山梨県

甲斐・椿城(甲斐・上野城) 大井信達と大井の方の出身地

甲斐・椿城(甲斐・上野城)




甲斐・椿城(甲斐・上野城)は、山梨県南アルプス市上野にある平山城で、標高は412m、比高は90mになります。
北側に一ノ瀬川が流れており、その絶壁は天然の要害で、東側も傾斜があります。
しかし、南側・西側は台地の続きで、あまり防御力はなさそうです。
恐らくは、背後にある甲斐・中野城を詰め城としていたのでしょう。





これまた、ややっこしいのですが、甲斐国には「上野城」と呼ぶ城跡が他にもあります。
例えば、甲斐・勝山城などです。
そのため、ここでは、甲斐・椿城をメインとして記述させて頂きます。

最初の築城は、小笠原長経の七男・上野盛長(上野六郎盛長)が、この上野の地を知行し、甲斐・上野城を築いたようです。
父・小笠原長経は、加賀美氏をおこした武田遠光(加賀美遠光)の2男・小笠原長清(小笠原次郎長清)の子となりますので、武田一族と言う事ですね。
なお、小笠原長清は、源頼朝より信濃守を任じられて、のち信濃の小笠原氏の祖となりました。
この付近に椿の木が多かったことから、椿城ともと呼ばれるようになったとされます。

甲斐・椿城(甲斐・上野城)

上野氏は3代で途絶え、そのあと秋山氏の養子が継いだ模様です。
その後、南北朝時代になると、武田氏10代・武田信武の次男・武田信明が上野を領し、大井信明と名乗るようになりました。

戦国時代になると、大井信達(おおい-のぶさと)が甲斐・椿城(甲斐・上野城)主で勢力を誇りました。
そして、武田宗家と対立しましたが、1515年、まだ若き武田信虎が甲斐・富田城を攻めて、大井信達を降伏させています。
この甲斐・富田城があった場所は、まだ判明していません。

その和睦の証として、大井信達の娘が、1517年頃に武田信虎の正室として嫁ぎました。
この女性が「大井の方」で、1521年に、武田晴信、のちの武田信玄を産んでいます。

大井信達も、戦上手の武田信虎にはかなわず、1520年に今諏訪の戦いで再び敗れると隠居し、家督を嫡男の大井信業(おおい-のぶなり)に譲りました。

甲斐・椿城(甲斐・上野城)

本重寺の北側にある駐車場の脇には、大井一族の墓があります。
下記の大きいのが「大井信達の墓」になります。

大井信達の墓

大井信達は大井宗芸、武田高雲斎とも号しました。
1525年には、大井の方が、次男・武田信繁をもうけています。

ちなみに、海ノ口城の戦いにて命を落とした猛将・平賀源心も大井一族ですが、佐久の信濃・平賀城を任されたため平賀姓を称していました。

甲斐・椿城(甲斐・上野城)への交通アクセスですが、JR中央本線の甲府駅からバスで、JAこま野野之瀬支所のバス停下車して徒歩5分となります。
上記の墓がある駐車場は、当方のオリジナル関東地図にてわかるようにしておきます。

周辺には、地下式坑と言う地下室がいくつもあるようで、今でも陥没することがあり、椿城には秘密の抜け穴があるとも伝わるようです。

甲斐・勝山城 油川信恵と油川夫人
甲斐・一条氏館(上野城) 今は模擬天守もある一条信龍の拠点
武田信虎の栄光と挫折の生涯とその人物像





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 盛岡城
  2. 矢沢城
  3. 宇土古城
  4. 南志見城
  5. 岡崎城
  6. 佐和山城
  7. 平戸城
  8. 近江・木村城(北村城)
  9. リンナイチャシ
  10. 中津森館

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP