神奈川県

上依知・本間屋敷【本間重連】の解説~日蓮を保護した相模・本間氏

上依知・本間屋敷




上依知・本間屋敷

上依知・本間屋敷は、神奈川県厚木市上依知にある平城・館跡になります。
城主は、鎌倉時代の本間重連と伝わりますが、本間重連の屋敷は、依知(えち)の中に3つほど、伝承があるため、そのうちのひとつ、依知荘では一番北にあるのが、上依知・本間屋敷と言う事になります。
その3つの屋敷の中で、本屋敷と考えられるのが、上依知・本間屋敷になります。

上依知・本間氏屋敷

<注釈> 金田の本間屋敷が本拠ともあるため、本拠を、順次、移した可能性も。
相模川の近くですので、当然、相模川の水運も利用していたことでしょう。

本間氏は、横山党の一族と考えられ、横山党の海老名季定(海老名源八季定)の次男・海老名右馬允能忠が、海老名郷南部恩馬郷本間村を与えられて、本間能忠になったのが始まりとされます。
本間ゴルフさんなど、日本全国、本間氏の祖と言って良いでしょう。
その本間能忠からは、のち依知に移り、本間忠家と続き、本間忠家の6男が、本間重連(本間六郎左衛門尉重連)となります。
本間能忠の子・本間能久(本間義久)からは、佐渡・本間氏となっています。





そのほか、妙伝寺の寺伝では、本間重連の弟・越智直重(越智三郎左衛門直重)がおり、その越智直重の父は、萩原道人入道道珍という名で、上依知小学校付近の上依知城山主だった可能性があります。

本間重連

本間重連(ほんましげつら)は、鎌倉時代の武将で、依智六郎左衛門尉とも言い、相模国・依智(越知)にも所領を持っていました。

現在、上依知・本間屋敷跡の近くには、星梅山・星降院「妙伝寺」と言うお寺さんがあります。
この上依知・妙傳寺は、鎌倉時代の文永8年(1271年)に、日蓮が鎌倉から佐渡島へ配流される際、本間重連宅内の観音堂にて、約1ヶ月間逗留したとされています。
また、相模川の対岸にある当麻山・無量光寺の開祖である一遍上人は、上依知の觀音堂に来て、日蓮上人とも会談したとあります。

ただ、他の本間屋敷跡となる寺院の、中依知・蓮生寺、金田・妙純寺にも、日蓮が滞在したと言う同様の伝承があるため、日蓮が、どの本間屋敷にいたのか?、それとも、順次、すべての本間屋敷に滞在したのか?、定かではないと言えます。

ちなみに、日蓮は、月に向って法楽したところ、本間屋敷の梅樹に、明星が降臨したことから、本間重連(ほんましげつら)は、日蓮宗に帰依し、寺を建てて寄進したともあります。
上依知・妙傳寺に関しては、1278年、僧日源が草庵を営みはじめ、日蓮上人を勧請開山として、本間重連と本間重直の兄弟が開基なり、創建されたと伝わります。
そして、本間重連が、日蓮を護送して、佐渡守護・大仏宣時(北条宣時)に預けたと言う事になりますが、佐渡国の守護代が、本間重連だった次第です。
日蓮は、佐渡・塚原の三昧堂にて流刑生活を送りますが、その裏には、佐渡・本間氏の館があったそうです。
そして、年に一度程度は、本間重連も、佐渡に渡っていたようです。
のち、佐渡・本間家は、佐渡・雑太城を本拠として佐渡での最大勢力となり、いくつも支流(庶流)を排出しました。





室町時代に入ると、鎌倉公方・足利持氏と、関東管領・上杉憲実の対立が激化し、室町幕府第6代将軍・足利義教は、足利持氏の討伐を命じ、1438年、永享の乱(えいきょうのらん)となります。
この時、海老名氏館の海老名氏は、足柄の戦いなどで敗れて逃れて来た鎌倉公方・足利持氏に味方しました。
しかし、更に敗れたため、海老名尾張守と弟・海老名上野介は、室町幕府側に捕縛されて、自刃しており、相模・本間氏(越知氏・依知氏)も没落しました。

戦国時代になると、上依知・妙傳寺は、小田原城の北條氏から寺領を安堵され、江戸時代には、江戸幕府から寺領7石の御朱印状を与えられています。
しかし、不受不施派の取り締まり(日蓮宗以外の者から施しは受けないと言う意味の派閥)にて、廃寺になりそうでしたが、茨城県加倉井の妙徳寺の住僧・日遥が、上依知・妙傳寺の23世となって、中興したとあります。

交通アクセス

上依知・本間屋敷跡ともされる上依知・妙傳寺への交通アクセス・行き方ですが、最寄り駅は、JR相模線・原当麻(はらたいま)駅になります。
原当麻駅から歩くと、相模川を越えて、2.7km、徒歩40分くらいになります。
歩く途中には、照手姫伝説でも超有名な無量光寺もあります。
バスの場合には、原当麻駅の東口から「厚79」厚木バスセンター行に乗車して所要11分、上依知バス停下車の徒歩5分です。





本厚木駅からも、原当麻駅行バスで行けます。
バスをうまく使って、中依知・本間屋敷、金田の本間屋敷も、訪れることも可能です。
クルマの場合、道路は狭いですが、上依知・妙傳寺の門から入ると、大きな山門手前に15台ほどの駐車場が完備されています。
駐車場の入口は、当方のオリジナル地図にて、ポイント致しております。

海老名氏館 相模で歴史を誇る有鹿神社【神奈川県海老名市】
中依知・本間屋敷の解説~相模・本間氏の屋敷跡
相模・本間氏累代の墓~厚木・建徳寺と金田神社
佐渡・雑太城 佐渡最大の城跡である妙宣寺と日野資朝の墓
当麻山無量光寺とは
大島屋敷(大島正時屋敷) 海老名の領主になった里見氏の家臣
史跡めぐりにも便利なオリジナル関東地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP