです。





1180年に、源頼朝が鎌倉を占領した際に、集結した関東諸将のひとりに、大胡太郎がいます。
南北朝時代になると、大胡上総入道と言う宗家は滅ぼされたようですが、代わりに新田氏に息がかかった大胡一族が掌握したようです。

戦国時代に入ると、上野・金山城主である岩松家純の重臣・横瀬国繁が大胡城を攻略したとあり、大胡氏は江戸の牛込城に逃れたともされ、小田原城の北条家の家臣となりました。
のち牛込氏となり、江戸時代には旗本として見受けられます。

大胡城

その後、大胡城には益田行綱が入ったようですが、益田茂政のとき、赤石城(伊勢崎城)の那波氏から攻撃され、新田へ逃れたとも伝わります。
そして、厩橋城の長野賢忠?が、大胡に進出すると、残っていた大胡一族も完全にのみこまれた模様です。
もちろん、歴史には諸説ある話ですので、その点はご容赦願います。
大胡氏の末裔としては、新陰流の始祖である上泉信綱(上泉伊勢守信綱)が知られます。

大胡城

のち、上杉謙信が関東に進出するとは大胡城を攻めたようで、その後、上杉家から北条高広が大胡城に入りました。
ただ、この北条高広は、のち上杉家から北条家に寝返りますが、北条家と上杉家が同盟を結ぶと、北条高広は上杉謙信に許されて、厩橋城(前橋城)に復帰しました。
のち北条高広が隠居した際には、大胡城にて余生を過ごしたと言われています。

大胡城

しかし、1578年、上杉謙信が死去して大館の乱となると、厩橋城主の北条景広が越後で討死し、北条高広は、内藤昌月らの仲介にて武田勝頼の配下となりました。
厩橋城には北条高広が移り、大胡城は、北条高広の一族である大胡高繁が入っています。

大胡城

1582年、織田信長の甲斐攻めにて、武田勝頼が天目山にて自刃すると、上野国は滝川一益が与えられました。
しかし、明智光秀本能寺に変となり、滝川一益は神通川の戦いで北条氏直に敗北します。
そのため、沼田城真田幸昌と同じように、北条高広も厩橋城と箕輪城を手に入れ独立勢力を目指しましたが、北条氏邦・北条氏直に落とされ、北条高広は没落しています。

大胡城

このようにして、厩橋城と共に上野・大胡城は北条氏邦の領地となりますが、1590年、豊臣秀吉小田原攻めにて北条家は降伏します。
そして、関東が徳川家康に与えられると、大胡城には牧野康成が2万石で入りました。

大胡城

牧野康成(まきの-やすなり)は、三河・牛久保城からの転身です。
こうして、大胡城は大改修されたようで、本丸を中心に再整備されました。

大胡城

1600年、関ヶ原の戦いの際、牧野康成は、徳川秀忠の軍勢として、上田城真田昌幸への最初の攻撃に加わっています。
しかし、本多正信の制止を無視した軍規違反で、城攻めに発展してしまい惨敗したことから、責任を取らされて、1604年に許されるまで、上野・吾妻城にて謹慎したようです。
ただし、それ以上のお咎めは無く、大胡藩(おおごはん)が成立しました。
1618年に、牧野忠成のとき、長岡藩6万石となって移封となると、以後は前橋藩・酒井氏の所領となっています。

大胡城跡ですが、本丸と二の丸の間には深い堀が残っているなど、かなりハッキリと遺構が残されています。

大胡城

二の丸から本丸へは土橋で繋がっているなど、城址公園としてよく整備されており、巨大な土塁、深い堀など見ごたえ充分です。
また、正円寺に城門が移築されているとの事です。





大胡城への交通アクセス・行き方ですが、上毛電鉄の大胡駅からバスにて、大胡局前バス停下車の徒歩3分となります。
大胡駅から歩くと10分ほどでしょうか?
大胡駅からタクシーだと所要5分くらいです。
クルマの場合、東側から侵入して行くと、下記のトンネルを抜けた先が二の丸となりますが、その二の丸が駐車スペース(20台ほど)になっています。

大胡城

見学所要時間は15分~30分ほどになります。
笑点司会の春風亭昇太さんもお気に入りの城跡とか・・。
このあと、小生は、上野・山上城へと向かいました。

上野・山上城 山上道及(山上氏秀)の居城
女渕城 赤城山麓の歴史ある城跡
毒島城 毒を盛って大蛇を退治し攻略した群馬の城
上野・伊勢崎城(赤石城) 寂しくなってしまった城跡
日本全国の城跡マップ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
上野
著者コメント
迫力ある遺構が残されています。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 毒島城 毒島城 毒を盛って大蛇を退治し攻略した群馬の城
  2. 高崎城 高崎城(和田城) 和田業繁の本拠地で井伊直政が大改修 和田信業も…
  3. 前橋城(厩橋城) 前橋城(厩橋城)の歴史 関東七名城と上毛の時代を感じる観光地
  4. 高津戸城 高津戸城とは 高津戸渓谷を見下ろす大間々の山城
  5. 後閑城 後閑城 後閑氏の存亡 後閑信純とは
  6. 上野・菅沼城 上野・菅沼城 菅沼定清とは 安中の海雲寺は招き猫の寺
  7. 上野・今村城 上野・今村城 那波宗俊 那波顕宗
  8. 上野・磯部城 上野・磯部城 手つかずの縄張りが楽しめる安中・磯部城

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 犬山城
  2. 御舘館
  3. 越前・龍門寺城
  4. 安土城
  5. 竹迫城
  6. 讃岐・高松城
  7. 名古屋城
  8. 相模・小沢古城
  9. 釜蓋城
  10. 甲斐・下山城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP