神奈川県

武蔵・青木城の解説 多米元忠 横浜駅近くの城跡

武蔵・青木城




武蔵・青木城

武蔵・青木城 (あおき-じょう) は、神奈川県横浜市神奈川区高島台と、横浜駅から近いところにある平山城です。
現在、城址は、本覚寺となっています。
東側の尾根伝いで、武蔵・権限山城と連絡していましたが、今では、国道1号とJR線などで、分断されています。
最初の築城は不明ですが、戦国時代の大永年間(1521年~1527年)に、小田原城の北条家臣である多米元興(多米周防守)が、青木城に入りました。
先に築城されていたのは、隣の武蔵・権限山城だったようで、扇谷上杉家の上田政盛が城主でした。





1510年(永正7年)に、小田原城の伊勢盛時(北条早雲)が、権限山城の上田政盛を内応させます。
そのため、上杉憲房(山内上杉氏)の援軍を得た、上杉朝良(扇谷上杉氏)が、権現山城を落城させています。 (権現山城の戦い)
この時、後詰めとして駆けつけた北条勢は「本覚寺の地蔵堂」を根城(本城)として籠城したとあります。

武蔵・青木城

その後、北条早雲は江戸城を攻略し、北条五色備の黒備えである、重臣の多米氏を配置したと言う事になります。

多目氏(多米氏)は、三河国八名郡多米村(豊橋市多米町)の豪族でしたが、北条早雲が姉である北川殿(今川義忠の正室)を訪ねる途中に立ち寄り、多米元益と仲良くなったと言う話があります。
1495年に、伊勢盛時が、小田原城と、相模・真田城の大森藤頼を攻撃した際に、多米元益の子・多米元興が戦功をあげました。

1569年(永禄12年)、武田信玄が小田原城を包囲した際、多米周防守は武蔵・青木城を放棄して、北条氏綱の娘婿である吉良頼康の蒔田城にて籠城しました。

1577年、多米元興が没ししました。
多米元興の子としては、多米元忠(ため-もとただ) がおり、家督を継いだようです。

武蔵・青木城

北条氏康上杉憲政を関東から追い出すと、多米周防守元忠は、上野・平井城と、上野・西牧域の城主を兼任し、青木城には、山中主膳正(後北条家20将のひとり)を配置しました。
1588年頃、箕輪城主として、多米長定(多米出羽守平長定)の名が見受けられます。

1590年、豊臣秀吉の北条攻めの際の、多米氏の動向としては、御幣山城の大谷公嘉と一緒に、上野・西牧城にて籠城して、豊臣勢の北国軍と対し、討死した、老齢の多米長宗(多米周防守長宗)と言う武将がいます。
家臣と見られる山口総衛門が、青木城に伝えたとあります。

武蔵・青木城

また、駿河・山中城にて激戦をたたった武将に、討死した多米長定(多米出羽守平長定)がいます。
多米元忠の子 (多米長定の子の可能性も) とされる多米左近は、武蔵・青木城にて、家臣らと切腹したと伝わります。





幕末の1859年(安政6年)に、横浜港が開港すると、本覚寺が接収されて、この丘に、アメリカ領事館が設けられました。
薩摩藩との「生麦事件」では、負傷したイギリス商人が、助けを求めて駆け込んだところとなります。

アメリカ領事館跡

交通アクセス

主郭部の下には、歩行者専用の「高島山トンネル」が通っています。
武蔵・青木城への最寄り駅は京急本線の神奈川駅(各駅停車)から、徒歩5分くらいの距離です。
駐車場が本覚寺にありますが、交通量も多く、1度、通行した経験がないと、なかなか、アクセスが難しいところです。
横浜駅周辺のコインパーキングに止めてから、徒歩で向かう事をお勧め申し上げます。

このあと、権現山城に向かいました。

武蔵・権限山城の歴史解説 権現山城の戦い
多目元興の解説 多目元忠 北条家の最古参であり河越夜戦での大活躍も
北条早雲【詳細版】戦国時代の幕開け~北条早雲の生涯
北条氏康と瑞渓院とは~文武両道な猛将も家中や庶民を大切にした戦国大名
川越城本丸御殿と川越城~東京からも近い城下町の風情
関東管領の上杉憲政とは~平井城と平井金山城
御幣山城(相模・大谷城)~武田勢が10年近く?占領していた藤沢の城跡
山中城訪問記【山中城の戦い】北条氏の見事な山城
横浜・今井城の歴史解説~今井兼平の居城?小笠原康広の領地?
訪問しておきたい神奈川県の城郭・寺院・古戦場など一覧リスト
当方のオリジナル関東地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

只今人気のお城

城めぐり 2400城超えました

城めぐり
PAGE TOP