神奈川県

相模・中村館の解説~中村宗賢(中村民部少輔宗賢)の居城か?

相模・中村館

スポンサーリンク



相模・中村舘とは

相模・中村舘(なかむら-やかた)は、神奈川県中郡二宮町川匂にある平城です。
現在、開基不詳の寺院・密厳院 (みつごいん)がある場所が、中村舘跡(相模・中村城跡)とされます。
この二宮の地は、平安時代末期に勢力を張り、源頼朝鎌倉幕府創設にも尽力した、中村党中村宗平の支配地(中村郷)でした。
ただ、その鎌倉時代の中村党の本拠地は、この相模・中村舘の付近ではないと考えられ、もっと北の中村宗平の館跡?、もしくは中村荘司御殿があったとされる、五所八幡宮がある中井町付近だったようです。
でも、この二宮の舘も、中村舘と言うため、非常に、ややっこしい状態となっています。
鎌倉時代には、相模・中村氏は衰退し、土肥実平など一族の土肥氏(小早川氏)のほうが勢力が上になりました。
しかし、1213年の和田合戦にて、中村党も没落しましたが、その後は、二宮氏・土屋氏などが、なんとか残ったようです。
そして、この二宮・中村舘があったのは、鎌倉時代よりあとだと考えられているようです。


スポンサーリンク



なんでも、戦国時代の初期、1494年に、相模・新井城主である三浦時高の養子になっていた三浦義同(みうら-よしあつ)が、謀反を起こして、養父と、養父の実子・三浦高教を討ち取ります。
その相模・三浦氏の三浦時高に仕えていた武将に、中村宗賢(中村民部少輔宗賢)がおり、その中村氏の一族が、この相模・中村舘主であったと考えられているようです。
そのため、相模・中村城と呼んだ方が、まだ、鎌倉時代と区別しやすいのです。
更には、二宮にあることから、二宮城と呼んだ方が、より適切だと思いますが、二宮氏館があるため、一般的には、中村館と呼ばれている次第です。
ちなみに、戦国時代の豊臣秀吉の重臣として活躍する中村一氏は、二宮氏からの系統と考えられています。
まぁ、もっとも、中村氏も三浦氏も、もともとは、平良文からの鎌倉氏とも関連ありますので、同じ一族とも言えます。

なお、平城と記載させて頂いておりますのは、実際の屋敷がこの周辺のどこだったのか?、よくわからないためです。
密厳院がある場所じたいは、小高い丘の中腹とも言えますので、そこを中心とすると、丘城とも言え、すぐ南には、東海道本線の線路が通っています。


スポンサーリンク



中村民部少輔宗賢は、海沢城?、新井城にて三浦道寸と戦うと、敗れて、伊豆・大賀茂に逃れたとされます。
その後、三浦義同(三浦道寸)は、相模・岡崎城も、領地にしていますので、二宮付近も支配下に収めた可能性があります。

交通アクセス

相模・中村舘への行き方ですが、JR二宮駅・南口から距離1.8km、徒歩25分といったところです。
駐車場は、密厳院の駐車場が、道路の範囲側にありますが、特に遺構などはありません。

相模・二宮氏館(二宮太郎朝忠館・二宮朝忠館)~花月尼(二宮御前)開基の知足寺
相模・中村氏館【中村宗平】中村党の本拠地考察~五所八幡宮・中村宗平館跡
相模・曽我城 (曽我氏館)の歴史解説~曽我兄弟が育った曽我荘・謎の曽我信正
山下長者屋敷の解説~山下長者屋敷の主は藤原実基?
相模・土屋氏館(土屋館)【土屋宗遠】の解説~土屋氏の祖
史跡めぐりにも便利なオリジナル関東地図


スポンサーリンク



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別


スポンサーリンク

只今人気のお城

城めぐり 2400城超えました

城めぐり
PAGE TOP