岩手県

陸奥・米内館 米内右近と米内光政も

陸奥・米内館

陸奥・米内館(よない-だて)は、岩手県盛岡市上米内にある丘城で。標高は220m、比高は20mほどになっています。
最初の築城などは当然不明ではありますが、米内館は、米内氏の本拠であり、奥州・安倍氏の一族と伝わります。
もう少し詳しく記載しますと、安倍貞任の庶流となります。
秋田安東氏の安東盛季の孫が、秋田から一方井城に入りますが、その一方井氏の庶流が米内氏と言う事になります。
ただし、それ以上のことは、よくわかっていません。





戦国時代には、同族とも言える不来方城主・工藤光家や、一方井城氏に従っていたようです。
南部氏第26代当主になる南部信直は、石川高信の庶長子として一方井城で生まれてもいます。
一方井城主・一方井安正は、南部氏のために、米内右近・栗谷川仁佐衛門らと、南北から日戸・玉山・下田・渋民・乙部・大釜らの諸豪族を攻略しました。
その後、米内右近は、南部信直の命にて、日戸内膳・福士淡路とともに、不来方城(盛岡城)を守備しました。

内城は、畑井野沢に沿って北西に伸びている丘陵の先端にあります。

陸奥・米内館

主郭は東西65m、南北75mの方形で、堀で囲まれているとの事です。
現在、館跡は畑となっており、私有地のようですし、駐車場もないので、勝手に入ることは自粛致しました。

戦国期から江戸時代の米内氏は下記のように繁栄しています。

米内丹後守政成   一方井城主・一方井禅門の弟・米内左近宗政の子で、南部信直に仕えた
米内右近正吉    米内政成の子 400石
米内右近正邦    米内正吉の子で孫二郎 200石
米内孫右衛門政忠  米内正邦の養子 松岡蔵人の4男
米内出雲政連    米内正吉の次男で孫兵衛 100石

米内出雲政弘    米内政連の子・孫八
米内孫左衛門正親  米内政連の次男 77石
米内丹後政恒    米内政成の次男・孫十郎 400石
米内孫七正堅    米内政恒の子であったが所領は没収
米内逸角
米内孫惣光政    米内政連の三男
米内孫四郎政唯   米内政連の四男
米内孫之丞政春   米内政連の五男





その他、江戸時代には、花巻城下に御鷹師として米内太郎兵衛がいた模様です。

昭和に入って、海軍大将・連合艦隊司令長、内閣総理大臣を務めた米内光政(よない-みつまさ)がいますが、上記の米内氏の名前からも、通字は「政」であることから、盛岡藩士・米内氏が出自です。
米内光政は、どちらかと言うと戦争拡大に反対であったため、日独伊三国同盟にも他藩大志、陸軍と対立したため総理大臣を辞職しました。
終戦の際には難局に尽力し、敗戦処理につくした人物です。

陸奥・米内館への交通アクセスですが、JR山田線の上米内駅から徒歩5分といったところです。

中野康実 名門の高水寺斯波氏を滅亡に追い込む
南部信直~生き残るための戦略
花巻城 稗貫氏の本拠地と稗貫広忠
盛岡城 哀愁漂う東北の日本100名城 訪問攻略法
当方のオリジナル東北地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
陸奥
著者コメント
駐車場はなく私有地です。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 衣川柵(並木屋敷) 陸奥・衣川柵(並木屋敷) 安倍頼時と安倍貞任 前九年の役
  2. 釜石・狐崎城 狐崎城 狐崎館の戦い
  3. 陸奥・水沢城 陸奥・水沢城 白石宗直と水沢要害
  4. 大槌城 大槌城 三陸海岸屈指の規模を誇る山城と大槌孫八郎
  5. 陸奥・岩崎城 陸奥・岩崎城 和賀・稗貫一揆や岩崎一揆の舞台
  6. 二子城 二子城 和賀・稗貫一揆で落城する
  7. 人首城 人首城 アテルイの弟・大武丸の子である人首丸が籠城?
  8. 陸奥・土沢城 陸奥・土沢城 盛岡藩の重要拠点 十二鏑館はどこに?

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 御坂城
  2. 丸岡城
  3. 相模・大谷館 (上浜田中世建築遺構群・浜田歴史公園)
  4. 三仏寺城
  5. 紀伊・周参見城
  6. 忍城
  7. 久下田城
  8. 船岡山城
  9. 龍泉寺城(竜泉寺城)
  10. 檜山城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP