富山県

越中・小出城 唐人親広 何度も取り合いになった最前線

越中・小出城

越中・小出城(こいで-じょう)は、富山県富山市水橋小出にある平城です。
現在、小出神社がある場所が微高地になっており、平成の発掘調査では150mほど北方に、堀跡も発見されました。
小出城も信濃・小出城があるなど、他国にもありますので、混同しないよう注意が必要です。

最初の築城としては、鎌倉時代の末期に小井出氏の屋敷があったと推定されています。





戦国時代には、唐人式部(かろうどしきぶ)なる武将が越中・小出城に居たようです。
日本人としては、かなり珍しい苗字ではありますが、漢字から推測するに、単純に唐人(中国人)であったことが伺えます。

諸説ありますが、唐人(からうど)氏は越中・松倉城の椎名氏に仕えて被官だったようで、唐人親広(唐人兵庫大輔、唐人武部兵庫正)が越中・小出城主でした。
1545年、長尾為景に敗れたあと、唐人兵庫が越中・小出城に入ったともありますが、実際に、長尾為景は1543年に死去していることから、んかとも言えません。
1566年、揖美庄助五郎(弓庄助五郎)の越中・小出城主が、上杉謙信に攻略されて、長尾小四郎景隆が入ったともあり、そのあと、唐人親広に与えられた可能性があります。

越中・小出城

唐人親広(かろうど-ちかひろ)は、岸和田流炮術の砲術・鉄砲に秀でた武将だったようで、伊勢・長島などから一向一揆を支援するため、越中にやってきたとする説もあります。
別の説では、椎名氏のあとは神保氏に仕え、1572年、一向一揆の攻撃の際に富山城に入っていました。
しかし、一揆勢からの内応に応じて寝返ったことで、富山城が落城したともあります。(1582年にも同じような話がある)
その後は、上杉謙信に従っていたようで、1576年、上杉勢が能登に侵攻した際には参陣し、平子和泉守、轡田肥後守と共に能登・甲山城主を命じられました。
そのころには、椎名家を継いだ長尾景直(椎名景直)の領地になっていたと推測されます。
1578年、上杉謙信が死去すると、織田家から誘われたようで、唐人親広(加老戸親広)は、越中・願海寺城の寺崎盛永、越中・木舟城の石黒成綱らと織田勢の軍門に下りました。
しかし、御館の乱になると、神保長住に従っていた長尾景直の配下になっています。
鉄砲を扱える貴重な武将だったようで、あちこちから誘いを受けています。
特に、神保長住と椎名小四郎が、唐人親広の取り合いをしたようで、柴田勝家が仲裁しています。





一方、越中・小出城のほうは、1579年に佐々成政が攻略して、久世但馬が入りました。
1581年、佐々成政、神保長住が京都・馬揃えで不在のとき、越中・松倉城にいた、上杉家の河田長親が越中・小出城を攻めています。
この時は、佐々成政の家臣・久世但馬守が頑張って長期戦となりました。
佐々成政が戻ると荒川の戦いとなり、河田長親は松倉城へと撤退しています。。
この頃の、唐人親広の動向は不明ですが、越中・小出城には、佐々家の佐々喜藤次、佐々喜右衛門と代わって入ったようです。

1582年、唐人親広は、富山城に復活していた神保長住に従い、一向一揆の攻撃を防いでいましたが、武田勝頼に呼応して小島職鎮(小嶋六郎左衛門)と共に、神保長住を富山城内に押し込めて、城を乗っ取ったとされています。
しかし、富山城は柴田勝家ら織田勢に奪還され、敗れた唐人親広らは五箇山へ落ちのびたと言います。
その後、直江兼続に取り立てられたようで、越後・勝山城主となり、越中攻めでは先鋒を務め、上杉家の砲術指南役となり、越後国能生で死去したと言います。
上杉家が米沢城に移ったあとには、直江兼続の与板衆のなかに、唐人丹後守広親200石との記載が見受けられ、代々式部を名乗ったようです。

越中・小出城

なお、1582年の時点で、上杉家はかなり厳しい状況で、越中では織田勢が躍進し、魚津城も陥落しました。
しかし、明智光秀による本能寺の変織田信長が横死したことで、織田勢は撤退し、上杉勢の須田満親が越中・小出城などを奪取しました。
ただし、上杉家は戦力が低下しており、1583年、佐々成政が魚津城を包囲すると、須田満親は魚津城と小出城を明け渡すことを条件に開城・撤退しました。
しかし、佐々成政の反対勢力である越中・弓庄城土肥政繁が、越中・小出城と越中・新庄城を攻略しています。
でも、維持できる力はなく、撤退を余儀なくされたようです。

1585年、豊臣秀吉が佐々成政を成敗すると、越中・小出城の名は歴史に出なくなりました。

でも、上記でご紹介したとおり、越中での激戦となった場所であり、何度も何度も攻防があったところです。
現在、宅地・水田になっており、遺構はありませんが、なにか整備されることを期待したい、歴史上、とても重要な城跡です。





交通アクセス・行き方ですが、あいの風とやま鉄道の水橋駅から徒歩約15分です。
駐車場はありませんが、神社に駐車スペースがあります。
場所は下記の当方の地図にてご確認頂けますと幸いです。

魚津城 上杉勢13人の武将が自刃した魚津城の戦い
弓庄城 越中の土肥一族である土肥政繁
越中・松倉城 山の奥にある椎名氏の本城
富山城 続日本100名城 神保長職と神保長住
日本全国のお城マップ(オリジナル)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
越中
著者コメント
神社があります。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 井波城 井波城 越中一向一揆の拠点
  2. 館の城 越中・館の城 館弾正の屋敷跡
  3. 越中・若栗城 越中・若栗城 女のさむらい大将 奮戦の伝承
  4. 越中・天神山城 越中・天神山城 上杉勢も攻略した魚津の山城
  5. 舟見城 舟見城 飛騨が渕に身を投げた入善飛騨守五郎左近尉
  6. 越中・宮崎城 越中・宮崎城 越後からの侵入を防ぐ重要拠点

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 岩尾城
  2. 陸奥・福島城
  3. 積善寺城
  4. 神辺城(村尾城)
  5. 越前・戌山城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP